2013年7月19日金曜日

True Colors シンディ・ローパー (Cyndi Lauper)

「だから怖がらずに見せてほしい,そのままの本当の姿を,本当のあなたはきれいで,虹のように輝いてるんだから」とCindi Lauperは歌っていますが,「本当の自分」を他人に見せる,とりわけ大切な人に見せるのは非常に難しい。「本当の自分を見せてしまったら嫌われてしまう」「本当の姿を見せてしまったら今の関係が壊れてしまう」などと考えて,まるで振り子のように「本当の自分」と「周りの望む自分」との間を揺れています。皆さんは大切な人に「本当の姿」を見せる勇気がありますか?私自身はないような気がします。
"So don't be afraid to let them show, Your true colors, True colors are beautiful, Like a rainbow,"Cyndi Lauper sings but it's so hard to show our "true color" to others, especially to those we love.  Thinking "If they knew who I am, they'd hate me" or "If I let them see true me, it would cost what we have right now," we are always swinging like a pendulum between our true self and ourselves that other people expect us to be.  Are you courageous enough to show your "true color" to the one you love?  I don't think I am.
True Colors  (Cyndi Lauper)
You with the sad eyes
Don't be discouraged
Oh I realize
It's hard to take courage
In a world full of people
You can lose sight of it all
And the darkness inside you
Can make you feel so small

But I see your true colors
Shining through
I see your true colors
And that's why I love you
So don't be afraid to let them show
Your true colors
True colors are beautiful,
Like a rainbow

Show me a smile then,
Don't be unhappy, can't remember
When I last saw you laughing
If this world makes you crazy
And you've taken all you can bear
You call me up
Because you know I'll be there

And I'll see your true colors
Shining through
I see your true colors
And that's why I love you
So don't be afraid to let them show
Your true colors
True colors are beautiful,
Like a rainbow

悲しいそうな目をして
がっかりしないで
よくわかってるよ
なかなか勇気は出ないよね
世の中には色んな人がいて
その姿が見えなくなることもある
心の中の暗闇のせいで
自分なんかつまらない人間なんだって
そんな風に思うかもしれないけど

だけど私には
あなたの本当の姿が見えてるよ
内側から輝いてる
その姿がちゃんと見えるから
あなたのことが大好きなんだよ
だから怖がらずに見せてほしい
そのままの本当の姿を
本当のあなたはきれいで
虹のように輝いてるんだから

だから笑ってみせて
暗い顔しちゃダメ
だってもういつだったか
思い出せないくらい長いこと
あなたの笑ったとこを見てないよ
周りのせいでどうにかなりそうで6
もうこれ以上我慢できない
そんな風に思ったら
その時は電話して
わかってるでしょ?
そうすればすぐに行ってあげるから

だけど私には
あなたの本当の姿が見えてるよ
内側から輝いてる
その姿がちゃんと見えるから
あなたのことが大好きなんだよ
だから怖がらずに見せてほしい
そのままの本当の姿を
本当のあなたはきれいで
虹のように輝いてるんだから

(余談)

リード文ではああいったものの,「本当の自分の姿」など実は自分でもわかっていないのではと思っています。Aさんが見ている「私の姿」とBさんが見ている「私の姿」は同一ではありませんが,そのどちらも「私の姿」であることに変わりはありません。

人間は誰もが自分を中心にしたパースペクティヴ(透視図法)の世界で暮らしているので,私を知っている人が100人いればその100人全員が少しずつ違った「私の姿」を見ています。仮にそうだとすると,そのどれが「本当の私の姿(true color)」なのか。

無論,根底の部分では同一性を保っているからこそ,さほど問題なく社会生活が送れているわけですが,こと表層部分に限って言えば,本館や別館に関わっている時の「自分」と,それ以外の時の「自分」は同一ではありません。言葉づかいも違います。(実生活でこんな喋り方をしていたら完全に周囲から「浮いて」しまいます)。

