2016年8月30日火曜日

We Don't Talk Anymore チャーリー・プース (Charlie Puth ft. Selena Gomez)

最初は,歌詞に登場する主人公2人は付き合っていたと思っていたのですが今はわかりません。両者とも,相手にとっては恋愛関係はただのゲームだったが,自分にとってはそうではないと主張しています。仮に彼らの言っていることが本当だとすれば,お互いに浮気をしているということになります。なるほど「今はもう話もしないし口も利かない」なのも当然でしょう。
At first I thought the two narrators in the lyrics are a couple but I'm not sure about it anymore.  Both say that a relationship was a game for the other but not for themselves.  If what they claim is true, it means each of them cheated on the other.  No wonder they "don't talk anymore."
We Don't Talk Anymore  (Charlie Puth ft. Selena Gomez)
[Chorus: Charlie Puth]
We don't talk anymore, we don't talk anymore
We don't talk anymore, like we used to do
We don't love anymore
What was all of it for?
Oh, we don't talk anymore, like we used to do

[Verse 1: Charlie Puth]
I just heard you found the one you've been looking
You've been looking for
I wish I would have known that wasn't me
Cause even after all this time I still wonder
Why I can't move on
Just the way you did so easily
[Pre-Chorus 1: Charlie Puth]
Don't wanna know
What kind of dress you're wearing tonight
If he's holding onto you so tight
The way I did before
I overdosed
Should've known your love was a game
Now I can't get you out of my brain
Oh, it's such a shame

[Chorus: Charlie Puth]
That we don't talk anymore, we don't talk anymore
We don't talk anymore, like we used to do
We don't love anymore
What was all of it for?
Oh, we don't talk anymore, like we used to do

[Verse 2: Selena Gomez]
I just hope you're lying next to somebody
Who knows how to love you like me
There must be a good reason that you're gone
Every now and then I think you
Might want me to come show up at your door
But I'm just too afraid that I'll be wrong

[Pre-Chorus 2: Selena Gomez]
Don't wanna know
If you're looking into her eyes
If she's holding onto you so tight the way I did before
I overdosed
Should've known your love was a game
Now I can't get you out of my brain
Oh, it's such a shame

[Chorus: Charlie Puth & Selena Gomez]
That we don't talk anymore
We don't talk anymore
We don't talk anymore, like we used to do
We don't love anymore
What was all of it for?
Oh, we don't talk anymore, like we used to do

[Interlude: Charlie Puth]
Like we used to do

[Bridge: Charlie Puth & Selena Gomez]
Don't wanna know
What kind of dress you're wearing tonight
If he's giving it to you just right
The way I did before
I overdosed
Should've known your love was a game
Now I can't get you out of my brain
Oh, it's such a shame

[Chorus: Charlie Puth & Selena Gomez]
That we don't talk anymore
We don't talk anymore
We don't talk anymore, like we used to do
We don't love anymore
What was all of it for?
Oh, we don't talk anymore, like we used to do

[Breakdown: Charlie Puth & Selena Gomez]
(We don't talk anymore)
Don't wanna know
What kind of dress you're wearing tonight (Oh)
If he's holding onto you so tight (Oh)
The way I did before
(We don't talk anymore)
I overdosed
Should've known your love was a game (Oh)
Now I can't get you out of my brain (Woah)
Oh, it's such a shame

[Outro: Charlie Puth & Selena Gomez]
That we don't talk anymore

[Chorus: Charlie Puth]
今はもう話もしないし口も利かない
あの頃とは違ってて
気持ちだって離れてる
結局あれは何だったんだ?
今はもうお互いに話もしないし口も利かない
あの頃とは違ってる

[Verse 1: Charlie Puth]
お前の話をさっき聞いたよ,今までずっと探してた
理想の彼が見つかったって
早く気付けばよかったよ,それが自分じゃなかったことに
あれから随分経ったのに,今もふと思うから
どうして自分は今もまだ吹っ切れてないのかなって
お前はあんなにあっさりと簡単にできたのに

[Pre-Chorus 1: Charlie Puth]
知りたくないよそんなこと
今夜どんな服を着て
あいつに抱きしめられるかなんて
あの頃俺がしてたみたいに
のめり込み過ぎていたんだよ
早く気付けばよかったよ,お前にとっては恋なんてただのゲームなんだって
それなのにどうしてもお前のことが忘れられない
そのことが悔しいよ

