2014年6月18日水曜日

Watch The Sun Come Up エグザンプル (Example)

The Ministry of Sound blogに,この曲の着想をどこから得たのかと聞かれた際,Exampleは休暇で行った旅先での恋というものを扱った曲を作ってみたかったし,またそれと同時に,休みが終わった後に襲ってくる落ち込みについても扱ってみたかったと答えています。
歌詞は大変わかりやすく,個人的には「できれば一緒に連れて帰って,みんなに自慢したいけど,でも実際にそうしたら,まるで魔法のような,2人の間の不思議な気持ちは,きっと消えていくんだな」の箇所が特にいいと思います。まさにその通りです。
Being asked by The Ministry of Sound blog where the inspiration for the song came from, Example answered he's just wanting to sum up the whole holiday romance thing.  He also said he wanted to talk about the aftermath, such as the post holiday depression as well.
The lyrics are pretty self-explanatory.  In my opinion, the best lines are, "if only I could take you back and just show you off, But I guess if I did that, the magic is lost."  True.
Watch The Sun Come Up  (Example)
[Intro: David Stewart]
Hey, good morning
Hey, it's calling
Hey, good morning
Watch the sun come up
It's calling
I want another day with you

[Verse 1: Example]
How can I explain it? Scratching my brain
How can 10 hours feel like 10 years?
I cry 10 men's tears as it disappears
Along with the passionate atmosphere
Took your glove as a souvenir
Left the other on the pillow as I stroked your ear
One last breath of your hair, stared for a second
Then the doorway beckoned
See I'm a lover not a fighter
So I didn't fight the fact that I more than liked ya
Didn't matter we were under influence
Made sense this was more than lust
I don't own you, you don't own me
One night only, if only
I could take you back and just show you off
But I guess if I did that, the magic is lost

[Pre-Hook: Example]
Believe me I wanna stay
But I'm off and away

[Hook: David Stewart]
Hey, good morning
Watch the sun come up
It's calling
I want another day with you

[Verse 2: Example]
You and that red dress - what a pairing
I kept staring, you couldn't have said less
Can't let my head rest, thinking about ya
Really wanna look into your catwoman eyes
Turn back time, cause it flies by
You know, them Marty mcfly vibes
See, I can picture the bright lights
Sights and night skies and boats go by
I don't why it happened so fast
When I tried to speak your language I'm happy you laughed
Cause I'm hardly a linguist
Spoke through kisses you didn't speak English
And It was hard to distinguish
Love at first sight or holiday romance?
Don't care I was lost in the moment
I really shoulda missed that flight

[Pre-Hook: Example]

[Hook: David Stewart]

[Bridge: Example]
I don't think I could be dreaming I felt your touch
No I remember you breathing when I woke up
Now all I have are these memories I can't trust
Just one day, won't be enough

[Hook: David Stewart x2]

[Intro: David Stewart]
お早う
時間が来たんだよ
目が覚めたか?
見ろよ日が昇ってる
もう行かなきゃな
だけどもう1日だけ
お前と一緒に過ごしたいよ

[Verse 1: Example]
どうやってわかってもらえばいいんだよ?
ずっと気になって仕方ない
お前と一緒に過ごしたのは
まだ10時間しか経ってないのに
もう10年も経った気がする
山ほど涙を流してる
あの熱い空気と一緒に
あの時間が消えてしまったから
その手袋の片方を
記念にこうして持って来た
そしてもう片方は
お前のあの枕の上に
そのままにして置いて来た
お前の耳の辺りを撫でて
最後にもう一度
その髪の香りを嗅いで
少し見つめたら
もうそこから出て行く時間だ
わかるだろ?
俺は素直なヤツなんだよ
特に頑固なわけじゃない
だからお前に対しては
好意以上の特別な
何かがあるって認めるよ
お互いに酔ってたせいだったとしても
寝るのが目的だけじゃないって
考えた方が自然な気がする
お互い相手は束縛しない
一晩だけの関係だ
できれば一緒に連れて帰って
みんなに自慢したいけど
でも実際にそうしたら
まるで魔法のような
2人の間の不思議な気持ちは
きっと消えていくんだな

[Pre-Hook: Example]
ウソじゃない
ここにずっといたいんだ
だけどもう行かなきゃならない

[Hook: David Stewart]
目が覚めたか?
見ろよ日が昇ってる
もう行かなきゃな
だけどもう1日だけ
お前と一緒に過ごしたいよ

[Verse 2: Example]
お前とあの真っ赤なドレス
最高の組み合わせ
俺は目が釘付けで
ずっとお前を見つめてたけど
お前はほとんど何も言わなかった
心が揺れて休まらない
お前のことを考えてると
まるでキャット・ウーマンみたいな
その瞳を本当に見つめていたい
時間を巻き戻したい
すぐに過ぎてしまうから
わかるだろ?
あのバック・トゥ・ザ・フューチャーの
マーティみたいな気持ちだよ
なあ,あの時の
眩しい灯りや景色や夜空
通り過ぎてくボートなんかを
今でも思い描けるぜ
わからない
こんなに早く起こった理由が
お前の言葉を喋ろうと
頑張っていた時は
笑ってくれればそれでよかった
語学にゃ自信がなかったから
意思疎通はキスでした
お前も英語はできなかったしな
なかなかわからないものなんだ
あれが一目惚れヤツなのか
それともただの旅先の
遊びってヤツなのか
あのまま時間が止まっても
別にそれでも良かったんだ
あの便を見送ってればよかったんだよ

[Pre-Hook: Example]

[Hook: David Stewart]

[Bridge: Example]
まさかあれは夢じゃないよな?
その手の感触がまだ残ってる
それに目が覚めた時
お前がそばで寝息を立ててた
そのことも覚えてる
なのにもう自分には
そんなあやふやな
思い出しかもう残ってない
たった1日じゃ
どうやったって足りないぜ

[Hook: David Stewart x2]

(余談)

ミュージック・ヴィデオを見ながら「ロマ・コメかい!」とツッコミを入れたくなったのは私だけではありますまい。実はこのヴィデオの直前にColdplayのParadiseのヴィデオを見ていたため,余計にこのヴィデオの作りに違和感を覚えたのですが,ミュージック・ヴィデオというものの本質に照らして考えれば,後者の方が遥かに「ミュージック・ヴィデオのあるべき姿」からは逸脱しているわけで,それを基準にして前者の「ロマ・コメ」路線を批判するのは筋違いであるかもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