2018年12月13日木曜日

Hazy Shade of Winter サイモン・アンド・ガーファンクル (Simon and Garfunkel)

子供時代や十代の頃を春に,20代から30代前半を夏に,中年期を秋に,そして老年期を冬というように,我々は人生を四季にたとえることがあります。両者には共通するところも多いのですが,ただ一点だけが違います。我々の人生では「春」すなわち子ども時代は二度とやって来ません。
We often use the four seasons as a metaphor for our lives: Spring for childhood or younger days like our teens, summer for our twenties and early thirties, autumn for the middle age and winter for the old age.  They have so much in common except for one thing.  In our life, the spring, our childhood never comes again.
Hazy Shade of Winter  (Simon and Garfunkel)

[Verse 1]
Time, time, time
See what's become of me
While I looked around for my possibilities
I was so hard to please
But look around
Leaves are brown
And the sky is a hazy shade of winter

[Verse 2]
Hear the salvation army band
Down by the riverside's,
Bound to be a better ride
Than what you've got planned
Carry your cup in your hand
And look around
Leaves are brown now
And the sky is a hazy shade of winter

[Verse 3]
Hang on to your hopes, my friend
That's an easy thing to say
But if your hope should pass away
Simply pretend
That you can build them again
Look around
The grass is high
The fields are ripe
It's the springtime of my life

[Verse 4]
Ahhh, seasons change with the scenery
Weaving time in a tapestry
Won't you stop and remember me
At any convenient time?
Funny how my memory skips
While looking over manuscripts
Of unpublished rhyme
Drinking my vodka and lime
I look around
Leaves are brown now
And the sky is a hazy shade of winter

[Outro]
Look around
Leaves are brown
There's a patch of snow on the ground...
Look around
Leaves are brown
There's a patch of snow on the ground...
Look around
Leaves are brown
There's a patch of snow on the ground...

[Verse 1]
あれから随分時間が経って
今はもうこのザマだ
可能性ならいくらでもある,そうあの頃は思ってて
高望みもしてたけど
今こうして今見渡すと
木々の梢も枯れていて
見上げる空にはぼんやりと冬の影が忍び寄ってる

[Verse 2]
救世軍がバンドを組んで演奏するのが聞こえてる
川沿いに下って行って,無理せず流れに乗ってれば
もっと楽しく暮らせたはずだ
あんな野望を持たなけりゃ
今こうしてカップを持って
ふと周りを見渡すと
見上げる空にはぼんやりと冬の影が忍び寄ってる

[Verse 3]
「夢があるなら諦めるなよ」
なんて言うのは簡単なんだ
だけどそう言うんなら,たとえ望みが消えたって
恰好だけはつけとけよ
またやってやるよって
ふと周りを見渡すと
牧草も育ってて
畑にも作物が実ってる
人生で本当の「春」がようやくやって来た

[Verse 4]
季節が変われば景色も変わり
時間とともに人生のタペストリーが出来上がる
たまに寄ってくれないか?
なにかのついでの時でいいから
おかしいよ,記憶が途切れていくんだよ
自分で書いた原稿なのに
世の中に出してないライムのとこを見直してると
ライムを絞ったウォッカを飲んで
ふと周りを見渡すと
もう木々の梢も枯れて
見上げる空にはぼんやりと冬の影が忍び寄ってる

[Outro]
ふと周りを見渡すと
木々の梢は枯れていて
一塊の解けかけた雪が地面に残ってる・・・
ふと周りを見渡すと
木々の梢は枯れていて
一塊の解けかけた雪が地面に残ってる・・・
ふと周りを見渡すと
木々の梢は枯れていて
一塊の解けかけた雪が地面に残ってる・・・

(余談)

ただ自分の子どもの誕生を2度目の「春」と考えることも可能ですね。

2018年12月12日水曜日

Better カリッド (Khalid)

