2016年9月28日水曜日

Already Gone イーグルス (The Eagles)

付き合っている人と別れる場合,どちらが先に「別れよう」と言い出すかが(お互いにとって)大問題になることがよくあります。相手のことがまだ好きなのにそう言ってしまうと,それでなくても問題ありの関係に幕を引いてしまうことになりかねません。かといって,決心がつかず言い出すチャンスを逸すると,先に相手に「もう終わり」と言われてしまいます。そうなると,フラれたのはこちらということになってしまいます。
When you break up with someone, who says "It's over" first is sometimes a difficult decision to make for both of you.  If you still love the person, telling them you're leaving could be the last straw to your faltering relationship.  If you wait too long, however, the person would be the first to say "I'm done with you."  That makes you the one who gets dumped.
Already Gone  (The Eagles)
[Verse 1]
Well, I heard some people talkin' just the other day
And they said you were gonna put me on a shelf
But let me tell you I got some news for you
And you'll soon find out it's true
And then you'll have to eat your lunch all by yourself

[Chorus]
Cause I'm already gone
And I'm feelin' strong
I will sing this vict'ry song
Woo hoo hoo, ahh ahh, woo hoo hoo

[Verse 2]
The letter that you wrote me made me stop and wonder why
But I guess you felt like you had to set things right
Just remember this, my girl, when you look up in the sky
You can see the stars and still not see the light (that's right)

[Chorus]

[Verse 3]
Well I know it wasn't you who held me down
Heaven knows it wasn't you who set me free
So often times it happens that we live our lives in chains
And we never even know we have the key

[Chorus]

[Outro]
Cause I'm already gone
Yes, I'm already gone
And I'm feelin' strong
I will sing this vict'ry song
Cause I'm already gone
Yes, I'm already gone
Already gone
All right, nighty-night
Already gone...

[Verse 1]
ついこの間,誰かがこういうウワサをしてた
お前が俺と別れるってな
でも悪いけど,これだけお前に言っとくぜ
それがウソじゃないってことは,お前もすぐにわかってくるし
そうなったらその時は,ひとりぼっちで昼飯を食うハメになるんだよ

[Chorus]
だってこっちは冷めてるし,未練すら残っていなくて
それで平気なんだから
歌のひとつも聞かせてやるぜ,ざまあみろって言いながら

[Verse 2]
お前の手紙を読んでたら,なんでこうなったのか,ちょっと気にはなったけど
多分お前に言わせると,ちょっとでも事を丸く収めなきゃって,そんな気がしたんだろ?
ただこれだけは言っとくぞ,たとえ夜空を見上げても
そこに星があるってことは,お前にだってわかるけど
その星の輝きはお前なんかにゃわからない

[Chorus]

[Verse 3]
この俺を苦しめたのは,お前じゃないってわかってるけど
だからって,救ってくれたわけでもないぜ
こんなのよくある話だぜ
縛られて身動きできなくなっているけど
そこから抜け出す大事な鍵は,ちゃんと自分が持っているって
気付いていないだけなんだ

[Chorus]

[Outro]
だってこっちは冷めてるし,未練すら残っていなくて
それで平気なんだから
歌のひとつも聞かせてやるぜ,ざまあみろって言いながら
だってこっちは冷めてるし,未練すら残っていなくて
もう切れてるんだから
一晩中でも歌ってやるぜ
もう終わってるんだから・・・

(余談)

歌詞に「victr'y song」とあるように,別れ話はどちらが先に持ち出すかで「勝敗」が決まってしまうようですが,人生においては,その後しばらくして「敗者復活戦」で勝ち上がってきた相手と再び対戦することもないとは言い切れません。くれぐれも手の内を完全に読まれないようにしたいものです(意味不明)。

2016年9月27日火曜日

Cool Girl トーヴァ・ロウ (Tove Lo)

