2013年1月13日日曜日

Watchtower デヴリン (Devlin ft. Ed Sheeran)

これは人間の性質なんでしょうか。大変素晴らしいものを表現するとき,例えばSick(ヤバい)などの一見反対の意味を持つ言葉を使う人がいます。この曲のライヴヴィデオ(2番目のもの)を見た時の私がそうでした。「Cool(カッコいい)」と言っても良かったのですが,それでは自分が感じたカッコよさを表現しきれない気がしたので,Sickを使いました。
Songfacts.comというサイトにこの曲についての情報が載っていたのでお知らせします:
イギリス人ラッパーDevlinのセカンドアルバム「A Moving Picture」からの最初のシングルで,ヴォーカルとして,シンガーソングライターのEd Sheeranが参加している。
この曲はメインのコーラス部分をあのBob DylanのAll Along The Watchtowerからとっている他,Jimi Hendrixがこの曲のカヴァーを使用した際に使ったリフも採用している。
DevlinとEd Sheeranは,ミュージック;ヴィデオにも主演しており,武装した警官から逃走する犯人を演じている。これ以外にも,Jamie Winstone (Made in Dagenham),Neil Masker (Kill List), Tilly Vosburgh (EastEnders),George Russo (Doctor Who)などが出演している。
Is this human nature?  To describe something very good, some of us use a word which seemingly means the opposite, like "sick".  I did when I watched the live version of this song (the second one).  I should have said "Cool" but said "Sick!" instead.  I felt cool was not cool enough to express how I felt.
According to Songfacts.com;
This is the first single from English rapper Devlin's second album, A Moving Picture. It features the vocals of singer-songwriter Ed Sheeran.
The song samples the main chorus line from Bob Dylan's "All Along The Watchtower". It also borrows Jimi Hendrix's riff from the guitarist's famous cover of the tune.
Devlin and Sheeran star in the music video as two criminals on the run from armed police. Look out also for appearances by Jaime Winstone (Made in Dagenham), Neil Maskell (Kill List), Tilly Vosburgh (EastEnders) and George Russo (Doctor Who).
Watchtower  (Devlin ft. Ed Sheeran)
(Live/Devlin, Ed Sheeran and Labrihth)
There must be some kind of way out of here
Said the joker to the thief, yeah
There's too much confusion
Mmm I can't get no relief

[Verse 1: Devlin]
Yeah
I see jokers on my left, thieves upon my right
You'd find me in the middle if I picked a different life
Before my name started tripling in size
But I'm still showing signs all attributed to the night...
In the pitch black, it's too cold
I'm all alone take me back to the roads
I had to roam to get here and I'll hitch back
Get a cab to my mother's house
See my old man and grab a six pack
Tell my brother I love him
And give him something that will see him through the hard times
What's a brother for?
When I'm sick of this life I see
It has to be my family who lift me off the floor
Make sense of all the madness in a world full of money, full of tears, full of war..
I was a proud man who worked from the earth up
Save your wine for the entrepreneurs

[Chorus: Ed Sheeran]
All along the watchtower
Princes kept the view
While all the women came and went
Barefoot servants too, yeah
Outside in the cold distance
A wildcat did growl
Two riders were approaching
And the wind began to howl

[Verse 2: Devlin]
Cause your world is the same as mine
Pour more blood in your cup
Take a sip full of sin and let your taste buds savour the buzz
The flavour of an ill-mannered nature
That lingers on as animals in all of us
Trying to fight for the right to live a life
But some will never win though
That's why they live a lie
I don't think I'll ever win
All of this is anything
When I die I hope a brother's at my side *
There's no trap door, or get out clause
The world can be your oyster or a set of jail doors
You've seen mine, I think it's time I see yours
I bet you that we've been scarred by the same swords
Some are lost some are your. some are a life.
Apart from the fact I live my life in the light and now I'm trapped in it
The way I feel within a few years time
I might have a couple kids and just forget I ever wrote this

