2012年10月5日金曜日

She Wolf デイヴィッド・ゲッタ (David Guetta ft. Sia)

辞書によれば,According to a dictionary, '「She Wolf」とは「雌オオカミまたは貪欲な女」という意味らしい。そこで次に「he-wolf」を検索してみたのですが見つかりませんでした。これは「オオカミ」という単語が基本的に「オスのオオカミ」を表すからなのか,あるいは「男は貪欲」だからなのか。(個人的には後者は正しくないと思いたいですが)。
ところで,先日古本屋でオンライン・デートについての本を買いました。購入の動機は,決してその分野に興味があったからではなく,とにかく105円(税込み)と激安だったからなのですが(本当ですって),読んでみると意外に面白い本でした。要するに,この本の言わんとするところはひとつ:
「男というものは追いかける/狩をするのが好きな動物なの。だから好きなようにさせておきなさい。いい?だから間違っても自分から追いかけちゃダメなのよ」・・・・確かに言えてます。
正直なところ,この曲よりも個人的にはTitaniumの方が好みですが,これはこれでいい曲なので。
A dictionary says that 'She Wolf' means female wolf or a very greedy woman.  I tried to find 'he-wolf' then but couldn't find any there.  Does it mean that a word 'wolf' is supposed to represent a male wolf? Or that a man is greedy?  Well, I don't know but I hope the latter is not true.
Anyway I bought a book about online dating at a secondhand book store the other day.  I bought it not because I was interested in the subject but it cost only 105 yen and cheap. (It's true, believe me.)  Reading it, however, I found it's pretty interesting.  What the book is trying to tell readers is :  Men love chasing/hunting so let them do what they want to do.  Do not chase them yourselves, instead girls.  I think it's pretty true.
Honestly, I perfer 'Titanium' to this song but still it's a good song.
She Wolf  (David Guetta ft. Sia)
A shot in the dark
A past lost in space
Where do I start?
The past and the chase?
You hunted me down
Like a wolf, a predator
I felt like a deer in the love lights

You loved me and I froze in time
Hungry for that flesh of mine
But I can't compete with a she-wolf, who has brought me to my knees
What do you see in those yellow eyes?
'Cause I'm falling to pieces

I'm falling to pieces
I'm falling to pieces
I'm falling to pieces
Falling to pieces

[beat break]

Did she lie in wait
Was I bait, to pull you in
The thrill of the kill
You feel, is a sin
I lay with the wolves
Alone, it seems, I thought I was part of you

You loved me and I froze in time
Hungry for that flesh of mine
But I can't compete with a she-wolf, who has brought me to my knees
What do you see in those yellow eyes?
'Cause I'm falling to pieces

I'm falling to pieces
I'm falling to pieces
I'm falling to pieces
Falling to pieces

[beat break]

I'm falling to pieces
Falling to pieces
I'm falling to pieces
Falling to pieces

もう何をやってもダメなんだね
2人の思い出もどこかに跡形もなく消えてしまった
どこがいけなかったの? それが今もわからない
何かいけないことでもしたの? それとも落とした女にもう用はないの?
あの手この手で誘って来たけど,あれも面白半分だったんだね
気の強い生意気な女を落としてみたかったんでしょ
なのにまんまと騙されて心を許してしまったんだ 本当はそんな強い女じゃないから

一緒に過ごしたあの頃が本当に幸せだったから
なかなかそこから抜け出せない
だけどあれも全部ウソ 体が目当てだっただけ
だから自分に似た女を見つけて,さっさとそっちへ乗り換えた
悔しいけどどうしようもない もう立ち上がる力も残ってない
だけどその女の一体どこが良かったの?
こんなひどいことするなんて

体中がバラバラになるほど
傷ついてしまって
とても立ち直れそうにない
もう元には戻れないよ

そうだよ 2人は似たもの同士
向こうだって狙ってたんだよ あなたのこと ずっと待ち伏せしてたんだ
親しく近づいてきたけど,それも目的があったから
近づくキッカケが欲しかっただけ 本当の狙いはあなただよ
ゾクソクしたでしょ? 私を騙して落とした時
だけどあの時感じたあのスリルは
人としてやっちゃいけないことなのよ
ケダモノのオオカミの中にいたんだね 自分はそうじゃなかったのに
だけど仲間だと思ってた 本当に信じてた

一緒に過ごしたあの頃が本当に幸せだったから
なかなかそこから抜け出せない
だけどあれも全部ウソ 体が目当てだっただけ
だから自分と似た女を見つけて,さっさとそっちへ乗り換えた
悔しいけどどうしようもない もう立ち上がる力も残ってない
だけどその女の一体どこが良かったの?
こんなひどいことするなんて

'体中がバラバラになるほど
傷ついてしまって
とても立ち直れそうにない
もう元には戻れないよ

体中がバラバラになるほど
傷ついてしまって
とても立ち直れそうにない
もう元には戻れないよ

(補足)