特定の相手がいる人間に対して人々が求めるものは,往々にしてその人間のジェンダーで決まっています。例えば,浮気などの相手を裏切る行為について言えば,世間は女性よりも男性に対して甘い傾向にあります。この曲はそう言ったことに対するアンチテーゼとして機能しているような気がします。
What people expect a person in a relationship to do is often determined by their gender.  For example, being unfaithful to their partner, like cheating on them our society has much more lenient criteria for men than for women.  This song seems to be a sort of antithesis to such a trend.
Cool Girl  (Tove Lo)

[Verse 1]
You can run free, I won't hold it against ya
You do your thing, never wanted a future
Fuck if I knew how to put it romantic
Speaking my truth, there's no need to panic

[Pre-Chorus]
No, let's not put a label on it
Let's keep it fun
We don't put a label on it
So we can run free, yeah
I wanna be free like you
[Chorus]
I'm a, I'm a, I'm a cool girl, I'm a, I'm a cool girl
Ice cold, I roll my eyes at you, boy
I'm a cool girl, I'm a, I'm a cool girl
Ice cold, I roll my eyes at you, boy

[Verse 2]
Rules you don't like, but you're still gonna keep 'em
Said you want fines for whatever reason
Show we can chill, try and keep it platonic
Now you can't tell if I'm really ironic

[Pre-Chorus]
No, let's not put a label on it
Let's keep it fun
We don't put a label on it
So we can run free, yeah
I wanna be free like you

[Chorus]
I'm a, I'm a, I'm a cool girl, I'm a, I'm a cool girl
Ice cold, I roll my eyes at you, boy
I'm a cool girl, I'm a, I'm a cool girl
Ice cold, I roll my eyes at you, boy
I'm a cool girl, I'm a, I'm a cool girl
Ice cold, I roll my eyes at you, boy
I'm a cool girl, I'm a, I'm a cool girl
Ice cold, I roll my eyes at you, boy

[Bridge]
I got fever highs
I got boiling blood
I'm that fire
We could burn together

[Chorus]
I'm a, I'm a cool girl, I'm a, I'm a cool girl
Ice cold, I roll my eyes at you, boy
I'm a cool girl, I'm a, I'm a cool girl
Ice cold, I roll my eyes at you, boy

[Outro]
I'm a cool girl, I'm a, I'm a cool girl
Too cool for you
I'm a cool girl, I'm a, I'm a cool girl
I'm a I'm a cool girl, I'm a, I'm a cool girl
Ice cold, I roll my eyes at you, boy
*
[Verse 1]
好きなようにしていいの,根に持ったりしないから
人のことは気にせずに,やりたいようにやればいい
これからのことなんて,別になんにも期待してない
こんないい方してたんじゃ,ちょっとムードに欠けるけど
本心を言っちゃうと,別にビビることないの

[Pre-Chorus]
この2人の付き合いに,名前なんかは必要ないし
楽しいのならそれでいい
こういうもんだと決めつけないで
お互い好きにすればいい
アタシだってアンタみたいに,縛られないで生きたいの

[Chorus]
アタシはクールな女なの,
ただクールなだけじゃなく,寒すぎて凍りつく,それほどクールな女なの
そんなアタシが誘ってる
アタシはクールな女なの,
ただクールなだけじゃなく,寒すぎて凍りつく,それほどクールな女なの
そんなアタシが誘ってる

[Verse 2]
決まりなんて嫌いよね?だけど守ってもらうわよ
どんな些細なことだって,罰がなきゃダメだって,そんな風に言ったでしょ?
だから2人で一緒にいても,一線を越えないようにしなくちゃね
アタシがすごく皮肉屋なのか,わからなくなったでしょ?

