2017年9月21日木曜日

Play That Funky Music ワイルド・チェリー (Wild Cherry)

アーティストにとって音楽のスタイルを変えるというのはなかなかに大変なことで,そのせいでファンが離れて行ってしまうことも少なくありません。Taylor Swiftはカントリーからポップへと転身したということで数年前批判されたんだとか。とはいうものの,最初と同じスタイルに固執すればいいかというと,そのせいで芸が伸び悩んでしまう場合もあります。
It's not easy for artists to change their music style completely.  It often costs them their fan base.  I heard Taylor Swift was criticized for changing her music from country to pop several years ago.  Sticking to their original music style, however, sometimes compromises their artistry.  
Play That Funky Music  (Wild Cherry)
[Intro]
Hey, do it now
Yeah, hey

[Verse 1]
Hey, Once I was a funky singer
Playin' in a Rock and Roll Band
I never had no problems, yeah
Burnin' down the one night stands
And everything around me, yeah
Got to stop to feelin' so low
And I decided quickly (Yes I did)
To disco down and check out the show

[Hook]
Yeah, they was dancin' and singin' and movin' to the groovin'
And just when it hit me somebody turned around and shouted
Play that funky music white boy
Play that funky music right
Play that funky music white boy
Lay down the boogie and play that funky music till you die
'Till you die
Oh ya, ya

[Verse 2]
I tried to understand this
I thought that they were out of their minds
How could I be so foolish (How could I)
To not see I was the one behind
So still I kept on fighting
Well, losing every step of the way
I said, I must go back there (I got to go back)
And check to see if things still the same

[Hook]
Yeah they was dancin' and singin' and movin' to the groovin'
And just when it hit me somebody turned around and shouted
Play that funky music white boy
Play that funky music right
Play that funky music white boy
Lay down the boogie and play that funky music till you die
'Till you die, ya
'Till you die

(Gonna play some of that electrified funky music, yeah)

[Guitar Solo]

(Hey, wait a minute)

[Verse 3]
Now first it wasn't easy
Changin' Rock and Roll and minds
And things were getting shaky
I thought I'd have to leave it behind
But now it's so much better (it's so much better)
I'm funking out in every way
But I'll never lose that feelin' (no I won't)
Of how I learned my lesson that day

[Extended Hook]
When they were dancin' and singin' and movin' to the groovin'
And just when it hit me somebody turned around and shouted
Play that funky music white boy
Play that funky music right
Play that funky music white boy
Lay down the boogie and play that funky music till you die
'Till you die
Oh' till you die
They shouted play that funky music
(Play that funky music)
Play that funky music
(You Gotta keep on playin' funky music)
Play that funky music
(Play that funky music)
Play that funky music
(Come and take you higher, ya)
Play that funky music white boy
Play that funky music right, yeah
Play that funky music white boy
Play that funky music right
Play that funky music white boy
Play that funky music right
*
 [Intro]
やるなら今だ
Hey, do it now
Yeah, hey

[Verse 1]
なあ聞いてくれ,ファンクが大好きだったけど
ロックバンドで歌ってた
それで上手く行ってたし
ショウをすれば受けてたし,群がる女も結構いたよ
だけど周りを見てみると
どうもパッとしなかったから
それですぐ決めたんだ(本当だぜ)
ディスコをやって盛り上げて,ショウを終わりにしようって

[Hook]
そうなんだ,周りはみんなカッコいい曲に合わせてダンスして,歌って体動かしてたよ
そのことに気が付いた時,こっちの方を誰かが向いて,大声で言ったんだ
白人だっていいんだよ,ファンキーな曲をお前らやれよって
ああいうファンキーなヤツをやればいいんだよって
ブギなんかは放っといて,死ぬまでずっとファンキーな曲をやってろよって
生きてるうちはいつまでも

[Verse 2]
一体何を言われてるのか,それがさっぱりわからなかった
思ったよ,おかしいのはヤツらの方で
バカじゃないんだ,わかるだろって(当たり前だ決まってる)
決めるのはこっちだぞって
だからそのまましばらくは「ちょっとな」って思っていたよ
だけど周りの状況はどんどん悪くなっていく
それでこう言ったんだ,いっぺん元いたとこに戻って(戻ってみなきゃダメだろう)
あの頃と何が変わっているのかを確かめなくちゃダメだって

[Hook]
そうなんだ,周りはみんなカッコいい曲に合わせてダンスして,歌って体動かしてたよ
そのことに気が付いた時,こっちの方を誰かが向いて,大声で言ったんだ
白人だっていいんだよ,ファンキーな曲をお前らやれよって
ああいうファンキーなヤツをやればいいんだよって
ブギなんかは放っといて,死ぬまでずっとファンキーな曲をやってろよって
生きてるうちはいつまでも

(エレキギターでファンキーなああいう曲をやるんだよ)

(いいかちょっと待ってくれ)

[Verse 3]
最初はなかなかできなかったね
ロックンロールスタイルだとか考え方を変えたから
色んなことがあやふやで危なっかしくなってった
諦めなくちゃダメかもなって,最初の頃は思ってたけど
あの頃よりもはるかにマシに,ようやくなってきはじめた(あの頃よりもずっといい)
今だってあの手この手でこっそりと手を引こうとしてるけど
この先絶対忘れられない
あの日あんな風にして何かを学んだことだけは

[Extended Hook]
そうなんだ,周りはみんなカッコいい曲に合わせてダンスして,歌って体動かしてたよ
そのことに気が付いた時,こっちの方を誰かが向いて,大声で言ったんだ
白人だっていいんだよ,ファンキーな曲をお前らやれよって
ああいうファンキーなヤツをやればいいんだよって
ブギなんかは放っといて,死ぬまでずっとファンキーな曲をやってろよって
生きてるうちはいつまでも

(余談)

元々はハードロック・バンドだったWild Cherry。「ファンクをやれ」と言うファンの言葉をキッカケにして書いたディスコ調のこの曲が,彼らの最大かつ唯一のヒット曲となったのは皮肉ですが,あのサー・アーサー・コナン・ドイルも,本当は歴史小説で評価されることを望んでいたにもかかわらず,そうではないシャーロック・ホームズの方が代名詞になってしまったようです。

人生なかなか自分の思い通りにはいかないもののようです。

0 件のコメント:

コメントを投稿