[Chorus: Charlie Puth]
今はもう話もしないし口も利かない
あの頃とは違ってて
気持ちだって離れてる
結局あれは何だったんだ?
今はもうお互いに話もしないし口も利かない
あの頃とは違ってる

[Verse 2: Selena Gomez]
とにかくこれだけ願ってる,隣で眠るその人に
アタシがやっていたように優しくして貰ってね
離れていったことだって,きっと何か理由があったの
時々ふっと考える
あの人はひょっとしてアタシに家まで来てほしいそう思っているのかなって
だけどそうじゃなかったらって考えると怖くなる

[Pre-Chorus 2: Selena Gomez]
知りたくないよそんなこと
あの子の瞳を見つめるとこや
あの頃アタシがしてたみたいに,あの子がギュッとしがみつくとこ
のめり込み過ぎていたの
早く気付けばよかったよ,あの人は恋なんてただのゲームと思ってるって
それなのにどうしてもあの人が忘れられない
そのことが悔しいよ

[Chorus: Charlie Puth & Selena Gomez]
今はもう話もしないし口も利かない
あの頃とは違ってて
気持ちだって離れてる
結局あれは何だったんだ?
今はもうお互いに話もしないし口も利かない
あの頃とは違ってる

[Interlude: Charlie Puth]
あの頃の2人とは

[Bridge: Charlie Puth & Selena Gomez]
知りたくないよそんなこと
今夜どんな服を着て
あいつに優しくされるかなんて
あの頃俺がしてたみたいに
のめり込み過ぎていたんだよ
早く気付けばよかったよ,お前にとっては恋なんてただのゲームなんだって
それなのにどうしてもお前のことが忘れられない
そのことが悔しいよ

[Chorus: Charlie Puth & Selena Gomez]
今はもう話もしないし口も利かない
あの頃とは違ってて
気持ちだって離れてる
結局あれは何だったんだ?
今はもうお互いに話もしないし口も利かない
あの頃とは違ってる

[Breakdown: Charlie Puth & Selena Gomez]
(今はもうお互いに話もしないし口も利かない)
知りたくないよそんなこと
今夜どんな服を着て
あいつに抱きしめられるかなんて
あの頃俺がしてたみたいに
あの頃アタシがしてたみたいに
(今はもうお互いに話もしないし口も利かない)
のめり込み過ぎていたんだよ
早く気付けばよかったよ,相手にとっては恋なんてただのゲームなんだって
それなのにどうしても相手のことが忘れられない
そのことが悔しいの

[Outro: Charlie Puth & Selena Gomez]
今はもうお互いに話もしないっていうことが

(余談)

どうもこの女性が「魔性の女」に思えて仕方ありません・・・。

2016年8月29日月曜日

These Boots Are Made For Walking ナンシー・シナトラ (Nancy Sinatra)

以前にもお話ししたかと思いますが,ポップ・ソングの場合,聞き手に強い印象を残し,曲を覚えやすくするために,タイトルは通常コーラス(サビ)の部分に登場します。この曲もそうですが,ただ今回は少し意外に感じるかもしれません。タイトルから想像できる内容は,主人公が相手からただ去っていくというものですが,コーラスには「だからいつかそのうちに,このブーツでアンタのことを,メチャメチャにしてやるからね (One of these days these boots, Are gonna walk all over you)」という下りが登場するからです。
As I said before, most pop songs have the title in chorus to impress listeners and make the song memorable and so does this song.  This time, however, you may find the title is a bit surprising.  What it conjures up would be something like the narrator is just walking from the second person.  In chorus (hook), however, she's saying "One of these days these boots, Are gonna walk all over you".
These Boots Are Made For Walking  (Nancy Sinatra)
[Verse 1]
You keep saying you got something for me
Something you call love, but confess
You've been messing where you shouldn't have been messing
And now someone else is getting all your best

[Hook]
These boots are made for walking
And that's just what they'll do
One of these days these boots
Are gonna walk all over you
Yeah

[Verse 2]
You keep lying when you ought to be truthing
You keep losing when you ought to not bet
You keep saming when you ought to be changing
What's right is right, but you ain't been right yet

[Hook]
These boots are made for walking
And that's just what they'll do
One of these days these boots
Are gonna walk all over you

[Verse 3]
You keep playing where you shouldn't be playing
And you keep thinking that you'll never get burnt, hah
Well, I've just found me a brand new box of matches, yeah
And what he knows you ain't had time to learn

