2012年12月26日水曜日

Diamonds リアーナ (Rihanna)

決して彼女が悪いわけではないのですが,Rihannaと聞くと「危うい恋愛関係」を連想してしまうことが少なくありません。ここ本館では,この曲の他に,Love The Way You LieWe Found LoveCalifornia King BedHate That I Love Youの4曲を取り上げていますが,最初のものがDV,次のものが薬物をテーマとしたものです。
ただ,曲の雰囲気について尋ねられた際,本人が次のように語っているため,ここでは普通のラヴソングとして和訳しました:
「悲しい曲じゃなくてハッピーで楽しい曲。希望に溢れた感じで,聞くと気分がよくなる。歌詞は明るくて前向きな歌詞で,愛について歌ったもの。みんなが思うような内容じゃない」
It's not her falut but she often reminds me of some kind of unhealthy relationship.  I translated Love The Way You Lie, We Found Love, California King Bed, Hate That I Love You and this.  The first one is about an abusive relationship, the second one is about drugs.

Being asked about the mood of the song, however, Rihanna answered as follows:
"You're not sad. You're happy and hippie. It's hopeful. It gives me a great feeling when I listen to it. The lyrics are hopeful and positive. It's about love and the gears are different than what people will expect."
Therefore, I translated this as an authentic love song.
Diamonds  (Rihanna)
Shine bright like a diamond
Shine bright like a diamond

Find light in the beautiful sea
I choose to be happy
You and I, you and I
We're like diamonds in the sky

You're a shooting star I see
A vision of ecstasy
When you hold me, I'm alive
We're like diamonds in the sky

I knew that we'd become one right away
Oh, right away
At first sight I felt the energy of sun rays
I saw the life inside your eyes

So shine bright tonight, you and I
We're beautiful like diamonds in the sky
Eye to eye, so alive
We're beautiful like diamonds in the sky

Shine bright like a diamond
Shine bright like a diamond
Shine bright like a diamond
We're beautiful like diamonds in the sky

Shine bright like a diamond
Shine bright like a diamond
Shine bright like a diamond
We're beautiful like diamonds in the sky

Palms rise to the universe
As we moonshine and molly
Feel the warmth, we’ll never die
We're like diamonds in the sky

You're a shooting star I see
A vision of ecstasy
When you hold me, I'm alive
We're like diamonds in the sky

At first sight I felt the energy of sun rays
I saw the life inside your eyes

So shine bright tonight, you and I
We're beautiful like diamonds in the sky
Eye to eye, so alive
We're beautiful like diamonds in the sky

Shine bright like a diamond
Shine bright like a diamond
Shine bright like a diamond
We're beautiful like diamonds in the sky

ダイアモンドみたいに
キラキラと光を放って輝くの

美しい海のなかに光を見つけて
今度は幸せになるの
一緒なら
空に浮かぶダイアモンドみたいに
2人はキラキラと輝いて生きていける

まるで流れ星みたい
見てるだけでうっとりした気持ちになるの
抱きしめられると生きてるって実感できる
一緒なら
空に浮かぶダイアモンドみたいに
キラキラとまばゆい光を放ちながら
2人でこれから生きていける

最初からわかってたよ 運命の人になるって
すぐにそうだとわかったの
出会った時から,お日様の光が当たってるみたいに
温かさに包まれたの
その目には生きる力が溢れてた

だから今夜は2人一緒に明るく輝くの
空に浮かぶダイアモンドみたいに
2人はキレイなんだから
見つめ合うだけで生きる力が湧いてくる
空に浮かぶダイアモンドみたいに
キラキラとまばゆい光を放ちながら
2人でこれから生きていける

ダイアモンドみたいに
キラキラと
まばゆい光を放って輝くの
空に浮かぶダイアモンドみたいに
2人は輝いて生きていける
(2回繰り返し)

手のひらを宇宙の方に向けてみる
そうするとお酒やクスリをやったみたいに*
温かさを感じるの 
このままずっと生きていられる
そんな気がしてくるよ
まるで空に浮かぶダイアモンドみたい

まるで流れ星みたい
見てるだけでうっとりした気持ちになるの
抱きしめられると生きてるって実感できる
一緒なら
空に浮かぶダイアモンドみたいに
キラキラとまばゆい光を放ちながら
2人でこれから生きていける