[Chorus: Ed Sheeran]
All along the watchtower
Princes kept the view
While all the women came and went
Barefoot servants too, yeah
Outside in the cold distance
A wildcat did growl
Two riders were approaching
And the wind began to howl

[Verse 3: Devlin]
Take away the treasure of a man
Convinced that he holds heaven in his hands
Even though I ain't religious I'm a little superstitious
Maybe there is a promised land
But will I make it or not is a different matter
I've been a joker, I've been a thief, I've been a rapper
I've been the only enemy that I can never beat
Give me a piece of mind upon a platinum platter

[Chorus: Ed Sheeran]
All along the watchtower
Princes kept the view
While all the women came and went
Barefoot servants too, yeah
Outside in the cold distance
A wildcat did growl
Two riders were approaching
And the wind began to howl

ここから抜け出す方法があるはずだと
ジョーカーが泥棒に言った
なにもかもめちゃくちゃでわけがわからなくなってる
これじゃとても落ち着けないよ

[Verse 1: Devlin]
そうだ 先のことはわからない
人生という道を歩いてたって
左に振れ過ぎると,厄介ごとの絶えないジョーカーに
右に振れ過ぎると,盗みをはたらく人間になる
俺だって,こんな人生じゃなかったら,きっと普通の生活をして
そういうものとは無縁の人生を送ってて
名前がでっかい活字で印刷されて,紙面を飾ることもなかった
今だって一歩間違えば,日の当たらない人生に逆戻り
そうなったら,お先真っ暗の凍えるような状況でも
ひとりぼっちで誰もいねえ 普通の人生に戻りたいよ
こうなるまで,俺は寄り道してばかり だから帰りはヒッチハイクだ
母ちゃんの家までタクシーで行って
父ちゃんの顔を見て,ビールを飲んで
弟には「元気でな」って言葉をかけて * 
お守りみたいなものを渡すんだ 
これから辛いことが待ってるんだから,そういうものがなきゃダメだ
それくらいのことはやらなきゃな
たとえ自分の人生がイヤになっても
家族がいれば救われる
金がすべてのこの世の中だから悲しみや戦争が絶えねえが
そんなつまんねえ世の中でも,家族がいればやっていける
俺はゼロからここまで来たんだ
そんなワインはいらねえから
金持ちの起業家のためにでもとっとけよ

[Chorus: Ed Sheeran]
遠くまで見渡せるその塔で
景色を楽しめるのは最初からずっと領主だけ
女と言う女が来ては去っていく
はだしの召使も同じだ
寒風吹きすさぶ城の外のはるか向こうでは
野良猫が唸ってる
騎手が2人近づいてくると
風が音を立てて吹き荒れ始めた

[Verse 2: Devlin]
なにしろ,お前が今いるその世界だって,俺のと大して違わない
せいぜい他人様の血をそのカップに注いで
罪深いその喜びを味わって
他人の不幸っていうスリルを心ゆくまで味わえよ
ただし,性質の悪いスリルだから
その後味はいつまででも口の中から消えてかねえぞ
だって誰でも心のなかにロクでもねえところがあるもんだけど
それだっていつまで経ってもなくならないだろ?
必死になって,マトモな人生を送ろうと頑張っても
やっぱりダメなヤツもいる
ヤツらはそれで仕方なくバチあたりな人生を送るんだ
俺だってどうにも勝てる気がしねえ
あれにもこれにも手こずって,何をやってもパッとしねえ
せめて死ぬ時くらい,ダチのそばで死にたいぜ **
人生にゃ,種も仕掛けもありゃしねえ
ここらで一か八か,勝負をかけて打ってでろ
でなきゃムショで腐るのが関の山
さあ俺の人生はもうわかっただろ?今度はお前が話す番だ
けどお前のだって俺のだって,大した違いはないはずだ
今までさんざん傷ついたろ?
もう消えてる傷もありゃ,まだ残ってる傷もある
確かに俺は表街道まっしぐらで,今じゃそこにドップリだけど
たとえそんなもんなかったとしても
このままじゃ,あと数年もすりゃ,ガキの2人もこしらえて
こんなラップを書いてたことさえ,すっかり忘れる気がするぜ