[Hook]
These boots are made for walking
And that's just what they'll do
One of these days these boots
Are gonna walk all over you

[Outro]
Are you ready, boots?
Start walking

[Verse 1]
お前のことは本気だと,ずっと口では言ってるし
本当に好きだって,そんな風に言ってるくせに,いけしゃあしゃあと認めるの
やっちゃいけないことだってのに,ずっと今までやってきて
その挙句,相手に夢中になっているって

[Hook]
「ブーツは歩くためにある」
それがブーツの役目なの
だからいつかそのうちに
このブーツでアンタのことを,メチャメチャにしてやるからね
本当に

[Verse 2]
ウソをついちゃいけない時も,ウソばっかりついてるし
安請け合いはダメなのに,いつもそうして損してばかり
変えなきゃいけないとこがあっても,いつまで経っても変わらない
正しいことをしてるなら,変えなくたって構わないけど,
アンタはそうじゃないでしょう?


[Hook]
「ブーツは歩くためにある」
それがブーツの役目なの
だからいつかそのうちに
このブーツでアンタのことを,メチャメチャにしてやるからね
本当に

[Verse 3]
真面目にならなきゃいけない時も,いつだってふざけているし
火遊びをしてるのに,自分は絶対大丈夫
ヤケドなんかしないって,いつもそう思ってるけど
本当にそうかな?今ここに買ったばかりのマッチがあるの
神様はご存知よ,バカは死ななきゃ治らないって


[Hook]
「ブーツは歩くためにある」
それがブーツの役目なの
だからいつかそのうちに
このブーツでアンタのことを,メチャメチャにしてやるからね
本当に

[Outro]
さあ行くわよ,ブーツちゃん
これからちょっと出かけましょ

(余談)

系列的には,AdeleのRolling In The DeepやAlanis MorissetteのYou Oughta Knowと同じように思われますが,それにしても・・・怖い(←褒め言葉です)とりわけ第三連の「火遊びをしてるのに,自分は絶対大丈夫,ヤケドなんかしないって,いつもそう思ってるけど,本当にそうかな?今ここに買ったばかりのマッチがあるの,神様はご存知よ,バカは死ななきゃ治らないって」の下りが素晴らしく,決して身に覚えがあるわけではないのに,和訳しながら心底ゾッとしました。

2016年8月28日日曜日

Cruel スネークヒップス (Snakehips ft. Zayn)

Cruelというタイトルを聞いて思い出したのは,ミダス王のGrenadeのように,自分をさんざん傷つけた相手を主人公が恨む(が,しかし今も想い続けている)という内容か,あるいはパリ,ニュー・オーリンズ,ニースなど世界中で起こっている残虐行為でしたが,この曲の内容とは違います。
What the song title 'Cruel' reminded me of was Bruno Mars' Grenade' in which the narrator blames the second person for letting him down so many times (but he still loves her so much).  Or cruelty that is now taking place all over the world, including Paris, New Orleans and Nice these days.  That's not what the song's talking about, though.
Cruel  (Snakehips ft. Zayn)

[Verse 1]
Cab radio screaming
Noise and tears
Death on the TV
And then there's you
It's fucked, it's crazy
I can't concentrate
I just see your outline...
Mhmm

[Pre-Chorus]
Back where we left off
Watch you take your dress off
I've been by myself remembering you
Your body hurts me
Loopin' 'round like CCTV
In all this bitterness, you stay so sweet

[Chorus]
It's such a cruel world
Savin' all my love for you, girl
It's such a cruel world
Maybe I found somethin' good, girl

[Verse 2]
Some prick at the party
All scripts and boasts
A dead eyed actress girl
And then there's you
Venus in Converse
You put a spell on me
And you're lockin' up the bathroom door
For us

[Pre-Chorus]
Back where we left off
Watch you take your dress off
I've been by myself remembering you
Your body hurts me
Loopin' 'round like CCTV
In all this bitterness you stay so sweet

[Chorus]
It's such a cruel world
Savin' all my love for you, girl
It's such a cruel world
Maybe I found somethin' good, girl

[Bridge]
Who do you love? Who do you love?
Who do you love? Who do you love?
Just see your outline...