理由はわかりませんが,人間が大丈夫でない時ほど大丈夫だというのは不思議です。酔った時に飲み過ぎてしまったと言う人は少なく,たいていは全然平気だから大丈夫だと主張するものですが,実際はそうではありません。
I don't know why but it's funny we say we're OK when we're least OK.  When we get drunk, very few of us admit we've drunk too much.  Instead we often insist we're totally OK and tell people around us we can manage ourselves.  No, we can't.
Better  (Khalid)

[Intro]
Better
Nothing, baby
Nothing feels better
I'm not really drunk, I never get that fucked up
I'm not, I'm so sober

[Verse 1]
Love to see you shine in the night like the diamond you are
(Love to see you shine in the night like the diamond you are)
I'm good on the side, it's alright, just hold me in the dark
(I'm good on the side, it's alright, just hold me in the dark)
No one's gotta know what we do, hit me up when you're bored
(No one's gotta know what we do, hit me up when you're bored)
'Cause I live down the street
So we meet when you need it, it's yours
All I hear is...

[Chorus]
Nothing feels better than this
Nothing feels better
Nothing feels better than this
Nothing feels better, oh no
We don't gotta hide, this is what you like
I admit
Nothing feels better than this

[Verse 2]
You say we're just friends but I swear when nobody's around
(You say we're just friends but I swear when nobody's around)
You keep my hand around your neck, we connect, are you feeling it now?
(You keep my hand around your neck, we connect, are you feeling it now?)
'Cause I am
I got so high the other night, I swear to God, felt my feet lift the ground
(I got so high the other night, I swear to God I felt my feet lift the ground)
Ooh, yeah
Your back against the wall, this is all you've been talking about
In my ears

[Chorus]
Nothing feels better than this
Nothing feels better
Nothing feels better than this
Nothing feels better, oh no
We don't gotta hide, this is what you like
I admit
Nothing feels better than this

[Bridge]
Now, left, right, left, right
Take it back, bring it side to side
Like that, like that, ayy
Ooh, now, left, right, left, right
Take it back, bring it side to side
Like

[Chorus]
Nothing feels better than this
Nothing feels better
Nothing feels better than this
Nothing feels better, oh no
We don't gotta hide, this is what you like
I admit
Nothing feels better than this (Better than this)

[Outro]
Nothing feels better than this

[Intro]
ちょっとはマシになってきた
ベイビイ大したことじゃない
最高の気分だし
酔っ払ってるわけじゃないから,あそこまでひどいことにはならないよ
酔ってないよ,しらふだよ

[Verse 1]
夜にお前がダイヤのように輝いてるのを見てみたい
(夜にお前がダイヤのように輝いてるのを見てみたい)
本命じゃなくたって,俺は別に構わない,暗闇で抱き合えればそれでいい
(本命じゃなくたって,俺は別に構わない,暗闇で抱き合えればそれでいい)
二人のことはバレたりしない,暇なら連絡して来いよ
(二人のことはバレたりしない,暇なら連絡して来いよ)
だってすぐそこなんだから
その気になったら会えばいい,みんなお前が決めてくれ
聞こえてるのは・・・

[Chorus]
こんなに気持ちいいことないし
最高の気分だよ
こんなに気持ちいいことなくて
最高の気分だよ
別にコソコソしなくていいよ,これが合ってるんだから
認めるよ
最高の気分だよ

[Verse 2]
付き合ってるわけじゃない,トモダチだとか言っときながら,周りに人がいなくなったら(付き合ってるわけじゃない,トモダチだとか言っときながら,周りに人がいなくなったら)
俺の手を首のところに当てがって絶対に放さない,二人は一心同体だ,それくらいわかるだろ?
(俺の手を首のところに当てがって絶対に放さない,二人は一心同体だ,それくらいわかるだろ?)
こないだの夜は本当に熱くなってた,ウソじゃない本当に,体が浮いた気がしたよ
(こないだの夜は本当に熱くなってた,ウソじゃない本当に体が浮いた気がしたよ)
もう瀬戸際なんだって,そればっかり言ってたな
耳元で声が聞こえる・・・

