2015年11月15日日曜日

I Can't Help Falling In Love With You エルヴィス・プレスリー (Elvis Presley)

ラジオやTV,映画などで今までに何度も耳にした曲なので,この曲の歌詞も意味もわかっているつもりでしたが実際には違いました。今回初めて歌詞全体を知ることができました。ところで主人公は相手に「そんなに悪いことなのか?好きだっていうそれだけで突っ走ってしまったら」と問うています。そんなハズはないとわかっていて本人はそう言っているのだと思われますが,仮に相手がそうだと答えたら,一体主人公はどうするつもりなんでしょうか?
On radio, on TV and in films I've heard this song so many times before,  So I thought I knew the lyrics quite well both the words and the meanings.  Actually I didn't.  It's not until this time that I learned the entire lyrics for the first time.  Anyway, the narrator asks the second person if it'd be a sin to fall in love with them.  I know he's pretty sure that it wouldn't.  What he'd do if they should say it would.  
I Can't Help Falling In Love With You  (Elvis Presley)
Wise men say only fools rush in
But I can't help falling in love with you
Shall I stay, would it be a sin
If I can't help falling in love with you
Like a river flows surely to the sea
Darling, so it goes
Some things are meant to be
Take my hand, take my whole life too
For I can't help falling in love with you
Like a river flows surely to the sea
Darling, so it goes
Some things are meant to be
Take my hand, take my whole life too
For I can't help falling in love with you
For I can't help falling in love with you

大人には
そんなに慌てるもんじゃないって
叱られると思うけど
どうしても
この気持ちは抑えられない
我慢しなきゃダメなのか?
そんなに悪いことなのか?
好きだっていうそれだけで
突っ走ってしまったら・・・
たとえ放っておいたって
川は海に流れてく
世の中そういうものなんだ
運命ってのはきっとある
差し出した
この手にどうか応えて欲しい
なにもかも捧げるよ
だってなにをどうしても
この気持ちは抑えられない
たとえ放っておいたって
川は海に流れてく
世の中そういうものなんだ
運命ってのはきっとある
差し出した
この手にどうか応えて欲しい
なにもかも捧げるよ
だってなにをどうしても
この気持ちは抑えられない
好きにならずにいられない

(余談)

有名な冒頭の「Wise men say only fools rush in」はある程度の英語のわかる人なら十分に理解できる文章ですが,これを自然な日本語しようと思うと予想以上に困難です。

直訳すれば「慌てるのはバカだけだと賢者は言う」ですが,こうやってしまうとまるで何かのRPGのセリフのように聞こえてしまい,この定番ラヴ・ソングが台無しになってしまいます。

そこで(色んな意味で)頼りになるGoogle大先生にご登場願ったわけですが,さすがは大先生だけあって,凡人には及びもつかない斬新な訳文をご提示くださいました。曰く;

「賢者は唯一の愚か者で急い言います。」

・・・何故か台湾出身の友人を思い出しました。

4 件のコメント:

  1. google大先生が仰ることは僕たち凡人では理解に及びません。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。まさしく仰る通りです。

      削除
  2. 往年の名曲ですから、流石にこちらを存じておりますが、それにしても不思議なくらい体が覚えているのか?すらすら歌えている私に…「あれ?なんでだっけ?」と…あれこれ記憶を辿りはじめたところ……レゲエ調で憶えている感覚が蘇りました。

    昔々…CD店のPOP頼りに仕入れたUB40のアルバム 「Promises and Lies」。その中の(I Can't Help) Falling In Love With Youの演奏?楽器音が、とてもお気に入りだったことを思いだし、MVを初視聴すると…シャロンストーンの「ガラスの塔」映像が使用されていたので、不思議に思い調査したら…作品主題歌だったご様子でした。シャロンストーンといえば、「氷の微笑」…。
    小説を読みビデオ購入し、彼女の美しさにも憧れていた自分を思い出します…。

    と、相変わらず…「nekkoのひろがる記憶の世界を辿る~連想ゲーム大脱線~」
    を楽しませて頂くことが出来ました。いつもほんとうにありがとうございます。

    往年の名画、名曲から時代背景が映し出されるというか、当時の恋愛観を感じられたりしますが…今時から見れば、気持ち悪かったり、ストーカーのように思えたり、化石的な恋愛表現に思えたりもすることもあるのかもしれません。

    ですが?……綴られる対訳から真っ直ぐな想いを感じグッときました。
    「だってなにをどうしても、この気持ちは抑えられない、好きにならずにいられない」
    だなんて。
    やっぱり素敵だなあ…としみじみ思いました。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。Elvisというとあのやたらにフリンジのついた派手な衣装しかイメージできなかったのですが,先日ふとこの曲を耳にして彼の歌の素晴らしさに今更ながら圧倒されました。さすがは「キング」です。

      削除