[Pre-Chorus]
Back where we left off
Help you take your dress off
I've been by myself remembering you
Your body hurts me
Loopin' 'round like CCTV
In all this bitterness you stay so sweet

[Chorus]
It's such a cruel world
Savin' all my love for you, girl
It's such a cruel world
Maybe I found somethin' good, girl

[Outro]
Sunrise in Hollywood
We ain't slept for days
Perfect disaster
Me and you
*
[Verse 1]
車のラジオががなり立ててる
叫び声とか泣き声だとか
TVを見てもあちこちで,人がどんどん死んでいくのに
そこにお前が出てきたら
こんなに酷い世の中で,何もかも最低なのに
そんなのどうでもよくなって,気が散って困るんだ
ただお前の輪郭が目に入っただけなのに

[Pre-Chorus]
記憶を辿って思い出してる,最後に合ったあの日のことを
ドレスを脱ぐのを眺めてた
あれからずっとひとりぼっちでお前のことを思い出してる
お前の体が浮かんでくると辛くって仕方ない
監視カメラを見てるみたいに,何度も何度もそこばっかりが頭の中で再生される
苦しみばかりの世の中でお前だけが救いだよ

[Chorus]
こんなに酷い世の中だから
ありったけの俺の気持ちをみんなお前に捧げるよ
こんなに酷い世の中だけど
俺はきっとステキなものを見つけたと思うんだ

[Verse 2]
パーティじゃくだらないヤツもいたんだよ
どっかで聞いた話とか自慢話ばっかりのヤツ
死んだような目をしてるぼんやりとした女の子とか
なのにお前が現れた
スニーカーを履いててもヴィーナスみたいに思えたよ
すっかり魔法にかけられて,夢中になってしまった俺を
バスルームに連れてってドアに鍵を掛けたんだ
2人っきりで過ごすため

[Pre-Chorus]

記憶を辿って思い出してる,最後に合ったあの日のことを
ドレスを脱ぐのを眺めてた
あれからずっとひとりぼっちでお前のことを思い出してる
お前の体が浮かんでくると辛くって仕方ない
監視カメラを見てるみたいに,何度も何度もそこばっかりが頭の中で再生される
苦しみばかりの世の中でお前だけが救いだよ

[Chorus]

こんなに酷い世の中だから
ありったけの俺の気持ちをみんなお前に捧げるよ
こんなに酷い世の中だけど
俺はきっとステキなものを見つけたと思うんだ

[Bridge]
好きなのは一体誰だか教えてくれよ
お前の気持ちは本物なのか?
お前の体の輪郭が目に入ったそれだけで・・・

[Pre-Chorus]
記憶を辿って思い出してる,最後に合ったあの日のことを
ドレスを脱ぐのを眺めてた
あれからずっとひとりぼっちでお前のことを思い出してる
お前の体が浮かんでくると辛くって仕方ない
監視カメラを見てるみたいに,何度も何度もそこばっかりが頭の中で再生される
苦しみばかりの世の中でお前だけが救いだよ

[Chorus]

こんなに酷い世の中だから
ありったけの俺の気持ちをみんなお前に捧げるよ
こんなに酷い世の中だけど
俺はきっとステキなものを見つけたと思うんだ

[Outro]
ハリウッドで迎える夜明け
もう何日も眠ってないよ
もうこれ以上ないってくらい最低の姿だな
お前も俺もお互いに

(余談)

歌詞に登場する「お前の体が浮かんでくると辛くって仕方ない (Your body hurts me)」の一節。色んな意味で「言い得て妙」であるように思われます。

2016年8月27日土曜日

Cotton Eyed Joe レッドネックス (Rednex)

Wikipediaによると,この曲は伝統的なフォーク・ソングであり,オリジナルの曲が生まれたのは1800年代なんだとか。カントリー・バーでのライン・ダンスとセットで語られることが多く,人気もあって馴染のある曲ですが,大抵の人は歌詞の最初の行しか知りません。演奏されるスピードが非常に早いため,ダンスする側の気持ちが,歌詞よりも自分のステップの方にいってしまうからです。
Wikipedia says that it's traditional folk song and the original of this song dates back to 1800s.  It's often associated with line dancing in country bars.  Although it's a very popular song and people are familiar with it, most people know only the opening line of the lyrics.  It's usually played so fast that dancers have to focus on their steps rather than the lyrics
Cotton Eyed Joe  (Rednex)
If it hadn't been for Cotton-Eye Joe
I'ld been married long time ago
Where did you come from? Where did you go?
Where did you come from, Cotton-Eye Joe?
If it hadn't been...

