2018年3月11日日曜日

Grace (We All Try) ラガンド・ボーン・マン (Rag'n'Bone Man)

チェスのゲームが最初の一手から始まることはご存知だと思いますが,その一手は失敗だということをご存じでしょうか?最初にチェス盤の上に駒が全て並んでいる状態では,どの駒も完全に拮抗しています。別の言い方をすれば均衡状態にあるわけですが,最初の一手を打つ(というのは将棋の言い方ですが)ことによって,その均衡状態が崩れ,混沌(カオス)に向かって連鎖反応が始まります。
You know every chess game starts with the first move.  Do you know the move is actually a 'mistake'?  When all pieces are set on a chess board at the start, they are perfectly balanced each other.  In other words, they're in equilibrium.  The first move is to break it and trigger a chain reaction leading to a chaos.
Grade (We All Try)  (Rag'n'Bone Man)

[Verse 1]
Said I loved you without hesitation
So easy for you to break my foolish heart
Now I wonder if you ever speak my name
Will I always be defined by my mistakes?

[Chorus]
In the eyes of a saint I'm a stranger
We're all trying to find a way
At the death of every darkness there's a morning
Though we all try
We all try
We're all one step from grace

[Verse 2]
I made myself believe
There was no fight left in me
But redemption doesn't fall down at your feet
In the half light
We raised a hand to my defeat
And I watched the world fall
And I rebuilt it piece by piece

[Chorus]
In the eyes of a saint I'm a stranger
We're all trying to find a way
At the death of every darkness there's a morning
Though we all try
We all try
We're all one step from grace

[Bridge]
I wonder why we give up on love
When it's always within reach
You and I, we suffered this enough
We all try
We all try
We're all one step from grace

[Chorus]
In the eyes of a saint I'm a stranger
We're all trying to find a way
At the death of every darkness there's a morning
Though we all try
We all try
We're all one step from grace

 [Verse 1]
言い切っただろ?お前が大事なんだって
けどおめでたい俺の気持ちを,あっさりお前は裏切った
今もふと考える,俺のことちょっとでも話題に出しているんだろうか?
この先ずっといつまでも,俺には過去の失敗がついてくるってことなのか?

[Chorus]
ご立派な人から見たら,俺なんて余所者に見えるはず
人間みんな誰だって,どうにかしようともがいてる
暗い夜の終わりには,朝がやって来るものだから
誰だってみんな必死に頑張ってるし
努力だってしてるけど
所詮どんな人間も,完璧な人間なんかにゃなれないよ

[Verse 2]
自分で思い込ませてた
闘志なんてなくなったって
だけど何もせずにいたんじゃ,償いなんてできゃしない,空から降ってくるわけじゃない
薄明るい光の中で,片手を上げて負けを認めて
この世界が目の前で,崩れて消えていったけど
崩れたガレキを拾い集めて,また世界を作り直した

[Chorus]
ご立派な人から見たら,俺なんて余所者に見えるはず
人間みんな誰だって,どうにかしようともがいてる
暗い夜の終わりには,朝がやって来るものだから
誰だってみんな必死に頑張ってるし
努力だってしてるけど
所詮どんな人間も,完璧な人間なんかにゃなれないよ

[Bridge]
みんなどうして諦めるんだ?
手を伸ばせばすぐそこに,愛はいつでもあるものなのに
お前も俺もお互いに,もう十分苦しんだ
誰だってみんな必死に頑張ってるし
努力だってしてるけど
所詮どんな人間も,完璧な人間なんかにゃなれないよ

[Chorus]
ご立派な人から見たら,俺なんて余所者に見えるはず
人間みんな誰だって,どうにかしようともがいてる
暗い夜の終わりには,朝がやって来るものだから
誰だってみんな必死に頑張ってるし
努力だってしてるけど
所詮どんな人間も,完璧な人間なんかにゃなれないよ

(余談)

リードでチェスの話を出したのには理由があります。主人公は「所詮どんな人間も,完璧な人間なんかにゃなれないよ (We're all one step from grace)」と言っていますが,仮にもし我々が「完璧な人間」だとしたら,この世界はある意味「止まって」しまいます。

チェスにしても,均衡を保っている完全な状態を崩さない限りゲームは始まりません。確かにそれは美しく整った世界ですが,別の言い方をすれば,何も変わらない「死」の世界です。

仮にあらゆる人間が「こうすべき」という規範いわばプログラム通りに行動したら,穏やかで調和の取れた世界が粛々と展開されるだけで,そこに「驚き」や「発見」はありません。結果が予め決まっているからです。

だとすれば,人間は完全ではなく不完全なもの,いわゆる神のご意志にはどうしても添えないものであるけれど,それゆえこの世の中が動いていくと考えた方が遥かに生きやすくなるような気がします。

0 件のコメント:

コメントを投稿