[Pre-Chorus]
やめてよね,この2人の付き合いに,名前なんかは必要ないし
楽しいのならそれでいい
こういうもんだと決めつけないで
お互い好きにすればいい
アタシだってアンタみたいに,縛られないで生きたいの

[Chorus]
アタシはクールな女なの,
ただクールなだけじゃなく,寒すぎて凍りつく,それほどクールな女なの
そんなアタシが誘ってる
アタシはクールな女なの,
ただクールなだけじゃなく,寒すぎて凍りつく,それほどクールな女なの
そんなアタシが誘ってる

[Bridge]
熱でおかしくなってんの
体中の血液がたぎるほど
アタシは熱くなんてんの
2人一緒に燃え上がりましょ

[Chorus]
アタシはクールな女なの,
ただクールなだけじゃなく,寒すぎて凍りつく,それほどクールな女なの
そんなアタシが誘ってる
アタシはクールな女なの,
ただクールなだけじゃなく,寒すぎて凍りつく,それほどクールな女なの
そんなアタシが誘ってる

[Outro]
アタシはクールな女なの,
ただクールなだけじゃなく,寒すぎて凍りつく,それほどクールな女なの
アンタなんかじゃ手に負えないの
アタシはクールな女なの,
ただクールなだけじゃなく,寒すぎて凍りつく,それほどクールな女なの
そんなアタシが誘ってる

(余談)

ところで,この曲を聞くとBritney Spearsを思い出しますが,おそらくそれはミュージック・ヴィデオに登場するTove Loのしぐさやダンスが彼女のそれに似ているからでしょうね。

2016年9月26日月曜日

Hate プレイン・ホワイト・ティーズ (Plain White T's)

この曲を聞いて,Plain White T's がロック・バンドであると初めて知りましたが,おそらくそれは,彼らと言えばHey There Delilahだと私が思っていたためでしょう。主人公がDelilahに心配するなと語りかけるバラードですが,実際に心配しているのは,ニュー・ヨークへ行った彼女ではなく,主人公の方です。
Listening to this song, I realized Plain White T's is a rock band for the first time.  That's probably because  Hey There Delilah is strongly associated with them in my mind.  It was a ballad in which the narrator keeps asking his girlfriend, Delilah not to worry.  In fact, it's him who worries most, not her who's left for New York.
Hate  (Plain White T's)

Love, love, love, love, love, love
Woo!

You were everything I wanted
You were everything a girl could be
Then you left me brokenhearted
Now you do not mean a thing to me
All I wanted was your
Love, love, love, love, love, love
Hate is a strong word
But I really, really, really don't like you
Now that it's over
I don't even know what I liked about you
Brought you around
And you just brought me down
Hate is a strong word
But I really, really, really don't like you

I really don't like you...

Thought that everything was perfect
Isn't that how it's supposed to be
Thought you thought that I was worth it
Now I think a little differently
All I wanted was your
Love, love, love, love, love, love

Hate is a strong word
But I really, really, really don't like you
Now that it's over
I don't even know what I liked about you
Brought you around
And you just brought me down
Hate is a strong word
But I really, really, really don't like you

Now that it's over
You can't hurt me
Now that it's over
You can't bring me down

(Oh, oh...)

All I wanted was your
Love, love, love, love, love, love

Hate is a strong word
But I really, really, really don't like you
(I really don't like you)
Now that it's over
I don't even know what I liked about you
(I liked about you)
Brought you around
And you just brought me down
(Hate) Hate is a strong word
But I really, really, really don't like you

I really don't like you
I really don't like you
I really don't like you

お前がいればよかったし
最高の女だったよ
なのに俺をさっさと捨てて,ボロボロに傷つけた
だけどもう,お前なんかどうでもいいよ
あの頃は,ただひたすらに思ってた
振り向いてくれないかって
死ねばいいとは思わないけど
大嫌いなのは間違いないね
こうやって別れてみたら
一体どこに惚れたのかって,もうそれさえわからない
どこだって,お前を一緒に連れてったのに
お前は俺を傷つけただけ
死ねばいいとは思わないけど
大嫌いなのは間違いないね

顔も見たくないんだよ

なにもかも完璧だって,そんな風に思ってた
だってそういうものだから
相応しい相手だと思われてるんだって,あの頃信じていたけれど
今はそうとも思えない
あの頃は,ただひたすらに思ってたけど
振り向いてくれないかって