If it hadn't been...
If it hadn't been...
He came to town like a midwinter storm
He rode through the fields so handsome and strong
His eyes was his tools and his smile was his gun
But all he had come for was having some fun

If it hadn't been...
If it hadn't been...

He brought disaster wherever he went
The hearts of the girls was to hell broken sent
They all ran away so nobody would know
And left only men cause of Cotton-Eye Joe

If it hadn't been...
If it had't been...

If it hadn't been...
If it hadn't been...

If it hadn't been...

コットン・アイ・ジョー,あいつさえいなければ
今頃とっくに結婚してた
一体どこからやって来て,一体どこに行ったんだ?
コットン・アイ・ジョー,お前どこから来たんだよ?
あいつさえいなければ・・・

もしもあの時・・・
もしもあの時・・・
まるで真冬の嵐のように突然町にやって来て
馬に乗って颯爽と草原を駆け抜けた
それで商売できるほど,あいつはすごい目をしていたし
あいつの見せる笑顔ときたら,まるで銃と同じくらいの破壊力があったのに
ちょっと遊んでみたかったから,あいつはここにやって来た

もしもあの時・・・
あいつさえ・・・

あいつのやって来たとこは,どこも悲惨なことになる
女の気持ちを弄んでは,ひどく泣かせて傷つけるけど
みんながここを逃げ出して,誰ひとり気づかない
後に残るのは男だけ,コットン・アイ・ジョーの仕業だよ

もしもあの時・・・
あいつさえ・・・

もしもあの時・・・
あいつさえ・・・

もしもあの時・・・

(余談)

「振られ男の恨み節」というカテゴリーの極北にあるような曲ですが,仮にそうだとすれば,「凄腕の刺客」という表現は,このコットン・アイ・ジョーのためにあるのかもしれません。

2016年8月26日金曜日

Let Me Love You DJ スネイク (DJ Snake ft. Justin Bieber)

プロデューサーとフィーチャリング・アーティストの関係は,一体何に例えればいいのでしょうか?作者とゴースト・ライターの関係でしょうか?多分違うでしょう。それにしては,ゴースト・ライターの名前が売れすぎています。では,運動選手とコーチの関係なのか?ひょっとしたらそうなのかもしれませんが,実際に競技をするわけではないコーチとは異なり,大抵の場合,プロデューサーがその曲を書いています。私に言わせれば,プロデューサーはいわば「シェフ(料理人)」であり,曲は彼の作る料理です。そしてアーティストは,その料理のメイン食材ということになるのではないでしょうか?
What should I compare the relationship between a producer/artist and their featuring artists to?  A writer and their ghost writer?  Probably not.  The ghost writer is too famous in this case.  An athlete and their coach?  Possibly but the producer often writes the song while the coach never performs.  I think the producer is a chef who prepares their song (=dish).  The artist is the main ingredient of the dish.
Let Me Love You   (DJ Snake ft. Justin Bieber)

[Verse 1: Justin Bieber]
I used to believe
We were burnin' on the edge of somethin' beautiful
Somethin' beautiful
Selling a dream
Smoke and mirrors keep us waitin' on a miracle
On a miracle

[Pre-Chorus: Justin Bieber]
Say, go through the darkest of days
Heaven's a heartbreak away
Never let you go, never let me down
Oh, it's been a hell of a ride
Driving the edge of a knife
Never let you go, never let me down
[Chorus: Justin Bieber]
Don't you give up, nah-nah-nah
I won't give up, nah-nah-nah
Let me love you
Let me love you
Don't you give up, nah-nah-nah
I won't give up, nah-nah-nah
Let me love you
Let me love you
Oh baby, baby

[Breakdown: DJ Snake]

[Verse 2: Justin Bieber]
Don't fall asleep
At the wheel, we've got a million miles ahead of us
Miles ahead of us
All that we need
Is a rude awakening to know we're good enough
Know we're good enough

[Pre-Chorus: Justin Bieber]
Say go through the darkest of days
Heaven's a heartbreak away
Never let you go, never let me down
Oh it's been a hell of a ride
Driving the edge of a knife
Never let you go, never let me down

[Chorus: Justin Bieber]
Don't you give up, nah-nah-nah
I won't give up, nah-nah-nah
Let me love you
Let me love you
Don't you give up, nah-nah-nah
I won't give up, nah-nah-nah
Let me love you
Let me love you
Oh baby, baby