[Chorus]
こんなに気持ちいいことないし
最高の気分だよ
こんなに気持ちいいことなくて
最高の気分だよ
別にコソコソしなくていいよ,お前にゃこれが合ってんだから
認めるよ
最高の気分だよ

[Bridge]
さあ左で今度は右だ,また左でまた右に
元に戻って右に左に交代で
あんな風に
さあ左で今度は右だ,また左でまた右に
元に戻って右に左に交代で
あんな風に

[Chorus]
こんなに気持ちいいことないし
最高の気分だよ
こんなに気持ちいいことなくて
最高の気分だよ
別にコソコソしなくていいよ,お前にゃこれが合ってんだから
認めるよ
最高の気分だよ

[Outro]
最高の気分だよ

(余談)

リードの話をしたのは,この曲の歌詞の最初の「Better, Nothing, baby」で始まるイントロに当たる部分がまさしく酔っ払いのセリフに思えたからです。

そういえば,以前どこかで「ダイエットなど必要のない人に限ってダイエットしたがる一方で,明らかにダイエットが必要なヤツほどダイエットしない」と読んだことがあります。

これは心理学でいうところの「心理的リアクタンス」というものなのでしょうか?

2018年12月11日火曜日

Mr. Moonlight ザ・ビートルズ (The Beatles)

The Beatlesの曲だと思っていましたが違いした。この曲はRoy Lee Johnsonが作曲し,元々はDr. Feelgood & the InternsがレコードのB面の曲として1962年にリリースしたものです。The Beatlesのカヴァーしたもののなかでこの曲が最悪だと考えている人もいるんだとか。
I believed it's the original and The Beatles wrote it.  Well, it's not.  It's a song written by Roy Lee Johnson and originally recorded by Dr. Feelgood & the Interns as a B-side in 1962.  Some say it's the Beatles' worst cover.
Mr. Moonlight  (The Beatles)

[Verse 1]
Mr. Moonlight
You came to me one summer night
And from your beam you made my dream
And from the world you sent my girl
And from above you sent us love
And now she is mine
I think you're fine
Cause we love you, Mr. Moonlight

[Chorus]
Mr. Moonlight, come again please
Here I am on my knees
Begging if you please
And the night you don't come my way
I'll pray and pray more each day
Cause we love you, Mr. Moonlight

[Verse 2]
And the night you don't come my way
Oh, I'll pray and pray more each day
Cause we love you, Mr. Moonlight
Mr. Moonlight

[Chorus]

[Verse 1]
月の光の輝きが
あの夏の夜に降って来て
夢をカタチにしてくれた
お陰であの子に出会えたし
空の上から恋の魔法を2人に降らせてくれたから
今じゃあの子が恋人なんだ
喜んでくれるだろ?
だって大好きなんだから,お月様アンタのことが

[Chorus]
お月様,もう一度来てくれよ
こうやって膝ついて
必死になって頼んでるのに
夜になっても来てくれないし
これからは毎日余計に祈るから
だって大好きなんだから,お月様アンタのことが

[Verse 2]
夜になっても来てくれないし
これからは毎日余計に祈るから
だって大好きなんだから,お月様アンタのことが
その輝く月の光が

[Chorus]

(余談)

カヴァーである上に元々がB面だったということからこの曲がアルバムの「つなぎ(filler)」であると考える人も少なくないようですが,この曲あの曲,そしてこういう例もあるので,そういう曲であったとしても決して侮れません。

2018年12月10日月曜日

When The Party's Over ビリー・エイリッシュ (Billy Eilish)

下のミュージック・ヴィデオを見ると心がざわついてしまうかもしれません。ヴィデオでは,Billie Eilish演じる主人公が濁った色の飲み物を飲んで黒い涙をながしていますが,この飲み物が主人公と相手との良くない関係を表していると言う人もいます。
You may find the music video below pretty disturbing.  In the video, the narrator portrayed by Billie Eilish consumes some murky color beverage and sheds black tears.  Some think the drink represents a toxic relationship she had with the second person.
When The Party's Over  (Billy Eilish)