[Chorus: Ed Sheeran]
遠くまで見渡せるその塔で
景色を楽しめるのは最初からずっと領主だけ
女と言う女が来ては去っていく
はだしの召使も同じだ
寒風吹きすさぶ城の外のはるか向こうでは
野良猫が唸ってる
騎手が2人近づいてくると
風が音を立てて吹き荒れ始めた

[Verse 3: Devlin]
盗むんなら
偉そうに天下取った気になってやがる
そういう奴から奪えばいい
別に信心深いってわけじゃないけど,迷信はちょい気になるからな
「約束の地」ってのもあるかもしれねえ
ただそうしたからって言ったって
そこへ行けるかどうかはまた別の話
この自分を振り返ると
今まではジョーカーだったり,泥棒だったり,ラッパーだったりで
どうやっても,思い通りにならなかったけど
プラチナディスクでも達成すりゃ
ちったあ変化があるかもな

[Chorus: Ed Sheeran]
遠くまで見渡せるその塔で
景色を楽しめるのは最初からずっと領主だけ
女と言う女が来ては去っていく
はだしの召使も同じだ
寒風吹きすさぶ城の外のはるか向こうでは
野良猫が唸ってる
騎手が2人近づいてくると
風が音を立てて吹き荒れ始めた

(補足)

*     この曲の第1連と第2連には同じbrotherという単語が登場します。この同じ単語を,第1連では「弟」,第2連では「ダチ」と訳し分けていますが,その理由は前者はmy brother,後者はa brotherとなっているためです。

**    第2連に登場する「When I die I hope a brother's at my side 」の箇所,Devlinが歌っているのを聞くと,brotherではなくloverと言っているように聞えます。したがって,この場合は対応する訳文が「せめて死ぬ時くらい,恋人のそばで死にたいぜ」になります。

Bob DylanのAll Along The Watchtowerの歌詞の中に登場する「prince」は警察を「tower」は刑務所を表しているという説もあるようです。

(余談)

リード文でも申しました通り,この曲はBBCのRaido 1のスタジオでのライヴで知りました。昨年の8月のことです。それから苦節5か月。「お蔵入り」の危機を何度も乗り越え,やっと一応の完成を見ることが出来ました。

この曲,ミュージック・ヴィデオがついているのですが,曲そのものを味わいたい場合には,ライヴ・レコーディングの方をご覧になることをお勧めします。なぜなら,前者の場合,Devlinはなかなかいい演技をしているのですが,相方のEd Sheeranがマズい。

ミュージシャンとしての彼には,個人的に最大級の賛辞を惜しまない私ですが,役者の道は諦めた方がいいような気がします。とにかく「小芝居」と言わざるをせざるをえないような大根役者っぷり。ために,観ていると本来笑うべきではない箇所で爆笑してしまい,曲そのものに集中できなくなってしまうからです。

ただ,それでも「敢えて」と仰るのであれば,私もこれ以上は申しません。いやむしろ落ち込んだ時にはそちらのミュージック・ヴィデオの方がいいかもしれません。


6 件のコメント:

  1. これは・・・いろんな意味で衝撃作ですよね(笑)
    も~このLive版は絶対に見ないと損!!というくらいカッコイイ。久々に見たら、ゾクゾクきました。
    本歌がBob Dylanだったのは知らなかったです。いい曲なので、お蔵入りせずに投稿されて、皆様に見ていただけるのは喜ばしいことです・・・が、このMVはお蔵入りして欲しかった~~(泣)わたしは見てるのが居たたまれないです。うう、この大根め・・・