[Breakdown: DJ Snake]

[Chorus: Justin Bieber]
Don't you give up, nah-nah-nah
I won't give up, nah-nah-nah
Let me love you
Let me love you
Don't you give up, nah-nah-nah
I won't give up, nah-nah-nah
Let me love you
Let me love you
Oh baby, baby

[Verse 1: Justin Bieber]
あの頃はこう思ってた
あと一息ってわかってるのに,そこで躓いちゃっているって
もうちょっとで素晴らしいことが起こりそうなのに
お互いに夢物語を語っては
そういうものに騙されて,何かの奇跡を待ち続けてた
そんなもの,そうそう起こるわけはないのに

[Pre-Chorus: Justin Bieber]
なあいいか,こんなに辛い思いをしたら
ちょっとしたことだけで,ダメになっちゃうこともあるけど
絶対に放り出したりしないから,ヒドイ態度を取らないでくれ
今までも色んなことが起こったし
危ない橋も渡ったけれど
絶対に放り出したりしないから,ヒドイ態度を取らないでくれ

[Chorus: Justin Bieber]
諦めないでいてくれよ
俺は負けたりしないから
信じて任せてくれないか?
お前を大事にしてやるよ
諦めないでいてくれよ
俺は負けたりしないから
信じて任せてくれないか?
お前を大事にしてやるよ

[Breakdown: DJ Snake]

[Verse 2: Justin Bieber]
ここで眠ってしまっちゃダメだ
今は車を運転してて,目的地につくまでの
先はまだまだ長いんだから
今の2人に必要なのは
多少手荒なことをしてでも,お互いにこれでいいって十分だって
そこに気づくことなんだ

[Pre-Chorus: Justin Bieber]
なあいいか,こんなに辛い思いをしたら
ちょっとしたことだけで,ダメになっちゃうこともあるけど
絶対に放り出したりしないから,ヒドイ態度を取らないでくれ
今までも色んなことが起こったし
危ない橋も渡ったけれど
絶対に放り出したりしないから,ヒドイ態度を取らないでくれ

[Chorus: Justin Bieber]
諦めないでいてくれよ
俺は負けたりしないから
信じて任せてくれないか?
お前を大事にしてやるよ
諦めないでいてくれよ
俺は負けたりしないから
信じて任せてくれないか?
お前を大事にしてやるよ

[Breakdown: DJ Snake]

[Chorus: Justin Bieber]
諦めないでいてくれよ
俺は負けたりしないから
信じて任せてくれないか?
お前を大事にしてやるよ
諦めないでいてくれよ
俺は負けたりしないから
信じて任せてくれないか?
お前を大事にしてやるよ

(余談)

「弘法筆を選ばず」とは言われるものの,料理の場合,それが最高のものであればあるほど,調理法は勿論のこと,使う食材のポテンシャルも高くなければなりません。そう考えると,DJというものは,最高の一皿を提供すべく,それに使う食材を常に探している料理人と言えるのかもしれませんし,仮にそうだとすれば,その料理人がたまたま口にした素材に惚れこみ,それをメインにした料理を作ったとしても,なんら不思議はないような気がします。

2016年8月25日木曜日

Don't Speak ノー・ダウト (No Doubt)

現在ソロだと思われているアーティストのなかには,かつてバンドのメンバーだったという人が少なくありません。キング・オブ・ポップのMichael Jacksonが,兄弟で構成したグループThe Jackson 5だったことは有名ですし,当然The BeatlesのJohn Lennonもそうです。以前こちらでThe Sweet Escapeを取り上げたGwen Stefaniのその一人で,No Doubtの顔でした。
Many artists now we recognize as solo often been a member of a band.  Let me show you.  It's widely known that Michael Jackson, the King of Pop, was a member of a sibling group The Jackson 5 let alone John Lennon of The Beatles.  Gwen Stefani whose The Sweet Escape I posted before is one of them.  She used to front No Doubt.  
Don't Speak  (No Doubt)
[Verse 1]:
You and me
We used to be together
Everyday together
Always

I really feel
That I'm losing my best friend
I can't believe, this could be
The end
[Pre-Chorus]:
It looks as though you're letting go
And if it's real well I don't want to know