死ねばいいとは思わないけど
大嫌いなのは間違いないね
こうやって別れてみたら
一体どこに惚れたのかって,もうそれさえわからない
どこだって,お前を一緒に連れてったのに
お前は俺を傷つけただけ
死ねばいいとは思わないけど
大嫌いなのは間違いないね

ただもう終わったことだから
何をされても関係ないし
お前と縁が切れたから
もうこれ以上傷つかないよ

あの頃は,ただひたすらに思ってたけど
振り向いてくれないかって

死ねばいいとは思わないけど
大嫌いなのは間違いないね
(顔も見たくないんだよ)
こうやって別れてみたら
一体どこに惚れたのかって,もうそれさえわからない
(顔も見たくないんだよ)
どこだって,お前を一緒に連れてったのに
お前は俺を傷つけただけ
死ねばいいとは思わないけど
大嫌いなのは間違いないね

顔も見たくないんだよ

(余談)

この曲がいつ作られたのかわかりませんが,歌詞を読んでいると,自分を捨てて行った恋人に業を煮やした主人公が逆上する,Hey There Delilahの後日談のように思えます。

2016年9月25日日曜日

Kids ワンリパブリック (OneRepublic)

大人になるということは目覚めることに似ているような気がします。子どもだった頃,世間知らずだった私は,世の中の大人というものはすべからく生まれた時から堕落して偉ぶった大人だったと頭の片隅で考えていました。しかし勿論違います。
I think growing up is just like awakening.  When I was young, I was naive enough to think in the back of my head that every adult person was born as such.  I somehow believed that they were born and have been corrupt and pretentious since then.  Of course, they're not.
Kids  (OneRepublic)

[Verse 1]
Days when
We'd fight, we'd fight 'til I would give in
Yeah, perfect disasters
We were reaching, reaching for the rafters

[Pre-Chorus]
And on most of the days we were searching for ways
To get up and get out of the town that we were raised, yeah,
Cause we were done
I remember, we were sleeping in cars
We were searching for OZ
We were burning cigars
With white plastics tips 'til we saw the sun
And we said crazy things like

[Chorus]
I refuse to look back thinking days were better
Just because they're younger days
I don't know what's 'round the corner
Way I feel right now I swear we'll never change
Back when we were kids
Swore we would never die
You and me were kids
Swear that we’ll never die

[Verse 2]
Lights down
And we drive and we're drivin' just to get out
Yeah, perfect disasters
Yeah we were swinging, swinging from the rafters

[Pre-Chorus]
Hey, we were dancing in cars
We were looking for ours
We were naming the stars
After people we knew 'til we had to go
And we were saying things like

[Chorus]
I refuse to look back thinking days were better
Just because they're younger days
I don't know what's 'round the corner
Way I feel right now I swear we'll never change
Back when we were kids
Swore we would never die
You and me were kids
Swear that we'll never die

[Bridge]
Nights when we kept dancing
Changing all our plans and
Making every day a holiday
Feel the years start burning
City lights they're turning
Something 'bout this feels the same

[Chorus]
Back when we were kids
Swore we would never die
You and me were kids
Swear that we'll never die
I refuse to look back thinking days were better
Just because they're younger days
I don't know what's 'round the corner
Way I feel right now I swear we’ll never change

You and me were kids

[Verse 1]
あの頃は
お互いケンカばかりしていつも俺が負けたよな?
とにかく酷い状態だった
お互いに天井の方を目指していたんだよ

[Pre-Chorus]
いいやり方はないかって,大抵いつも考えてたよ
自分が育ったこんな町から,覚悟を決めて逃げ出したくて
だってここには先がないから
確かお互い車の中で寝泊りをしてたよな?
オズの魔法使いみたいな,そんなものを探してた
火の点いたタバコの先に
プラスティックの吸い口つけて,夜が明けるまで吸いながら
こんな感じでバカ言ってたよ

