2012年1月12日木曜日

Just When I Needed You Most ランディ・ヴァンウォーマー(Randy VanWarmer)

この曲を書いて歌っているRandy VanWarmerは1955年3月30日に生まれ、8年前の2004年の今日1月12日に白血病で亡くなりました。あれから8年。ただの一発屋として語られることの多い彼ですが、実際には非常に優れたソングライターでした。このヴィデオについたファンのコメントによると,その気になればどんな種類の曲でも書けたのだから,もっと長生きしてまたヒットを飛ばし、世間が間違っていたことを証明して欲しかったとか。いみじくも歌詞にこうあります。「すごく会いたいのは今なのに ひどいよそんな時にいないなんて」。どうか安らかに眠ってください。
The singer and songwriter Randy VanWarmer was born on March 30, 1955 and died of leukemia on January 12, 2004.  Seven years have passed since he passed away.  People often refer him as a One-hit wonder but actually he was a great songwriter.  One of his big fans commented on the video saying that he could have written any kind of music if he just wanted to and should have lived longer to prove them wrong.  Like the song, "he left us just when we needed him most".  R.I.P.
Just When I Needed You Most (Randy VanWarmer)
You packed in the morning
I stared out the window
And I struggled for something to say
You left in the rain without closing the door
I didn't stand in your way

Now I miss you more
Than I missed you before
And now where I'll find comfort, God knows
'Cause you left me
Just when I needed you most
Yes, you left me
Just when I needed you most

Now most every morning
I stare out the window
I think about where you might be
I've written you letters that I'd like to send
If you would just send one to me

'Cause I need you more
Than I needed before
And now where I'll find comfort, God knows
'Cause you left me
Just when I needed you most
Yes, you left me
Just when I needed you most

You packed in the morning
I stared out the window
And I struggled for something to say
You left in the rain without closing the door
I didn't stand in your way

Now I love you more
Than I loved you before
And now where I'll find comfort, God knows
'Cause you left me
Just when I needed you most
You left me
Just when I needed you most
Oh, you left me
Just when I needed you most

その朝、君は荷物をバッグに詰めて帰る支度をしてた
窓の外を眺めながら
何か言わなきゃと必死に考えてたけど
君はドアも閉めないでそのまま雨の中に消えていった
引き止めることもできなかったよ

今寂しくてたまらない
前はそうじゃなかったから
余計に一人なのが耐えられない
もう君はそばにいない
すごく会いたいのは今なのに
ひどいよそんな時にいないなんて

ほとんど毎朝
窓の外を眺めては
今どこにいるんだろうと考えてる
手紙を書いたけど出したら
返事をくれるかな

どうしても会いたいんだ
自分でも意外なくらい
心の隙間が埋まらない
もう君はそばにいない
すごく会いたいのは今なのに
ひどいよそんな時にいないなんて

その朝、君は荷物をバッグに詰めて帰る支度をしてた
窓の外を眺めながら
何か言わなきゃと必死に考えてたけど
君はドアも閉めないでに雨の中に消えていった
引き止めることもできなかったよ

やっと自分の気持ちに気づいて
本当に大切なものがはっきりわかった
だから余計に辛いんだ
もう君はそばにいない
すごく会いたいのは今なのに
ひどいよそんな時にいないなんて

会いたくてたまらないのに
君はここにいないんだね

0 件のコメント:

コメントを投稿