2011年12月1日木曜日

Angel サラ・マクラクラン(Sarah McLachlan)

ウィキペディアによると、Sarah McLachlanはこの曲について、Smashing Pumpkinsのツアーキーボード奏者についての曲だと語っています。このJonathan Melvoinは1996年にヘロインの過剰摂取で亡くなっています。つまり歌詞に出てくるdistractionやbeautiful releaseとはヘロインのことです。美しい曲ですが、お祝いの席には相応しくないでしょう。それだけは確かです。
ところが驚いたことに、この曲は日本では披露宴の曲として非常に人気があります。確かに美しい曲ですし、英語の曲なので出席者の大半は詞の内容など気にしないのかもしれませんが、それでもやはりあまりお勧めはできません。
それで披露宴の曲を探している人のために、いくつかの曲にW(ウェディングのWです)のタグを付けました。例を挙げると、You Raise Me Up, Just The Way You Are  and God Gave Me Youなどの曲です。役に立つといいんですけどね。
According to Wikipedia, Sarah McLachlan explained that the song is about the Smashing Pumpkins touring keyboard player Jonathan Melvoin, who overdosed on heroin and died in 1996.  The "distraction"and "beautiful release" in the lyrics means heroin.  It's a beautiful song but not for any kind of celebration.  I'm quite sure about that.
To my surprise, however, this is one of the most popular songs for a wedding party in Japan.  I know it's a very beautiful music and most people at the party do not understand what the lyrics says because it's written and sung in English.  Still I'd say it's not a very good idea.
For those who are looking for a good song for their wedding party, I attach W (W for wedding) tag to some songs picked up in my blog, including You Raise Me Up, Just The Way You Are  and God Gave Me You.  I hope it would be any of their help.
Angel  (Sarah McLachlan)
Spend all your time waiting for that second chance
For the break that will make it OK
There's always some reason to feel not good enough
And it's hard at the end of the day
I need some distraction, oh beautiful release
Memories seep from my veins
Let me be empty and weightless, and maybe
I'll find some peace tonight

In the arms of an angel, fly away from here
From this dark, cold hotel room, and the endlessness that you fear
You are pulled from the wreckage of your silent reverie
You're in the arms of an angel; may you find some comfort here

So tired of the straight line, and everywhere you turn
There's vultures and thieves at your back
The storm keeps on twisting, you keep on building the lies
That you make up for all that you lack
It don't make no difference, escaping on last time
It's easier to believe
In this sweet madness, oh this glorious sadness
That brings me to my knees

In the arms of an angel, fly away from here
From this dark, cold hotel room, and the endlessness that you fear
You are pulled from the wreckage of your silent reverie
In the arms of an angel; may you find some comfort here

やり直したいと思いながらこれまでずっと生きてきた
チャンスさえあれば全てが上手くいくような気がしてた
つまらない人間だってことはわかってたけど
その日は夜中に思い知らされた すごく辛くて
どうしても気を紛らせたかった とにかく楽になりたかった
記憶が身体の中からにじみ出てくる
もう質量も重さもないただの魂になりたいよ
そうすれば今夜は楽になる

だから君は、天使の力強い腕に抱かれて飛び去っていったんだね
この暗く寒いホテルの部屋から、あのゾッとする底なし沼から
今君の魂は、ただの抜け殻になった身体を離れ、
その天使の腕の中にいる どうか君の魂がそこで安らぎを得られますように

普通に生きていくのに疲れてしまった 人生の節目で出会うのは
失脚を望むヤツか足元をすくおうとするヤツばかり
次々起こってくる問題に翻弄されて、ウソにウソを重ねてきた
そうすればなりたい自分になれるような気がしたから
だけどやっぱりそれじゃどうにもならなくて、最後の最後で逃げ出した
楽だったんだ
ダメだとわかっていたけど止められなくて
それでついに力尽きた

だから君は、天使の力強い腕に抱かれて飛び去っていったんだね
この暗く寒いホテルの部屋から、あのゾッとする底なし沼から
今君の魂は、ただの抜け殻になった身体を離れ、
その天使の腕の中にいる どうか君の魂がそこで安らぎを得られますように

12 件のコメント:

  1. angelの訳がずっと気になっていましたが、
    これですっきりです!!ありがとうございます。

    曲同様、歌詞も心に響きますね…

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。私も歌詞を和訳した際は,内容が予想とはかなり違っていたので大変驚きましたが,そうであっても素晴らしい曲であることに変わりはなく,その美しさはいささかも損なわれていないと思います。
      さて,このサイト(本館:ブログ)のコメント欄には,匿名様が多数おいでになります。どのようなお名前でも結構ですので,お差し支えなければ,名乗っていただけると助かります。
      また別館(twitter)でも余談を展開しております。お時間があればそちらへもおいでください。お待ちしております。

      削除
  2. ほんとうに美しい曲ですね。聴いていて思わず感動してしまいました。調べてみると、Run-DMCというヒップホップグループのメンバー、Darryl McDanielsさんは、失意のどん底にいて、もう死んでしまいたい、とまで考えていたときに、この曲をラジオできいて非常に感動し、「人生を救われた」と後に話していたのだとか。
    私は、この話をきいて、「音楽の力」ってすごいんだなあ、と思い知らされたような気がしました。
     話が変わりますが、この曲のライブとCDの音源をきき比べて、疑問に思うことがあります。よく、ライブ音源はCDのものより曲のキーが下がっていることがあります。これに関しては、ライブで高い声を出すのが難しいのだと、すぐに理由が分かります。しかし、この曲は、ライブのほうがキーが高いのです。なぜCDよりも高い声で歌っているのでしょうか。わかりません。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。仰る通り,私も初めて聴いた時にはその美しさに圧倒されました。
      実は私にも大切にしている「秘密の曲」があって,落ち込んだ時はこの曲を歌うことにしています。すると不思議なことに,かなり打ちのめされた状態であっても,また立ち上がる力が湧いてきて,音楽の力を再認識させられます。
      ところで,キーの件ですが,折角ご質問いただきながら大変申し訳ないのですが,私は音楽には疎く,ためにその理由についても皆目見当がつきません。むしろ,周囲の音楽にお詳しい方にお尋ねになることをお勧めします。

      削除
  3. この曲の大ファンのひとりです。私にはドーベルマンの愛犬がおり、その関連でこの歌が使われている映画にであいました。しかしこの映画には日本語訳が無く、どうしても英語で見た見たくて英語の勉強を始めてしまいました。Angelの和訳にも難しい解釈があり悩んでいましたが、distractionやbeautiful の意味を教えて頂いて初めてこの曲の空気がわかりました。なるほど、映画のストーリーにあった歌でもあったのですね。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。寡聞にしてその映画のことは存じませんが,お役に立ててようございました。私自身も最初はこのような内容の曲だとは夢にも思っておらず,和訳してかなり驚いたことを記憶しております。
      さて,別館(twitter)でも余談を展開しております。まだおいでになっていなければ,お時間があればそちらへも。お待ちしております。

      削除
  4. はじめて訳をしりました。ありがとうございます。「だから君は」のりフレ員は、苦しみから薬で昇天してしまった友人に、今は心安かれと鎮魂しているのでしょうね。名曲だと思います。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。もっと宗教的な曲だと思っていたので和訳した当時は驚きましたが,この内容の歌詞だからこそ余計に聴く者の心に響くのかもしれません。聴くたびに感動する素晴らしい曲だと思います。

      削除
  5. アメリカのドラマで知った曲です。
    非常に心休まるメロディでしたが、
    背景にはヘロイン中毒など社会の暗部が潜んでいるのですね。
    驚きました。

    返信削除
  6. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除
  7. 好きな曲の和訳が知りたい時に検索するとvestige様の当ホームページがヒットすることが多く拝見させて頂いています。
    大変に勉強になります。
    歌詞の奥に潜んでいる内容を教えて頂けるからです。感謝です。
    このAngelも想定外でした。
    自分は日本人ですけど演歌は心の中に流れていないようです...
    今後とも拝見させて頂きますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

    返信削除
    返信
    1. コメント並びに過分なお言葉ありがとうございます。基本的に匿名様にはお返事は差し上げないのですが,今回はHOTEL ZOO様というお名前でコメントをお寄せくださっているようなのでこうしております。HOTEL ZOO様同様,心に演歌は流れていないと思われる私ですが,どうか今後もよろしくお願いいたします。

      削除