[Chorus]
あの頃は良かったなんて絶対に思いたくない
今よりも若かったっていうだけで
この先に何があるのかわからないけど
今はこう思うんだ,これからもお互い絶対変わらないって
コドモだったあの頃は
お互いに不死身だったけど
あの頃の若い気持ちを忘れなければ
これからだってお互いにきっと無敵でいられるはずだ

[Verse 2]
明かりを消して
車を出して,それから走り続けてた,とにかくそこから逃げ出したくて
とにかく酷い状態だった
天井の梁のとこから,どこかへ行こうとしてたんだ

[Pre-Chorus]
なあ車で踊ったろ?
自分たちのものを探して
夜空に浮かぶ星々に
知り合いヤツの名前を,ギリギリまで付けた後
こんなことを言ったんだ

[Chorus]
あの頃は良かったなんて絶対に思いたくない
今よりも若かったっていうだけで
この先に何があるのかわからないけど
今はこう思うんだ,これからもお互い絶対変わらないって
コドモだったあの頃は
お互いに不死身だったけど
あの頃の若い気持ちを忘れなければ
これからだってお互いにきっと無敵でいられるはずだ

[Bridge]
あの頃は夜になると踊り続けて
決めたこともくるくる変えて
毎日をお祭り気分で過ごしてた
毎年があっという間に過ぎてって
街の灯りも変わってるけど
こういう気持ちは変わっていない

[Chorus]
あの頃は良かったなんて絶対に思いたくない
今よりも若かったっていうだけで
この先に何があるのかわからないけど
今はこう思うんだ,これからもお互い絶対変わらないって
コドモだったあの頃は
お互いに不死身だったけど
あの頃の若い気持ちを忘れなければ
これからだってお互いにきっと無敵でいられるはずだ

今だってあの頃と変わっていない
お互いコドモのままなんだ

(余談)

「(自分以外の)大人も昔は自分と同じ子どもだった」と気づくことが,突き詰めれば,「大人になる」ということなのかもしれません。

「敵」としか思えない親や教師といった周囲の人間でさえ,数十年前は自分と同じただの子どもであり,その小さな体で必死に生きていたのだと気づけば,むしろその健気さに相手を抱きしめてやりたくなるかもしれません。

また,たとえ世間を騒がせるいわゆる「極悪人」であっても,そのほとんどが,生まれたばかりの頃は,保護者の腕のなかで無邪気な笑顔を見せていたかと思うと,声高に彼らを糾弾しようとする気持ちも少しは薄れます。

StingはそのRussiansの中で「if the Russians love their children too」と歌っていますが,そう考えると,自分とは全く違う環境にある人の立場に立ってみることが,世の中の紛争を解決する上で,貧困をなくすことと同じ位重要なことであるように思われます。

2016年9月24日土曜日

I'm Still Standing エルトン・ジョン (Elton John)

ロック讃歌と破局ソングとの間には共通点などないとお考えかもしれませんが,実際にはびっくりするくらい両者には共通点があります。だからといって,破局ソングがすべからく「アガる」曲だとは申しませんが,確かになかには聞くと元気になるものもあります。
例えば,多くの破局ソングでは,通常相手は主人公を傷つけた人間として描かれていますが,その「相手」は人間であるとは限りません。主人公がそこに属していれば,それが社会であっても組織であってもいいわけです。
You may think there's nothing in common between a rock anthem and a breakup song.  Surprisingly, they have a lot actually.  I'm not saying that all breakup songs are inspiring but some really are.  For example, in many breakup songs, the second person (you) is usually the one who let the narrator down.  It doesn't always mean a human being.  It could be a society or an organization where the narrator is supposed to belong.  
I'm Still Standing  (Elton John)
[Verse 1]
You could never know what it's like
Your blood like winter freezes just like ice
And there's a cold lonely light that shines from you
You'll wind up like the wreck you hide behind that mask you use
And did you think this fool could never win
Well look at me, I'm coming back again
I got a taste of love in a simple way
And if you need to know while I'm still standing you just fade away