[Chorus]:
Don't speak
I know just what you're sayin'
So please stop explainin'
Don't tell me cause it hurts
Don't speak
I know what you're thinkin'
I don't need your reasons
Don't tell me cause it hurts

[Verse 2]:
Our memories
They can be inviting
But some are altogether mighty
Frightening

[Pre-Chorus]:
As we die, both you and I
With my head in my hands I sit and cry

[Chorus]
Don't speak
I know just what you're sayin'
So please stop explainin'
Don't tell me cause it hurts
Don't speak
I know what you're thinkin'
I don't need your reasons
Don't tell me cause it hurts

[Bridge]
It's all ending
We gotta stop pretending
Who we are

[Guitar Solo]

[Verse 3]:
You and me
I can see us dying
Are we?

[Chorus]
Don't speak
I know just what you're sayin'
So please stop explainin'
Don't tell me cause it hurts
Don't speak
I know what you're thinkin'
I don't need your reasons
Don't tell me cause it hurts

[Outro]:
Don't tell me cause it hurts
I know what you're sayin'
So please stop explainin'
Don't speak, don't speak, don't speak ohh
I know what you're thinkin'
And I don't need your reasons
I know you're good, I know you're good
I know you're real good, oh
Don't, don't

Hush, hush, darling
Hush, hush, darling
Hush, hush
Don’t tell me ‘cause it hurts

[Verse 1]:
お互いに
あの頃はいつも一緒で
毎日そばを離れなかった
いつだって

今しみじみ感じてる
一番の友達がいなくなっていくんだなって
どうしても信じられない
これで終わりになるなんて

[Pre-Chorus]:
諦めようとしているの?
だけどそれが本当なら
そんなのアタシは知りたくないよ

[Chorus]:
お願い何も言わないで
言うセリフはわかってるから
頼むから説明なんかしないでよ
何も言って欲しくない
だって聞くと辛いから

[Verse 2]:
あの頃の2人のことを思い出したら
このままじゃ勿体ないと
そんな気持ちになることもある
だけど本当にゾッとして
怖くなっちゃうものもあるんだ

[Pre-Chorus]:
お互いにこのままダメになっちゃうの
手のひらで顔を覆ってアタシは座って泣いている

[Chorus]
お願い何も言わないで
言うセリフはわかってるから
頼むから説明なんかしないでよ
何も言って欲しくない
だって聞くと辛いから
お願い何も言わないで
言うセリフはわかってるから
頼むから説明なんかしないでよ
何も言って欲しくない
だって聞くと辛いから

[Bridge]
これでお終いなんだから
芝居するのはもう止めて
本当の姿を見せなきゃね

[Guitar Solo]

[Verse 3]:
お互いに
ダメになるんだ
そうだよね?

[Chorus]
お願い何も言わないで
言うセリフはわかってるから
頼むから説明なんかしないでよ
何も言って欲しくない
だって聞くと辛いから
お願い何も言わないで
言うセリフはわかってるから
頼むから説明なんかしないでよ
何も言って欲しくない
だって聞くと辛いから

[Outro]:
お願い何も言わないで,聞くとすごく辛いから
言うセリフはわかってるから
頼むから説明なんかしないでよ
お願い何も言わないで,とにかく何も聞きたくないの
お願い何も言わないで
言うセリフはわかってるから
なんでこんなになったかなんて
アタシに教えてくれなくていい
そうだねアンタは悪くない
そんなのちゃんとわかってる
本当にいい人なんだよね?
とにかく何も聞きたくないよ

ダーリンとにかく黙ってよ
もういいよ黙ってよ
お願い何も言わないで,聞くとすごく辛いから

(余談)

この曲,Gwen Stefaniの実体験に基づいて作られた曲のようです。通常であれば,付き合っていた相手と別れると,お互いに顔を合わせないようにして,破局の痛手から回復しようとするものですが,この場合,相手がバンド仲間ということで状況的にそれが難しかったようです。

聞くところによると,破局した当時,ツアー中だったGwen Stefaniとバンド仲間で元彼のTony Kanal(高校時代から7年間の付き合い)は,破局後も一緒に延々とツアーを続けなければならず,それがもう筆舌尽くしがたいほど辛かったんだとか。

それはそうでしょうとも。

2016年8月24日水曜日

Magnetized トム・オデル (Tom Odell)