    それはともかく、The A Teamグラミー賞ノミネートおめでとう!Edはこういったラッパーとのコラボだったり、You Need Meのような曲もすごくいいので、グラミー賞にノミネートされた曲以外もどんどん聴いてもらいたいです。You Need Meはvestigeさんの訳が特に優れているので、おすすめですよ~。





    返信削除
    返信
    1. コメント並びに賛同のお言葉,そして強力なご推薦をありがとうございます。とにかく,このライヴ版のヴィデオは本当にクールで,見るたびに感動いたします。
      確かにEd Sheeranはラッパーとのコラボも大変素晴らしい。彼が参加することで,馴染みのない者にはやや飲み込みにくいラップという錠剤もかなり飲みやすくなります。その意味で,Bruno Mars同様に彼も「ミダス王」なのかもしれません。
      それはともかく,本館で彼のThe A Teamを取り上げたのが一昨年2011年でした。以来1年以上が経過しているですが,未だにこの曲を探してお見えになる方がいらっしゃることに驚かされます。ヒット曲がめまぐるしく入れ替わる中で,本当に優れた曲のみに許された勲章だと思います。

      削除
  2. この曲のプロデューサーであるLabrinthは以前にDevlinと曲をReleaseしてますが
    あんまり売れませんでした。しかし今回はEd Sheeranというスパイス?が入ったことによってまあまあヒットしたようですね
    Labrinthはfeat.LabrinthでReleaseした際にヒットした曲は
    Tinie Tempahとの曲のみなので
    メイン曲かこの曲のような裏方(曲制作)のほうがいいのかもしれませんね
    "Beneath Your Beautiful"のようなバラード曲はマレなのか最近だと
    Rihannaのニュー・アルバムに曲提供している"Lost In Paradise"のような
    独特な感じの曲を提供しているようですね

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。いつもながらNick様は(以下同文)。ライヴ・ヴィデオのYTのコメント欄では,「(Labrinthは)一体何のためにいるんだよ?」(彼はずっとコーラスを担当しています)と散々な言われ方をしているLabrinthですが,好きなアーティストなので今後も頑張ってほしいと思っております。
      それにしてもこの曲,メインはDevlinなのに,コメントがEd SheeranとLabrinth絡み。前者はfeaturingなので無理からぬところとしても,Devlinに対して一抹の申し訳なさを感じるのは私だけでしょうか?

      削除
  3. やはり知名度のせいでしょうか
    前者(Ed)はいままさに脂が乗っている状態で後者(Labrinth)はUKでは既に
    何度も全英1位を記録し、まだデビューしていないアメリカでも
    Windows8のCMなどで曲が使われてほんの少し知られているとこまできてますし


    あとちょっと無理やりですが
    悪いニュース?で今年、以前から注目されていた
    Janet Devlinという10代の女性もデビューします
    これによってYouTube検索でDevlinと検索した際には
    彼女の動画で埋まってしまいDevlin(Rapper)の動画は下の方へ・・・
    なんてことも近い将来ありそうです
    現にいま検索すると彼女のオーディション時代の動画が1番にきます。。
    私個人としてはDevlinというラッパーは数年前から知っていましたし
    好きです。Runawayという曲はいまでもよく聞く大好きな1曲です
    なのでブリティッシュなまりのRapで
    これからもいろんな曲を出して欲しいと願ってます(なぜか応援メッセージになってしまいました笑)

    返信削除
    返信
    1. 再び熱いコメントありがとうございます。さすがはNick様(以下同文)。音楽情報に大変お詳しいNick様と違い,私がDevlinを知ったのは,EdのYou Need Me, I Don't Need Youを聴いた頃,約1年ほど前ですが,低めで特徴のあるいい声だと思います。こうなったら,Nick様と私でJessie Jに続き,Devlin私設応援団を結成すべきかもしれません。
      それにしても,このBBCのRaido 1,聞くところによると,philosophyというかキャッチフレーズが「Unheard and Unsigned」らしく,ために比較的無名で大手レイベルとも契約していないアーティストが登場することが多いそうです。

      削除