[Verse 1]
Don't you know I'm no good for you
I've learned to lose you, can't afford to
Tore my shirt to stop you bleedin'
But nothin' ever stops you leavin'

[Chorus]
Quiet when I'm coming home and I'm on my own
I could lie, say I like it like that, like it like that
I could lie, say I like it like that, like it like that

[Verse 2]
Don't you know too much already
I'll only hurt you if you let me
Call me friend but keep me closer (Call me back)
And I'll call you when the party's over

[Chorus]
Quiet when I'm coming home and I'm on my own
And I could lie, say I like it like that, like it like that
Yeah I could lie, say I like it like that, like it like that

[Bridge]
But nothing is better sometimes
Once we've both said our goodbyes
Let's just let it go
Let me let you go

[Chorus]
Quiet when I'm coming home and I'm on my own
I could lie, and say I like it like that, like it like that
I could lie, and say I like it like that, like it like that

[Verse 1]
わからない?アタシなんかじゃダメだって
やっと踏ん切りつけたんだ,そんな余裕はないけどね
そうやって血を流してるから,それを止めてあげたくて,自分のシャツまで引き裂いたけど
たとえ何をやったって,引き留められるわけないの

[Chorus]
帰っても,家は静まり返ってて,ひとりぼっちで誰もいない
ウソついて,こういうのも悪くないとか,そう言ってもいいんだよ
ウソついて,こういうのもアリだよねって,そんな風にも言えるけど

[Verse 2]
もうイヤになるほどわかっているんでしょ?
好きにしていいのなら,アンタをただじゃおかないよ
友達だとか言ってるくせに,前よりちょっかい出してくる(電話して)
悪いけど,パーティが終わらなきゃ,アンタに電話はかけないよ

[Chorus]
帰っても,家は静まり返ってて,ひとりぼっちで誰もいない
ウソついて,こういうのも悪くないとか,そう言ってもいいんだよ
ウソついて,こういうのもアリだよねって,そんな風にも言えるけど

[Bridge]
それっきりになる方がずっといいこともある
お互いに別れようって決めたんだから
もうそのまま忘れよう
アンタのことを諦めさせて

[Chorus]
帰っても,家は静まり返ってて,ひとりぼっちで誰もいない
ウソついて,こういうのも悪くないとか,そう言ってもいいんだよ
ウソついて,こういうのもアリだよねって,そんな風にも言えるけど

(余談)

ヴィデオを見ながら,何故か脳裏に「デトックス」という言葉が浮かびました。


2018年12月9日日曜日

Mistletoe ジャスティン・ビーバー (Justin Bieber)

ショップのラジオからこの曲が流れて来た時,ちょうど服を買っているところでした。以前に聞いた覚えのある曲だったので,題名を必死に思い出そうとしたものの,そこでは結局思い出せず,ここに来てようやくそれがJason MrazのI'm Yoursであるとわかりました。
I was buying my clothes when this song came out from a radio in the shop.  It reminded me of a song I believed to have heard before.  I tried so hard to remember the title of the song but I couldn't there.  Now I know the song was Jason Mraz's I'm Yours.   
Mistletoe  (Justin Bieber)

[Verse 1]
It’s the most beautiful time of the year
Lights fill the streets, spreading so much cheer
I should be playing in the winter snow
But I'ma be under the mistletoe
I don’t wanna miss out on the holiday
But I can’t stop staring at your face
I should be playing in the winter snow
But I'ma be under the mistletoe

[Chorus]
With you, shawty with you
With you, shawty with you
With you, under the mistletoe

[Verse 2]
Everyone's gathering around the fire
Chestnuts roasting like a hot July
I should be chilling with my folks, I know
But I'ma be under the mistletoe
Word on the street, Santa's coming tonight
Reindeer's flying through the sky so high
I should be making a list, I know
But I'ma be under the mistletoe

[Chorus]
With you, shawty with you
With you, shawty with you
With you, under the mistletoe
With you, shawty with you
With you, shawty with you
With you, under the mistletoe

