2015年4月8日水曜日

I Bet My Life イマジン・ドラゴンズ (Imagine Dragons)

高校生だった頃,周りから浮いていて,周囲(主に教師や両親ですが)からは,言われた通りにしろと言われ続けました。実際何度かはやってみたものの上手く行かず,逆にやるなと言われたことばかりやっては怒られての繰り返しでした。自分でもそれではマズいとわかっていましたし,言われた通りにした方がいいこともわかっていたのですがとにかくダメでした。イライラが募りましたが,今では周囲がああしたのも仕方なかったとわかっています。私もあれが精一杯でした。
When I was in high school, I didn't belong where I was.  Most people around me, namely parents and teachers wanted me to act their way and kept asking me to do so.  I did try sometimes but was not very successful.  Instead I did almost everything they told me not to and made them furious so many times.  I knew I shouldn't but I kept letting them down.  I just couldn't.  It was very frustrating.  Now I know they just had to do so and so did I.  It's the only way for me to survive.
I Bet My Life  (Imagine Dragons)
I know I took the path that you would
never want for me
I know I let you down, didn't I
so many sleepless nights where you were
waiting up on me
well I'm just a slave unto the night

now remember when I told you that's the
last you'll see of me
remember when I broke you down to tears
I know I took the path that you would never
want for me
I gave you hell through all the years

so I, I bet my life
I bet my life
I bet my life on you
I, I bet my life, I bet my life
I bet my life on you

I've been around the world
and never in my wildest dreams
would I come runnin' home to you
I've told a million lies but now I'll tell a
single truth
there's you in everything I do

[pre-chorus]
[repeat chorus]

don't tell me that I'm wrong
I've walked that road before
and left you on your own
please believe them when they say
that it's left for yesterday
in the records that I play
please forgive me for all I've done

[repeat chorus]

わかってる
あんな風な生き方が
許せなかったことくらい
お前を悲しませただろ?
夜遅くまで起きていて
寝ないで待っててくれてたことが
何回もあったんだ
ただ今でもこの俺は
色んな夜の誘惑を
どうしても振りきれない

あったよな?
捨て台詞を吐いたこと
もう二度と戻って来ない
そんな風に言ったんだ
泣かせたこともあったっけ
わかってる
お前が絶対許せない
そんな風な生き方を
あの頃俺はしてたんだ
それでお前に何年も
すごく辛い思いをさせた

だから約束する
ウソじゃない
もう裏切らない
約束する
ウソじゃない
もう裏切らない

今まで世の中も
さんざん見て来たけれど
考えたこともなかったよ
こんな風にお前の元に
慌てて戻ってくるなんて
ウソも散々吐いたけど
これだけは本当だ
いつも何をしていても
お前が頭を離れない

[pre-chorus]
[chorus]

わかってる
俺が悪かった
あんな風に生きてきて
お前をそのまま放っておいた
頼むよ,信じてくれないか?
あれはもう過去のこと
レコードみたいなものだって
あんなことして悪かった
だからどうか許してくれよ

[Chorus]

(余談)

この曲,Imagine DragonsのDan Reynoldsが自分と両親との関係にヒントを得て作った曲らしく,過去の失敗を回想する人物の視点から描かれています。英語のYOUは単数・複数が同じ形なので,この歌詞に登場する「お前」が「お父さんお母さん」である可能性もありますが,今回は過去の友人あるいは恋人という設定で和訳しました。

そろそろ新学期。この曲を聴いて心機一転するのも悪くないんじゃないでしょうか。

5 件のコメント:

  1. いつも楽しく拝見させて頂いています(^_^)
    "I Bet My Llife" がリリースされた時から、vestigeさんが取り上げてくれるのを期待しながら毎回ブログを覗いていましたので、昨日今回の記事を目にしてとても嬉しかったです。

    "Radioactive"、"It's Time"、"Demons"はvestigeさんのおかげで私の大好きな曲となっております。


    自分の話なのですが、私は最近、私の仕事を巡って親と口論になりました。仕事で中東へ行く事になったので、その件を親に話すと「仕事を辞めろ」と言われてしまい、私の身を案じての発言と分かっていてもここ最近はずっと親に物凄い苛立ちを感じていました。けど今回のvestigeさんの解説を見て、自分もこの曲の主人公と同じことをしているのかなと思いました。

    親の言う事は100%正しいと分かっていてもなかなか素直に従えません。

    歌詞を見ると、主人公は愛想を尽かされても仕方ないくらい相当酷いことをしてきてると思います。けど、子どもがどんな過ちを犯しても親だけは決して見放さないでいてくれると信じたいです。主人公の相手が誰であれ、彼を許してくれることを願います。


    まとまりの無い文になってしまいすみません…(>_<)
    次回の投稿も楽しみにしています(*^ ^*)
    またコメントさせて下さい!

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。人間は一人一人が別々の存在なので自分の価値判断基準のなかでしか物事を見られません。自分ならこうされたいと思うことをしていても相手にそれが伝わらず,逆に傷つけてしまうこともありますし,当然逆の場合もありますがそれが普通です。結局人間にできるのは自分で正しいと思うことをするだけで,それなら少なくとも自分は納得できると思います。

      削除
  2. 追記なのですが、昨日スマホから何度かコメントを投稿しようとしましたが、上手くできなかったと思ったので今日パソコンから投稿してみました。もし昨日のコメントが届いてたとしたらすごく恥ずかしいので、昨日の分のコメントは削除お願いしますヽ(;▽;)ノ
    すみません…!

    返信削除
  3. Youtubeでたくさん低評価ついてるけどなんでだろう・・・↓
    https://www.youtube.com/watch?v=jb7IofFtHm0

    返信削除
  4. http://www.directlyrics.com/imagine-dragons-bet-my-life-lyrics.html
    ここでは彼女について書かれた、とありますがどっちなんでしょうね?
    どちらにしても好きな曲なのでいいんですけどね!

    返信削除