2011年12月3日土曜日

Broken Strings ジェイムズ・モリソン(James Morrison)

聴いてすぐ「この曲知ってる」と思いました。実際は知らなかったのですが、そう思ったのには理由があります。曲の出だしがDemi LovatoのSkyscraper(2番目のヴィデオ)ソックリなんです。しかもサビのところはAdeleのTurning Tablesに似てます。(この曲の方が先ですからその2つが似てるんですけどね)。
特にSkyscraperとこのBroken Stringsについては、最初の部分が全く同じといっていいほどですが、これ自体はさほど珍しいことではありません。CAmFGのコード進行をしている曲が非常に多いからです。耳に心地よいためポップスで広く使われています。このコード進行が生理学的に見て人間にどんな影響を及ぼすのかはわかりませんが、モーツァルト効果なるものが存在するらしいということは聞いています。元々ブルターニュ地方の僧が発見したそうで、乳牛にモーツァルトを聞かせると乳の出が良くなるんだとか。このコード進行も人間の心身に同じような効果を及ぼすのかも。乳は普通出ませんけどね。
On start listening to the song, I instantly recognized the tune and cried, "I know it!".  Actually I didn't but I thought I did because it sounded the same as "Skyscraper" by Demi Lovato. (The second video below).  Furthermore, the hook reminds me of Adele's Turning Tables.  (Considering the fact that this song came first, I should say they sound like this.
Especially, Skyscraper and Broken Strings sounds almost identical in the first verse.  It's not very rare, however, so many songs use the progression of chords, C, Am, F, G.  It sounds very pleasant to human ears and therefore has been widely used in popular music.  I don't know if the progression has some physiological effect on our mind and body but I heard of "The Mozart Effect".  It was "originally discovered by monks in Brittany and said to increase cows' milk production.  The progression might have a similar effect on our mind and body.  We usually don't milk, though.
Broken Strings  (James Morrison)
(Skyscraper/Demi Lovato)
Let me hold you for the last time
It's the last chance to feel again
But you broke me, now I can't feel anything
When I love you and so untrue
I can't even convince myself
When I'm speaking it's the voice of someone else

Oh, it tears me up
I tried to hold on but it hurts too much
I tried to forgive but it's not enough
To make it all okay

You can't play our broken strings
You can't feel anything
That your heart don't want to feel
I can't tell you something that ain't real
Oh, the truth hurts and lies worse
How can I give anymore
When I love you a little less than before?

Oh, what are we doing?
We are turning into dust
Playing house in the ruins of us

Running back through the fire
When there's nothing left to say
It's like chasing the very last train
When it's too late, too late

Oh, it tears me up
I tried to hold on but it hurts too much
I tried to forgive but it's not enough
to make it all okay

You can't play our broken strings
You can't feel anything
That your heart don't want to feel
I can't tell you something that ain't real
Oh, the truth hurts and lies worse
How can I give anymore
When I love you a little less than before?

But we're running through the fire
When there's nothing left to say
It's like chasing the very last train
When we both know it's too late, too late

You can't play our broken strings
You can't feel anything
That your heart don't want to feel
I can't tell you something that ain't real
Oh, the truth hurts and lies worse
So how can I give anymore
When I love you a little less than before?

Let me hold you for the last time
It's the last chance to feel again

最後にもう一度抱き合おう
そうすれば気持ちも変わるかもしれないけど 
ひどく傷ついて
心が壊れてしまったから
もう何も感じない
好きなのに
どうしてもそう思えずに
ウソをついてる気がしたよ
まるで自分じゃない
別の誰かが喋ってる
そんな風に感じてた

苦しくてたまらない
このままでと思ったけど
辛すぎて無理だった
水に流そうとしてみたけど
それくらいじゃだめだった
なにもかも
元通りにはならなかった

2人間を繋いでいた
あの弦は切れたんだ
だからいくら弾いてみても
もう音は聞こえてこない
心からそう願わなきゃ
あの頃の気持ちも戻ってこない
本心じゃないことは
どうしたって言えないよ
現実に向き合うのは辛いけど
芝居を続けるよりはましなんだ
これ以上は無理なんだよ
あの頃と同じ気持ちになれないから

バカみたい
このままじゃお互いダメになる
過去の思い出に縛られて
ままごとをしてるだけだもの

もう何を言っても無駄なのに
それでもまだあがいてる
もう出てしまった最終電車を
必死なって追いかけてるけど
もう手遅れなんだ
間に合わない

苦しくてたまらない
このままでと思ったけど
辛すぎて無理だった
水に流そうとしてみたけど
それくらいじゃだめだった
なにもかも
元通りにはならなかった

2人間を繋いでいた
あの弦は切れたんだ
だからいくら弾いてみても
もう音は聞こえてこない
心からそう願わなきゃ
あの頃の気持ちも戻ってこない
本心じゃないことは
どうしたって言えないよ
現実に向き合うのは辛いけど
芝居を続けるよりはましなんだ
これ以上は無理なんだよ
あの頃と同じ気持ちになれないから

もう何を言っても無駄なのに
それでもまだあがいてる
もう出てしまった最終電車を
必死なって追いかけてるけど
もう手遅れなんだ
間に合わない

2人間を繋いでいた
あの弦は切れたんだ
だからいくら弾いてみても
もう音は聞こえてこない
心からそう願わなきゃ
あの頃の気持ちも戻ってこない
本心じゃないことは
どうしたって言えないよ
現実に向き合うのは辛いけど
芝居を続けるよりはましなんだ
これ以上は無理なんだよ
あの頃と同じ気持ちになれないから

最後にもう一度抱き合って
それでも気持が変わらないなら 
これで本当に終わりにしよう

0 件のコメント:

コメントを投稿