[Bridge]
Ayy love, the wise men followed the star
The way I followed my heart
And it led me to a miracle
Ayy love, don't you buy me nothing
'Cause I am feeling one thing, your lips on my lips
That’s a merry, merry Christmas

[Verse 1]
It’s the most beautiful time of the year
Lights fill the streets, spreading so much cheer
I should be playing in the winter snow
But I'ma be under the mistletoe
I don’t wanna miss out on the holiday
But I can’t stop staring at your face
I should be playing in the winter snow
But I'ma be under the mistletoe

[Chorus]
With you, shawty with you
With you, shawty with you
With you, under the mistletoe, yeah
With you, shawty with you
With you, shawty with you
With you, under the mistletoe (under the mistletoe)

[Outro]
Kiss me underneath the mistletoe
Show me, baby, that you love me so-oh-oh, oh, oh, oh
Kiss me underneath the mistletoe
Show me, baby, that you love me so-oh-oh, oh, oh, oh

[Verse 1]
一年で一番ステキな時期が今
街には光が溢れてて,見てると楽しくなって来る
だから冬の雪の中,遊んでたっていいはずなのに
それでも俺はヤドリギの下にこれから行くつもり
せっかくの休みの日,ムダにするのはイヤなんだ
だから冬の雪の中,遊んでたっていいはずなのに
それでも俺はヤドリギの下にこれから行くつもり

[Chorus]
カワイイお前といたいから
お前と一緒にヤドリギの下で待っていたいから

[Verse 2]
みんなが暖炉に集まって
7月の天気みたいに熱々に栗が焼けてる
仲間と一緒にのんびりと過ごしてもいいはずなのに
それでも俺はヤドリギの下にこれから行くつもり
街のウワサが聞えてくるよ,サンタが今夜やって来るって
空のずっと高いところを,今トナカイが飛んでいるから
プレゼントが欲しいなら,書いとかなきゃダメなのに
それでも俺はヤドリギの下にこれから行くつもり

[Chorus]
カワイイお前といたいから
お前と一緒にヤドリギの下で待っていたいから

[Bridge]
なあ聞いてくれ,頭いいヤツだって運命にゃ逆らえないよ
俺だって気持ちのままに動いたら
そのせいで奇跡みたいにステキなことが俺の身に起きたんだ
プレゼントは気にするな,そんなものいらないよ
こうやってお前とキスをしていると,それしか今はわからないから
それだけで最高のクリスマスだよ

[Verse 1]
一年で一番ステキな時期が今
街には光が溢れてて,見てると楽しくなって来る
だから冬の雪の中,遊んでたっていいはずなのに
それでも俺はヤドリギの下にこれから行くつもり
せっかくの休みの日,ムダにするのはイヤなんだ
だから冬の雪の中,遊んでたっていいはずなのに
それでも俺はヤドリギの下にこれから行くつもり

[Chorus]
カワイイお前といたいから
お前と一緒にヤドリギの下で待っていたいから
カワイイお前といたいから
お前と一緒にヤドリギの下で待っていたいから

[Outro]
ヤドリギの下でキスして
大好きって教えてくれよ
ヤドリギの下でキスして
大好きって教えてくれよ

(余談)

「キス」だけでここまで引っ張れるとはさすがはJustin Bieberです(意味不明)。

2018年12月8日土曜日

I'll Never Love Again レディ・ガガ・アンド・ブラッドリー・クーパー (Lady Gaga and Bradley Cooper)

過ぎたるは猶及ばざるがごとし。10代の頃はバカだったので,愛と金はあればあるほど幸せになれると思っていましたが,今は必ずしもそうではないとわかっています。むしろあり過ぎるよりもほどほどの方がずっといいくらいです。
Too much is as bad as too little.  When I was a teenager, I naively believed when it comes to love and money the more I get, the more I'd be happy.  Now I know it's not always true.  Rather it would be much better to get things in moderation than to get them in excess.
I'll Never Love Again (Lady Gaga and Bradley Cooper)

Wish I could
I could have said goodbye
I would have said what I wanted to
Maybe even cried for you

If I knew it would be the last time
I would have broke my heart in two
Tryin' to save a part of you