出会った時から,お日様の光が当たってるみたいに
温かさに包まれたの
その目には生きる力が溢れてた

だから今夜は2人一緒に明るく輝くの
空に浮かぶダイアモンドみたいに
2人はキレイなんだから
見つめ合うだけで生きる力が湧いてくる
空に浮かぶダイアモンドみたいに
キラキラとまばゆい光を放ちながら
2人でこれから生きていける

ダイアモンドみたいに
キラキラと
まばゆい光を放って輝くの
空に浮かぶダイアモンドみたいに
2人は輝いて生きていける


(補足)

この曲はあのSiaが書いたそうで,その点も私がこの曲を普通のラヴソングとして捉える要因の一つになっています。

ただ,それでも歌詞には,diamond,moonshine,mollyなどの薬物やアルコールを連想させる単語が登場する上,薬物摂取による効果と思われる表現(温かさを感じるの,このままずっと生きていられる)なども描かれているので,その線が完全に捨て切れません。実際海外の歌詞サイトでは,その文脈で解釈する方もおいでになるようです。


(余談)

これが恋の高揚感と言ってしまえばそれまでなのですが,何でしょうか,この目のやり場に困る浮かれっぷりは。いくらラブラブだからといって,「ダイアモンドみたいに,キラキラとまばゆい光を放って輝くの,空に浮かぶダイアモンドみたいに,2人は輝いて生きていける」というのは日本人のメンタリティでは考えられないような気がします。

第一,ダイアモンドと言ってむやみに有難がっていますが,化学的に言えば炭素ですから,鉛筆の芯や備長炭とさして違いはありません。また,硬度が高いことで有名なダイアモンドですが,だからといって衝撃に強いわけでは決してなく,金床に置いて上から金槌で叩けば粉々になってしまいます。

無論カットによって「光を乱反射する」という点がダイアモンドの真骨頂であるわけですが,あくまでもそれは鑑賞用の側面であって,実用面でプラグマティックに考えれば,ガラスを切るくらいしか能がない。

それならむしろ遠赤外線の効果で焼き鳥が美味しく焼ける備長炭や字が書ける鉛筆の芯の方が圧倒的に優れていると考えるのは私だけでしょうか?・・・・・・おそらく私だけなんでしょうね。


12 件のコメント:

  1. うわリアーナ!大好きな曲です。取り上げて下さってありがとうございます。
    それにしてもvestige様、いつにもまして余談が冴え渡っておられるご様子。備長炭のくだりには吹き出してしまいました。

    紀州備長炭みたいに
    キラキラと
    まばゆい光を放って輝くの
    空に浮かぶ紀州備長炭みたいに、、、

    返信削除
    返信
    1. コメント並びにお褒めのお言葉ありがとうございます。そら様の「返歌」もなかなかどうしてお見事です。一読して今度は私が爆笑いたしました。
      紀州備長炭,確かに遠赤外線の光は放ってくれそうですが,ダイアモンドと違い,その光がいつまでも持続せず,時間が経つと灰になってしまうのが難点でございましょうか。
      それにしても,余談では「備長炭」としか言及していなかったにもかかわらず,コメント欄で「紀州備長炭」とさりげなく訂正なさるあたり,備長炭だけに,そら様の「熱い」思いが遠赤外線よろしくこちらにもしっかり伝わって参りました。

      削除
  2. 物凄くどうでもいいコメントをしてしまうんですが、
    リアーナと聞くと横浜アリーナを思い出す僕が居ます。。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。一読後,爆笑いたしました。もう虚心で彼女の名前を聞けません。

      削除
  3. おおリアーナ。彼女にはドラッグやDVが関連している曲のイメージがやはるありますがこれは違うようですね
    たしかにダイヤってただの功績ですからね・・・にしてもダイヤってそこまでかたくないんですねw  また賢くなりましたw
    知り合いに炭好きなひとがいるんですがその人が見たらそうだそうだとうなずきそうですw

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。そら様のコメントを拝見して以来,夜空に浮かぶ紀州備長炭のイメージがどうしても消せない私です。このイメージ,大変伝播力が強いような気がするので,sutan様もくれぐれもお気を付けください。

      削除
  4. あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。ダイヤについての余談(と空飛ぶ備長炭w)で、vestigeさんの人柄が窺い知れ、めちゃ面白かったです。