[Chorus 1]
Don't you know I'm still standing better than I ever did
Looking like a true survivor, feeling like a little kid
I'm still standing after all this time
Picking up the pieces of my life without you on my mind
[Chorus 2]
I'm still standing yeah yeah yeah [2x]

[Verse 2]
Once I never could hope to win
You starting down the road leaving me again
The threats you made were meant to cut me down
And if our love was just a circus you'd be a clown by now

[Chorus 1]

[Chorus 2]

[Chorus 1]

[Chorus 2]

[Verse 1]
一体どんな気分かなんて,絶対お前にゃわからない
体中の血液が,まるで真冬になったみたいに,凍って氷になる感じ
お前の体から,ひとりぼっちで寒々とした,空気がこっちに伝わってくる
結局いつかボロボロになり,いつもつけてる仮面の下に,隠れなきゃならなくなるさ
こんなバカには勝ち目はないと,そう思っていたんだろ?
悪いな期待を裏切って,また復活したんだよ
ヘンに色々しなくても,人は大事にしてくれるって,そのことがわかったんだよ
念のために言っておくけど,お前が消えていったって,俺は別に平気だね

[Chorus 1]
わかるだろ?前よりもずっと強くなったんだ
辛いことがあったって,少々のことじゃビクともしない,小さな子どもの気分だよ
今まであれこれあったけど,そんなことで負けたりしない
お前のことは吹っ切って,こうして自分の人生を,立て直してるとこなんだ

[Chorus 2]
そんなんで負けたりしない [2x]

[Verse 2]
あの頃は勝ち目はないと思ってた
俺を道に置き去りにして,またお前は去ってった
そうすれば,俺がヘコむと思ってたよな?
たとえ2人の関係が,サーカスみたいな見世物だって
もう今はピエロになるのはお前だぜ

[Chorus 1]

[Chorus 2]

[Chorus 1]

[Chorus 2]

(余談)

このミュージック・ヴィデオを作ったディレクターのRussel Mulcahyが語ったところによると,このヴィデオは「ゲイ度100% (super, super, super gay)」なのだとか。・・・確かに。

2016年9月23日金曜日

Heathens トウェンティ・ワン・パイロッツ (Twenty One Pilots)

現在に至るも一貫して「周りから浮いたヤツ」ですが,間違いなく周囲の人間はそこのところを「すぐわかって」いたと思います。いわゆる主流や多数派であったことは一度もなく,考え方や感じ方が周囲とは違っていたことも少なくなかったのですが,何故かそれで不満を感じたことはありませんでした。
Well I have been and (still I am)a 'heathen' and I believe people around me have definitely 'smelled' it.  I've never been a part of the mainstream nor the majority.  What I thought and felt was often different from what they did but I have been somehow happy with it.
Heathens  (Twenty One Pilots)

[Chorus]
All my friends are heathens, take it slow
Wait for them to ask you who you know
Please don't make any sudden moves
You don't know the half of the abuse
All my friends are heathens, take it slow
Wait for them to ask you who you know
Please don't make any sudden moves
You don't know the half of the abuse
All my friends are heathens, take it slow
Wait for them to ask you who you know
Please don't make any sudden moves
You don't know the half of the abuse
All my friends are heathens, take it slow
Wait for them to ask you who you know
Please don't make any sudden moves
You don't know the half of the abuse

[Verse 1]
Welcome to the room of people
Who have rooms of people that they loved one day
Docked away
Just because we check the guns at the door
Doesn't mean our brains will change from hand grenades
You'll never know the psychopath sitting next to you
You'll never know the murderer sitting next to you
You'll think, "How'd I get here, sitting next to you?"
But after all I've said, please don't forget

[Chorus]
All my friends are heathens, take it slow
Wait for them to ask you who you know
Please don't make any sudden moves
You don't know the half of the abuse