Don't want to feel another touch
Don't want to start another fire
Don't want to know another kiss
No other name falling off my lips
Don't want to give my heart away
To another stranger
Or let another day begin
Won't even let the sunlight in
No I'll never love again
I'll never love again
Oh, oh, oh

Oh

When we first met
I never thought that I would fall
I never thought that I'd find myself lyin' in your arms
Mmmm mmmm
And I wanna pretend that it's not true oh baby that you're gone
Cause my world keeps turnin' and turnin' and turnin' and I'm not movin' on

Don't want to feel another touch
Don't want to start another fire
Don't want to know another kiss
No other name falling off my lips
Don't want to give my heart away
To another stranger
Or let another day begin
Won't even let the sunlight in
No I'll never love

I don't wanna know this feeling unless it's you and me
I don't wanna waste a moment
Hoooo ouuu
And I don't wanna give somebody else the better part of me
I would rather wait for you
Hoooo ouuu

Don't want to feel another touch
Don't want to start another fire
Don't want to know another kiss
Baby unless they are your lips

[Outro: Bradley Cooper]
Don't want to give my heart away
To another stranger
Don't let another day begin
Won't let the sunlight in
Oh I'll never love again
Never love again
Never love again
Oh I'll never love again

できることならそうしたかった
サヨナラをきちんと言って
言いたいこともみんな伝えて
あの人のために涙も流せてたはず

あれで最後とわかっていたら
心臓を裂かれるように,すごく辛くなったはず
その人の気持ちを救いたかったから

もう触れられたくないし
燃えるような恋だって,もう二度としたくない
キスする気にもならないし
この口で他の名前は呼びたくないの
自分の気持ちを正直に
知らない人に見せたくないし
このままじゃ一日だって生きたくないの
希望なんか持ちたくないし
もう二度と,人を好きになったりしない
絶対に恋はしないの

初めて出会ったあの頃は
恋をして
あの人に抱かれるなんて思わなかった
会えないなんてそんなこと,ウソだって思いたい
だって周りの世の中は,今もずっと変わってるのに,自分だけが変われないから

もう触れられたくないし
燃えるような恋だって,もう二度としたくない
キスする気にもならないし
この口で他の名前は呼びたくないの
自分の気持ちを正直に
知らない人に見せたくないし
このままじゃ一日だって生きたくないの
希望なんか持ちたくないし
もう二度と,人を好きになったりしない
絶対に恋はしないの

他の人とじゃダメなのよ,こんな気持ちになれないの
時間を無駄にしたくない
人生の大半を他の人と過ごすより
あの人を待っていたいの

もう触れられたくないし
燃えるような恋だって,もう二度としたくない
キスする気にもならないの
あの人とするキスじゃなきゃ

[Outro: Bradley Cooper]
自分の気持ちを正直に
知らない人に見せたくないし
このままじゃ一日だって生きたくないよ
希望なんか持ちたくないし
もう二度と,人を好きになったりしない
絶対に恋はしないよ
誰かを好きになったりしない

(余談)

それが金銭であれ愛情であれ,一定量を超えてしまうと,それを正しく処理するのに一種の「才能」を求められます。したがって,そのテの才能に恵まれていないと自覚しているのであれば,ほどほどのところで手を打っておくのが正解なのかもしれません。

2018年12月7日金曜日

Rain On Me ピットブル (Pitbull ft. Mark Anthony)

2011年にこの曲を知ってすぐ気に入り,こちらで取り上げようと思ったものの,いくつかの理由でお蔵入りとなりました。そのひとつが歌詞にスペイン語が含まれており,当時それがまったく理解できなかったためです。あれから7年・・・今ならできそうな気がします。
The moment I heard this song in 2011, I fell in love with it. So I decided to pick it up here but ended up shelving it for some reasons.  One of them is the song lyrics containing Spanish words and expressions which I couldn't understand.  It was 7 years ago and I think now it's time.
Rain On Me  (Pitbull ft. Mark Anthony)