この曲,メロディーがキャッチーなだけではなく,おそらくそれほど英語が得意ではない方にも,主人公が裏切られたということだけはある程度伝わる歌詞になっていて,そういう意味で大変良く出来た曲だと思います。

理由はおそらく比喩表現が多いためでしょう。捕食者のオオカミ,草食獣で獲物になる鹿,オトリ,待ち伏せ,仕留めるなどという世界共通のメタファーを使っているので,メッセージがストレートに伝わります。

しかしそれだけに無理のない日本語にするのが難しい。歌詞に登場する「追跡(chase)」「オオカミ」「捕食者(predetor)」「鹿」「肉(flesh)」「餌(bait)」「待ち伏せ(lie in wait)」「仕留める(kill)」などは,恋愛関係に置き換えると一体何を意味するのか?それを無理のない日本語にするのはそれほど容易な作業ではありません。

サビの部分は直訳すると:

You loved me and I froze in time 
Hungry for that flesh of mine
But I can't compete with a she-wolf, who has brought me to my knees
What do you see in those yellow eyes?
'Cause I'm falling to pieces
あなたは私を愛した それで私は時間のなかで凍った
私の肉体に飢えている
だけど私はメスオオカミとは争えない 彼女は私を打ち負かした
その黄色い目のなかに何を見るの?
だって私は今バラバラになってる
いかがでしょうか?Cold Coffeeの時とは異なり,直訳でもある程度イメージは伝わると思います。それがメタファーの力です。しかしこのままでは日本語としてあまりにぎこちない。そこで訳文ではこうなっています。
一緒に過ごしたあの頃が本当に幸せだったから
なかなかそこから抜け出せない
だけどあれも全部ウソ 体が目当てだっただけ
だから自分と似た女を見つけて,さっさとそっちへ乗り換えた
悔しいけどどうしようもない もう立ち上がる力も残ってない
だけどその女の一体どこが良かったの?
こんなひどいことするなんて
(余談)

それにしても,もしこの歌詞をDavid Guetta本人が書いているとしたら,彼はメタファー使いの達人かもしれません。この曲に限らず,Titanium,Laserlightとすぐにイメージが伝わる言葉を選んでいます。そういう意味で個人的に今後も目が離せません。

14 件のコメント:

  1. おお、ゲッタだ!
    初めて聞きましたがいい曲ですねーそして破局ソング・・・
    マルーン5とは違い女性視点で諦めもあるとこが違いますけどね
    アメリカは肉食系女子が多いんでしょうねw

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。肉食系女子の件ですが,リード文でご紹介した本は確かアメリカで出版されたもので,これを読む限りでは私もSUTAN様と全く同意見です。
      他にも「プロフィール欄で延々と自分語りするな(引かれるから)」「最初のメールで御世辞とを言われても信じるな」「メールにはすぐに返信するな(忙しいけど無理して時間作ってるんだなと思わせろ)」等々,色んな意味で実に参考になるアドヴァイス満載でした。
      自分では実践する機会が全くないのでマニュアルとしての意味はなかったかもしれませんが,各章が短く内容も軽かったので息抜きに読むには最適でした。

      削除
  2. 名無しさん@お金ちょっぴり。2012年10月6日 13:43

    Siaの声に釣られてやって参りました。
    SiaとJessie Jは俺の嫁(キリッ

    最近、英語の勉強を始めまして、自分の好きな曲の翻訳を
    のんびりやってるんですが、補足に書いてあった通りの直訳で
    「もっと旨く書けないかなぁ」と不満に思っていた矢先、
    このエントリーを読んで溜飲が下がりました。
    大変勉強になりました。ありがとうございます。

    返信削除
    返信
    1. コメント並びに温かいお言葉をありがとうございます。名無しさん@お金ちょっぴり。様とは怖ろしいほど好みが似ているのですが,ただ嫁の件に関しては,Siaは譲るのでJessie Jは私に譲っていただけないでしょうか。
      名無しさん@お金ちょっぴり。様がいつからJessie Jのファンでいらっしゃるのかは存じませんが,私は昨年の10月4日に彼女のWho You Areを和訳して以来,彼女にこの心を捧げております。
      とはいうものの,お互いに一人の女性を巡って争っていては,その間にどこの馬の骨ともわからぬ輩にJessie Jを奪われる可能性も出て参ります。どうかここはひとつ同盟を結び,そういった輩に対して彼女を守って戦おうではありませんか。

      削除
  3. She Wolf !