[Verse 2]
We don't deal with outsiders very well
They say newcomers have a certain smell
You have trust issues, not to mention
They say they can smell your intentions
You'll never know the freakshow sitting next to you
You'll have some weird people sitting next to you
You'll think "How did I get here, sitting next to you?"
But after all I've said, please don't forget
(Watch it, watch it)

[Chorus]
All my friends are heathens, take it slow
Wait for them to ask you who you know
Please don't make any sudden moves
You don't know the half of the abuse

[Bridge]
All my friends are heathens, take it slow
(Watch it)
Wait for them to ask you who you know
(Watch it)
Please all my friends are heathens, take it slow
(Watch it)
Wait for them to ask you who you know

[Outro]
Why'd you come, you knew you should have stayed
(It's blasphemy)
I tried to warn you just to stay away
And now they're outside ready to bust
It looks like you might be one of us

[Chorus]
俺の仲間は一人残らず「周りから浮いたヤツ」なんだ,だから慌てないでくれ
待ってりゃいずれ向うから,誰か知ってるヤツがいないかお前に聞いてくれるから
頼むから急に動いて驚かすなよ
「酷い目」っていうもんがお前にゃちっともわかってないよ
俺の仲間は一人残らず「周りから浮いたヤツ」なんだ,だから慌てないでくれ
待ってりゃいずれ向うから,誰か知ってるヤツがいないかお前に聞いてくれるから
頼むから急に動いて驚かすなよ
「酷い目」っていうもんがお前にゃちっともわかってないよ
俺の仲間は一人残らず「周りから浮いたヤツ」なんだ,だから慌てないでくれ
待ってりゃいずれ向うから,誰か知ってるヤツがいないかお前に聞いてくれるから
頼むから急に動いて驚かすなよ
「酷い目」っていうもんがお前にゃちっともわかってないよ
俺の仲間は一人残らず「周りから浮いたヤツ」なんだ,だから慌てないでくれ
待ってりゃいずれ向うから,誰か知ってるヤツがいないかお前に聞いてくれるから
頼むから急に動いて驚かすなよ
「酷い目」っていうもんがお前にゃちっともわかってないよ

[Verse 1]
ようこそ仲間のいる場所へ
ここにいる仲間にも昔は大事な人がいた
気を付けろ
ドアのところで調べれば,銃を持って来てないか,そこはチェックできるけど
だからって安心すんな,頭の中じゃ相も変わらず手榴弾が浮かんでるから
自分の隣に座ったヤツがサイコパスでも
人殺しでも
そんなのわかるわけないし
そのせいで「なんで自分はこんなところで,こんなヤツのそばにいるんだ?」
そんな風に思っても
今まで言って聞かせたなかで,これだけは覚えとけ

[Chorus]
俺の仲間は一人残らず「周りから浮いたヤツ」なんだ,だから慌てないでくれ
待ってりゃいずれ向うから,誰か知ってるヤツがいないかお前に聞いてくれるから
頼むから,急に動いて驚かすなよ
「酷い目」っていうもんがお前にゃちっともわかってないよ

[Verse 2]
人間っていうヤツは,自分と違う人間と付き合うのが苦手なんだよ
よく言うだろう?シロウトはすぐわかるって
なかなか人を信じられない,そういうこともあるけどな
それによく言うだろう?頭の中はお見通しって
だけど自分の隣のヤツが,気味悪い挙動不審のそんなヤツでも
そんなのわかるわけないし
今じゃなくてもこの先いつか,ヘンなやつが横に来たって
やっぱりそれもわからない
そのせいで「なんで自分はこんなところで,こんなヤツのそばにいるんだ?」
そんな風に思っても
今まで言って聞かせたなかで,これだけは覚えとけ
(慌てんな,そのままで我慢しろ)

[Chorus]
俺の仲間は一人残らず「周りから浮いたヤツ」なんだ,だから慌てないでくれ
待ってりゃいずれ向うから,誰か知ってるヤツがいないかお前に聞いてくれるから
頼むから急に動いて驚かすなよ