[Marc Anthony]
Girl my body don't lie
(Red One)
I'm outta my mind
Let it rain over me
(Mr. Worldwide)
I'm rising so high
Out of my mind
(Marc Anthony)
So let it rain over me

Ay ay ay
Ay ay ay
Let it rain over me
Ay ay ay
Ay ay ay
Let it rain over me

[Pitbull]
A billion is a new million and
Voli's a new vodka
Forty is the new 30
Baby you're a rockstar
Dale veterana, que tu sabe
Mas de la cuenta, no te hagas
Teach me baby, or better yet
Freak me baby, yes, yes
I'm freaky, baby
I'mma make sure that your peach feels peachy, baby
No bullshit broads, I like my women sexy, classy, sassy
Powerful yes, they love to get a little nasty, ow
This ain't a game you'll see, you can put the blame on me
Dale munequita abre ahi, and let it rain over me

[Marc Anthony]
Girl my body don't lie
I'm out of my mind
Let it rain over me
I'm rising so high
Out of my mind
So let it rain over me

Ay ay ay
Ay ay ay
Let it rain over me
Ay ay ay
Ay ay ay
Let it rain over me

[Pitbull]
A billion is a new million and
Voli's a new vodka
Latin is the new majority, ya tu sabe
Next step la casa blanca
No hay carro, no vamo en balsa
Mami you know the drill
They won't know what I got 'til they read the will
I ain't tryin', I ain't trying to keep it real
I'm trying to keep wealthy and that's for real
Pero mira que tu estas buena, y mira que tu estas dura
Baby no me hables mas, y tiramelo mami chula
No games you'll see, you can put the blame on me
Dale munequita abre ahi, and let it rain over me

[Marc Anthony]
Girl my body don't lie
I'm out of my mind
Let it rain over me
I'm rising so high
Out of my mind
So let it rain over me

Ay ay ay
Ay ay ay
Let it rain over me
Ay ay ay
Ay ay ay
Let it rain over me

[Pitbull]
Mr. Worldwide, Marc Anthony, tu sabe
I was playing with her, she was playing with me
Next thing you know, we were playing with three
Oh oh oh oh oh oh

I was playing with her, she was playing with me
Next thing you know, we were playing with three
Oh oh oh oh oh oh
Rain over me

[Marc Anthony]
Girl my body don't lie
I'm out of my mind
Let it rain over me
I'm rising so high
Out of my mind
So let it rain over me (over me)

Ay ay ay
Ay ay ay
Let it rain over me (over me)
Ay ay ay
Ay ay ay
Let it rain over me (Woo)

Ay ay ay
Ay ay ay
Let if rain over me
Ay ay ay
Ay ay ay
Let it rain over me (Woo)

[Marc Anthony]
俺のカラダは正直で
(プロデューサーはRed One)
もうどうにかなりそうだ
ずぶ濡れになるくらい,俺に「雨」を降らせてくれよ
(俺はミスター・ワールドワイド)
気分がアガり過ぎちゃって
もうどうにかなりそうだ
(連れはMark Anthony)
ずぶ濡れになるくらい,だから「雨」を降らせてくれよ

オイオイもう
頼むから
ずぶ濡れになるくらい,俺に「雨」を降らせてくれよ
オイオイもう
頼むから
ずぶ濡れになるくらい,俺に「雨」を降らせてくれよ

[Pitbull]
俺に言わせりゃ10億なんて,せいぜいが100万で
ウォッカと言やあVoliだよな
今じゃ40になったって,30そこらと変わらねえ
ベイビイ,お前は飛び切りのロック・スターなんだから
小娘じゃあるまいし,遠慮するなよ,オトナだろ?
お前ならヤバいことまで知ってるはずだ
格好なんかつけんなよ
ベイビイ俺に「教えて」くれよ,もっと言やあ
この俺に,こりゃヤバいって思わせてくれ
もうドキドキしてんだよ
これからお前の「お宝」が本物なのか試してやるぜ
若さが取り柄のつまんねえ女なんかに用はねえ,セクシーで,上品で,切れる女が好きなんだ
パワフルなのも悪かねえ,少々エロいことだって,そういう女はイヤがらないし
こんな機会は滅多にねえぜ,全部俺のせいにして
さあダーリン入れてくれ,ずぶ濡れになるくらい,俺に「雨」を降らせてくれよ