     リアーナ大好きですが、どう考えたってプロモーションする側もリアーナの「危うい」イメージをフル活用してますよね。We Found Loveがあってのこの曲なんだから、どうしたってドラッグと結びつけちゃうし、「空に浮かぶダイヤモンド」ってのも(古い例ですが)ビートルズからの引用という気がします。
     あとvestigeさんの「恋の歌にしては表現が大げさすぎやしない?」という違和感が自分にもあったのでちょっと考えました。ご一読頂けると幸いです。
     まず、この曲の力強い感じのビートや曲調が「うっとりと見つめ合う恋人同士」には不似合いな気がしました(良いムードのところにこんな元気な曲が流れて来たら、自分はダメかも知れないです。。)で考えた結果、歌詞の"You"や"We"がもっと多くの人に掛かっていて、全体としては「恋や性を通して」「力強く生きることへの賛美」を表現しているっていう風にも取れるんじゃないかな?と思いました。(あと、もっと普通の、もっとセクシーな解釈もあり得ますけど。。)それなら、腑に落ちそうかなと。まあ、多少大げさになるのが歌詞の常ですし、向こうの人の方がより大げさな表現に慣れているのは間違いないですが。

    長くなってすいませんでした。では。

    返信削除
    返信
    1. コメント並びに新年のご挨拶ありがとうございます。こちらこそ今年もよろしくお願いいたします。
      さて,曲の中にはミュージック・ヴィデオを見ることで全体像がつかめるものもあるのですが,この曲の場合は,ヴィデオと彼女のコメントとの乖離が激しく,見れば見るだけ混乱します。少なくともヴィデオを見る限り,とても「ハッピーで楽しい曲」であるようには思えません。それでも敢えてという風に解釈しようとすると,なるほどFRE様の仰るような解釈にならざるを得ないような気がいたします。

      ところで,これは私が勝手に妄想したのですが,この曲については,ひょっとするとSiaの元にある日こんな依頼がレイベルから来たのではないでしょうか:
      「Sia様

      いつも大変お世話になっております。
      さて,先日お話ししたRihannaの新曲の件ですが,この度正式にお願いすることになりました。よろしくお願いいたします。
      尚,作詞に際しては,歌詞に以下の文言を必ず織り込んで作曲くださるようお願いいたします。

      「diamond」「ecstasy」「molly」「moonshine」「sunshine」「vision」「warm」

      納期及び料金等の詳細につきましては,当社規定に基づき,添付いたしました別紙にてお知らせしておりますのでご覧ください。」

      それにしてもRihannaと焼き鳥,この曲を和訳するまでは(というか厳密に言は「余談」を書くまでは),考えたことさえなかったコンボですが,あれ以来,焼き網にこびりついたコゲのように脳裏から消えていかなくなりました。「リアーナ,焼き鳥,リアーナ,焼き鳥,リアーナ,焼き鳥,アリーナ,焼き鳥・・・。」

      アリーナで焼き鳥が食べられるとしたら,どう考えてもスポーツ観戦です。

      削除
  5. こんにちは。
    私は英語も出来ませんし、あちらの文化・生活スタイル、スラング等にも疎いので
    和訳だけでなく親切な解説や、vestigeさんの愉快なコメントたちを(時にはにやにやしながら)ありがたく拝見しています。
    ですので時にはお礼のコメントなどしたいと思うのですが、(vestigeさん含め)皆様の才能に嫉妬するばかりです(笑)

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。この曲を取り上げて以来,Rihannaのイメージが,危うく薄幸そうなヒロインから,新橋の(別に新橋でなくても構いませんが)立ち飲み屋で後輩を従え,中ジョッキ片手に焼き鳥の刺さった串をグイッと歯でしごく「リアーナ先輩」へと劇的に変化してしまいました。もう元には戻れないような気がいたします。

      削除
    2. なるほど。Rihanna先輩ですか。
      そうなるとShut Up And Driveはセクシーソングではなく、ただ飲み屋への往復の運転手を後輩に頼んでいるだけにも思えてきます。

      削除
  6. いつもここの和訳に、お世話になっています(*´∀`)
    今さらなのかもしれませんがHate to love you が彼女のファンとして気になって気になって…「Hate that I Love you」のことでしょうか。もしそうであれば訂正してくださると嬉しいです。

    この曲は、出た当時Rihannaが「自分にしては珍しい曲調、でもとても気に入っている」と言うようなことをCDのインタビューで語っていたのを思い出します。しかしベタベタなラヴソングも彼女が歌うと違和感がないですね。Rihannaパワーのなせる技なのか不思議です。

    返信削除