    私はEDM(Electronic Dance Music)にはまっていて、こちらのブログはTitaniumの記事からちょくちょく拝見させていただいてました。今回はじめてコメントさせていただきます。(このところチェックできておらず、この記事をみたのも昨晩だったので記事投稿から時間が経ってからのコメントになってしまいました…いまさらすみません。汗)))

    David Guettaはキャッチーなメロディと力強い歌詞、そして次々と迎えるゲストボーカルが良くて、壮大で聴いていて気持ちよくなります〜。
    私も名無しさん@お金ちょっぴり。さんのように最近になって英語を勉強し始めて、この曲も自分なりに翻訳してはみたものの、やはり補足にあった直訳のようになっていました。

    今はリクエストを中断しているとのことですが、再開したら是非ともEDMの歌ものをvestigeさんの訳で聴いてみたいので取り上げていただきたいです〜ってあつかましくてすみません。
    いつもいつも目からウロコの翻訳ってぷりで楽しませていただいております。
    今回も大変勉強になりました!ありがとうございます。

    返信削除
    返信
    1. コメント並びに温かいお言葉ありがとうございます。いつでもどの曲にでもコメントが付けられるというのが本館の特色のひとつなので,公開からどれほど時間が経っていても問題はございません。その方の心に響いた時がその曲の「旬」であると私は思っております。
      さて,余談でも申しましたが,David Guettaはそのメタファー使いの巧みな点とダンスミュージックでありながら「ことチュン」な点が個人的に大変好みです。無論,彼の手がけた曲すべてを取り上げるわけではありませんが,今後も継続的に取り上げる可能性が高いアーティストの一人であることは間違いありません。

      削除
  4. イメージが強烈です。自分はdeerで知らない間にShe WolfとWolfの中にいて、バラバラにされるんですよね・・・。こわいようなインパクトのあるメタファーだと思います。原詩は特に一連目が難しくて、何の事だかさっぱりわかりませんでしたが、訳文を見て納得です。この主人公の人のような目にあったら、本当に身も心もバラバラでしょうね。 ところで、Siaってよく歌を耳にする方ですが、いつまでも聴いていたくなるようなすごい歌唱力だと思います。私は勝手に可愛い感じの黒人の女の子を想像していました。今回あらためて検索してみたら、オーストラリアの白人の女の子だったので、ちょっと意外でした。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。確かに第一連がかなり難しいですね。単なるイメージの連続なので,そこからストーリーを紡ぎだすのに苦労した記憶があります。しかもメタファーの力でなんとなくイメージだけは伝わるところが余計に歯痒い。
      Siaの曲はtitaniumの他にSoon we'll be foundという曲を取り上げております。こちらもかなり毛色の変わった面白い曲なので,お時間があればご覧ください。

      削除

  5. この和訳が一番しっくりきますし、本当、完璧です!わかりやすいし!
    David GuettaはNickiともやってますけど、sirとのコラボが一番好きです!sirの唯一無二の歌い方が彼の音楽ととてつもない化学反応を起こしているような気がして。titaniumもそうですけど、特にこの歌は自分に全くこういった経験がないにも関わらず、心をグッとつかまれてしまうんです。日本の曲だと、知らねぇよ、みたいな感じで終わってしまうんですよ。ま、でも、日本の曲は個人的すぎて意味わからないのが多いですよね。洋楽好きが加速する一方でございます。

    返信削除
    返信
    1. 大変申し訳ないのですが,このページ右上でお知らせしているように,匿名の方にはお返事を差し上げられなくなりました。どのようなものでも結構ですので是非お名前をお知らせください。

      削除
  6. 色々探した結果こちらのサイトに行きつきました。
    拝見させてもらいました。
    とてもわかりやすい良い訳だったです。
    なんか色々考えてしまいますねww

    最近洋楽を良く聞いているんですが、
    David Guettaは、その中でも断トツハマっていますw
    youtube のpvを見て、衝撃でした。
    いったいどんな歌なんだろうと想像したのですが、
    こんな感じなのかあーとまたまた衝撃!

    David Guetta深い!

    歌詞ありがとうございました!!!!

    返信削除
    返信
    1. コメント並びに過分なお褒めのお言葉ありがとうございます。余談でも申しております通り,David Guettaはメタファーの使い方が非常に巧みなので今後も取り上げる機会があるかと存じますので,その際にはまたご覧ください。
      さて,別館(twitter)でも余談を展開しております。まだおいでになっていなければ,お時間があればそちらへも。お待ちしております。

      削除
  7. こんにちは
    以前からこのサイトを拝見しておりました。

    この曲の歌詞は素晴らしいですね。
    英語の歌詞だけでは漠然としか意味を感じ取れませんでしたが、和訳を見て納得できました。
    シーアの歌声も本当に素晴らしいですし、これほど感動した歌詞も久しぶりです。

    返信削除
    返信
    1. コメント並びに温かいお言葉ありがとうございます。実はこのサイトを始めるまでは「メタファーって何?美味しいの?」状態でしたが,素振り(=投稿)を毎日欠かさずやったお蔭でフォームが多少は身についたのかもしれません。sia lover様のお役に立ててなによりです。

      削除