「酷い目」っていうもんがお前にゃちっともわかってないよ

[Bridge]
俺の仲間は一人残らず「周りから浮いたヤツ」なんだ,だから慌てないでくれ
(慌てんな)
待ってりゃいずれ向うから,誰か知ってるヤツがいないかお前に聞いてくれるから
(そのままで我慢しろ)
俺の仲間は一人残らず「周りから浮いたヤツ」なんだ,だから慌てないでくれ
(慌てんな)
待ってりゃいずれ向うから,誰か知ってるヤツがいないかお前に聞いてくれるから

[Outro]
一体なんで来たんだよ?ダメだってわかってたのに
(神をも畏れぬ所業ってヤツだ)
こっちへ来るなって,さんざん言って聞かせたろ?
今にもダメになりそうなほどギリギリの状態なんだ
どうやらお前も仲間なんだな

(余談)

「やめろ」と言われると,何故か余計にそうしたくなるのが人間というものではないでしょうか?

「いいか、お前ら押すなよ!押すな!絶対に押すなよ!・・・殺す気か!」

2016年9月22日木曜日

(I'm Not Your Steppin' Stone) ザ・モンキーズ (The Monkees)

有名人同士の離婚率は一般人のそれよりもずっと高いとよく聞きます。例えば,Mail Onlineによると「ある研究によると,2000年から2010年までに結婚した有名人あるいは芸能人カップルの半数が2014年にはすでに離婚している」そうですが,これに対し「同じ時期に一般人は26%しか離婚していない」そうです。
It's often said divorce rate is much higher between celebrities than between ordinary people.  For example, Mail Online says, "Fifty per cent of all famous or showbiz couples who married in the first decade of the century were divorced by 2014, according to the study" while "over the same period, 26 per cent of marriages among the non-celebrity population failed to stay the course."
(I'm Not Your Steppin' Stone)  (The Monkees)
I, I, I, I, I'm not your steppin' stone
I, I, I, I, I'm not your steppin' stone

You're tryin' to make your mark in society
You're usin' all the tricks that you used on me
You're readin' all them high-fashion magazines
The clothes you're wearin', girl, are causin' public scenes
I said I, I, I, I, I'm not your steppin' stone
I, I, I, I, I'm not your steppin' stone
Not your steppin' stone
Not your steppin' stone

When I first met you girl you didn't have no shoes
But now you're walkin' 'round like you're front page news
You've been awful careful 'bout the friends you choose
But you won't find my name in your book of Who's Who

I said I, I, I, I, I'm not your steppin' stone (no girl, not me)
I, I, I, I, I'm not your steppin' stone
Not your steppin' stone
I'm not your steppin' stone
Not your steppin' stone
Not your steppin' stone...

俺はお前の踏み台じゃない
利用なんかされたくないね

自分の存在を世の中に見せたくて
俺に今までしてきたように,ありとあらゆる手を使ってる
高級なファッション雑誌に目を通し
街中でちょっと騒ぎになるような,そんな服を身に付ける
だけど言ったよな?俺はお前の踏み台じゃない
利用なんかされたくないね

俺に出会ったあの頃は,マトモな靴さえ持ってなかった
なのに今のお前ときたら,雑誌の表紙になるような
有名人になったつもりで,あちこち歩き回ってる
付き合っている友達も,念入りに選び抜いたヤツばかり
そういう「友達リスト」には,俺は絶対入らない

俺はお前の踏み台じゃない
利用なんかされたくないね

(余談)

この「踏み石(stepping stone)」と似た意味を持つのが,「玄関マット (doormat)」という言葉ですが,そのどちらも「靴を履いて生活する」という前提で成立している表現であるように思われます。

これに対して日本語の「踏み台」は,靴を脱いでも利用できる辺りに,英語との文化の違いが感じ取れますが,これらの言葉の持つ「(それを使った結果として)今まで手の届かなかった場所に手が届くようになる」という本来の意味で考えれば,日本語の「踏み台」の方が内容を上手く表現しているような気がします。