Cyndy Lauperが歌っているのは「周囲に合わせようとして無理をしなくていい」ということで,その点で言えば私は当てはまらないのかもしれませんが,この曲を聴いて「本当の自分の姿」というものを考えさせられました。

そもそも自分で思う「本当の自分の姿」は真に「本当の自分の姿」なのか?よくある「自分探し」はただ単に現在の自分がイヤで否定したいだけなのではないか。この曲では「本当のあなたはきれいで,虹のように輝いてるんだから」と歌われていますが,それが「虹のように輝いてる」と決めているのは実は他ならぬ他人です。

仮にそうだとすれば,その人の本当の姿(true color)を決めているのは実は本人ではなく,やはり他人であって,そういう意味で「本当の自分の姿」もまた「周りの望む自分」なのではないかという身も蓋もない結論に達してしまいます。

これほど博愛的な曲なのだから,そのまま味わえばいいものを,どうしてこう理屈っぽいのか自分でもイヤになりますが,実はこれこそが私のtrue Colorなのかもしれません。美しくない・・・・。

9 件のコメント:

  1. もう何年も前になりますが、Gleeできいて、いい歌詞だなと思ってました。
    ありがとうございました。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。この曲既に大変有名であちこちで和訳されているはずですが,素晴らしい曲なので今回取り上げました。拙訳が少しでもお役に立てれば光栄です。

      削除
  2. いつもわかりやすい訳と面白い余談、楽しませてもらっています(*^_^*)
    この曲はgleeでもカバーされていましたよね!
    Coryは本当に残念でした。
    この曲の英語はわりと簡単で聞きながらなんとなく意味がわかっていました。
    でも今日の余談を読んで奥が深いなと考えさせられました。
    わたしはvestigeさんの考え方好きですよ!
    では、長々と失礼しました。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。今回ばかりは己の理屈っぽさに嫌気がさしていたのですが,すみれ様の温かいお言葉に救われたような気がいたします。本当にありがとうございました。

      削除
  3. おおっヨダンが珍しく真面目に語っている・・・
    と思ったらさすがのオチでした。
    vestige様の「本当の姿」がどうあれ、ここに立ち寄る者にとっては「なくてはならない存在」なのですから、いつでも堂々としていてくださいな。

    リクエストを受けてくださり本当にありがとうございました。
    Cyndy Lauperの友人が社会的弱者であり、偏見と闘いながらも偏見の主原因となった事が元で亡くなったと聞いております。
    「世間がどう見ようとも、私はあなたの事を色眼鏡で見ないわ」という意味が込められているんだと私は解釈しております。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。今回この曲の経緯について調べたのですが,その過程で実はこの曲が彼女以外の人物が書いたものであると判明いたしました。(しかも収録されたアルバムのオリジナル曲の中で,唯一彼女が作曲に参加していない曲だそうです)。
      oyasumiko様と同様にその友人の話を聞いていたので,大変驚きましたが,ただそれでこの曲の素晴らしさがいささかでも損なわれるわけではなく,むしろ他人が書いた曲でさえ,自分が書いたと思わせてしまうCyndi Lauperの力量をこそ賞賛すべきでありましょう。

      削除
  4. 本日初めてこのブログを拝見し、大ファンになりました。訳文のワードチョイスも、リードや余談の語り口も大好きです。また、ほぼ毎日のように新たな曲を手掛けるその知力とパワーに敬服いたします。
    この曲は、LGBTに向けての応援歌と捉えていましたが、カミングアウトできないことは、誰の中にもあるのですね。私も「本当の自分」は見せられないかも。
    これからも毎日訪問させていただきます。

    返信削除
    返信
    1. コメント並びに過分なお褒めのお言葉ありがとうございます。気がつけば毎日更新ということになってしまったため,常にタイトロープ状態ですが,出来る限りこのペースを続けたいと思っております。どうか今後もよろしくお願いいたします。

      削除
  5. こんにちは。いつも楽しく拝読しています。センスが絶妙で、個人的にツボです。またいろいろな曲の対訳くんを楽しみにしております。花冷えのこのごろ、どうぞご自愛くださいませ。

    返信削除