[Marc Anthony]
俺のカラダは正直で
(プロデューサーはRed One)
もうどうにかなりそうだ
ずぶ濡れになるくらい,俺に「雨」を降らせてくれよ
(俺はミスター・ワールドワイド)
気分がアガり過ぎちゃって
もうどうにかなりそうだ
(連れはMark Antony)
ずぶ濡れになるくらい,だから「雨」を降らせてくれよ

オイオイもう
頼むから
ずぶ濡れになるくらい,俺に「雨」を降らせてくれよ
オイオイもう
頼むから
ずぶ濡れになるくらい,俺に「雨」を降らせてくれよ

[Pitbull]
俺に言わせりゃ10億なんて,せいぜいが100万で
ウォッカと言やあVoliだよな
わかってんだろ?スペイン系がこれから伸(の)してくんだって
次はホワイト・ハウス(白い家)だぜ!
しかもそこまで辿りつくのに,車や筏(いかだ)は必要ないぜ
なあママいちいち言わなくたって,それくらいわかってるよな?
俺がどんだけ稼いでるのか,ヤツらにゃ絶対わからねえ,俺の遺言見るまでは
「普通」になんてやってられっか
俺はマジで金持ちにずっとなっていたいんだ
ともかくお前は最高で,しかもその気になってるし
お喋りはもう止めて,さっさとこっちに来てくれよ
こんな機会は滅多にねえぜ,全部俺のせいにして
さあダーリン入れてくれ,ずぶ濡れになるくらい,俺に「雨」を降らせてくれよ

[Marc Anthony]
俺のカラダは正直で
(プロデューサーはRed One)
もうどうにかなりそうだ
ずぶ濡れになるくらい,俺に「雨」を降らせてくれよ
(俺はミスター・ワールドワイド)
気分がアガり過ぎちゃって
もうどうにかなりそうだ
(連れはMark Anthony)
ずぶ濡れになるくらい,だから「雨」を降らせてくれよ

オイオイもう
頼むから
ずぶ濡れになるくらい,俺に「雨」を降らせてくれよ
オイオイもう
頼むから
ずぶ濡れになるくらい,俺に「雨」を降らせてくれよ

[Pitbull]
俺がミスター・ワールドワイド,わかってるだろ?Mark Anthony
あいつと仲良くやってたら
気付くとも一人増えてたぜ

あいつと仲良くやってたら
もう一人増えて3人だ
ずぶ濡れになるくらい,俺に「雨」を降らせてくれよ

[Marc Anthony]
俺のカラダは正直で
(プロデューサーはRed One)
もうどうにかなりそうだ
ずぶ濡れになるくらい,俺に「雨」を降らせてくれよ
(俺はミスター・ワールドワイド)
気分がアガり過ぎちゃって
もうどうにかなりそうだ
(連れはMark Anthony)
ずぶ濡れになるくらい,だから「雨」を降らせてくれよ

オイオイもう
頼むから
ずぶ濡れになるくらい,俺に「雨」を降らせてくれよ(体中)
オイオイもう
頼むから
ずぶ濡れになるくらい,俺に「雨」を降らせてくれよ

オイオイもう
頼むから
ずぶ濡れになるくらい,俺に「雨」を降らせてくれよ
オイオイもう
頼むから
ずぶ濡れになるくらい,俺に「雨」を降らせてくれよ

(余談)

リードではああ言ったものの,皆様お察しのようにこの曲の投稿を諦めた最大の原因は他でもないその歌詞のエロさでした。まだこのブログを始めて間もない頃で,これをオヤジっぽくならずに訳すのは至難の業だと諦めました。

で・・・今は難なく和訳できてしまったわけですが,それが果たして喜ばしいことなのかどうか,今となっては定かではありません。