彼のことをご記憶でしょうか?あのAnother Loveのアーティストです。彼が.この曲を演奏するヴィデオ(2番目のヴィデオ)を観たのですが,文字通り磁石に引きつけられるように釘づけ(magnetized)になりました。 理由はわかりません。私は音楽の専門家ではありませんが,多数の英語歌詞を見てきた人間として言うと,彼の歌詞は似たようなアーティストのそれとはかなり違っています。
Do you remember him?  Yes, he's the one who wrote Another Love.  I saw a video (the second one) in which he performed this song and was literally 'magnetized' to it.  I don't know what made me feel that way.  I'm not a music expert but as a person who has read so many English lyrics I can say his lyric is quite different from those of his peers.
Magnetized  (Tom Odell)
(BBC Radio 1)
[Verse 1]
See those birds going across the sky
Three thousand miles they fly
How do they know which way to go?
Somehow they always seem to know
They say there’s mother nature in everything we see
Wish I had a little mother nature in me
Wish I had a little mother nature in me

[Chorus]
Cause it’s not right, I’m magnetised
To somebody that don’t feel it
Love paralysed, she’s never gonna need me
But sure as the world keeps the moon in the sky
She’ll keep me hanging on
She keeps me hanging on

[Verse 2]
See the couple lying on the bus
Falling asleep with so much trust
I wish I had a chance to let them know
Their love is like a flower in the snow
If it’s just pheromones then that may be
I wish you had a little pheromones for me
I wish you had a little pheromones for me

[Chorus]
Cause it’s not right, I’m magnetised
To somebody that don’t feel it
Love paralysed, I know you’re never gonna need me
I’m sure as the world keeps the moon in the sky
She’ll keep me hanging on
She keeps me hanging on
She keeps me hanging on

[Bridge]
North to south, white to black
When you love someone that don’t love you back

[Chorus]
Yeah it’s not right, I’m magnetised
To somebody that don’t feel it
Love paralysed, she’s never gonna need me
But sure as the world keeps the moon in the sky
She’ll keep me hanging on
She’ll keep me hanging on
She’ll keep me hanging on
She’ll keep me hanging on

[Verse 1]
大空を横切って行く鳥の群れ
3000マイルの長距離を
鳥たちは飛んで行く
一体どっちへ行けばいいのか
どうしてそれがわかるのかって
そこが不思議なんだけど
いつだって鳥たちはそれが
ちゃんとわかってる
この世の中のものにはみんな
自然の力が宿ってるって
そんな風に言われてる
だけどそれが本当なら
少しでいいからそんな力が
自分にも欲しいんだ

[Chorus]
だってこんなのおかしいよ
まるで磁石に引かれるように
気持ちに応えてもらえない
そんな相手を好きになってる
こっちは気持ちにがんじがらめで
身動き取れなくなっているのに
あいつは俺がいなくても
それで別に困らない
夜毎に昇る月と同じで
自由にしてはもらえない
あいつのそばを離れられない

[Verse 2]
バスの車中の目の前で
カップルが横になり
お互いを信頼しきって眠ってる
できれば言ってやりたいよ
今の2人の関係は
雪に咲いてる花と同じで
すごく貴重なものだって
フェロモンのなせる業って
そんな風に言われれば
そうなのかもしれないけど
それならそれで自分にも
少しでいいからフェロモンが
あって欲しいと思うんだ

[Chorus]
だってこんなのおかしいよ
まるで磁石に引かれるように
気持ちに応えてもらえない
そんな相手を好きになってる
こっちは気持ちにがんじがらめで
身動き取れなくなっているのに
あいつは俺がいなくても
それで別に困らない
夜毎に昇る月と同じで
自由にしてはもらえない
あいつのそばを離れられない

[Bridge]
北から南へ,白から黒へ
いつも迷っているばかり
気持ちに応えてもらえない
そんな相手を好きになったら

[Chorus]
だってこんなのおかしいよ
まるで磁石に引かれるように
気持ちに応えてもらえない
そんな相手を好きになってる
こっちは気持ちにがんじがらめで
身動き取れなくなっているのに
あいつは俺がいなくても
それで別に困らない
夜毎に昇る月と同じで
自由にしてはもらえない
あいつのそばを離れられない

(余談)

鳥のような「自然の力(mother nature)」が自分にはないと嘆く主人公ですが,そんなことはありません。「まるで磁石に引かれるように,気持ちに応えてもらえない,そんな相手を好きになってる (magnetized)」のですから,体内に方位磁石はちゃんと存在していると考えられます。