2017年5月1日月曜日

Galway Girl エド・シーラン (Ed Sheeran)

現代の英語のポップソングにあって日本のJ-POPにないもののひとつがリリック・ヴィデオの存在ではないでしょうか?勿論私が知らないだけで実際にはあるのかもしれませんが今までお目にかかったことはありません。ただ日本語に同音異義語が大量に存在することを考えれば,日本の曲にそういうものがあってもいいような気がします。
I think one of those things that contemporary English pop songs have and Japanese counterparts don't is lyric videos.  Of course I could be wrong about it and you can say there is something else but I've never seen one before.  Considering that Japanese has a lot of homophones, I think we should have them for Japanese pop songs.
Galway Girl  (Ed Sheeran)
[Chorus]
She played the fiddle in an Irish band
But she fell in love with an English man
Kissed her on the neck and then I took her by the hand
Said, "Baby, I just want to dance"

[Verse 1]
I met her on Grafton street right outside of the bar
She shared a cigarette with me while her brother played the guitar
She asked me what does it mean, the Gaelic ink on your arm?
Said it was one of my friend's songs, do you want to drink on?
She took Jamie as a chaser, Jack for the fun
She got Arthur on the table with Johnny riding a shotgun
Chatted some more, one more drink at the bar
Then put Van on the jukebox, got up to dance

[Chorus]
You know, she played the fiddle in an Irish band
But she fell in love with an English man
Kissed her on the neck and then I took her by the hand
Said, "Baby, I just want to dance"
With my pretty little Galway Girl
You're my pretty little Galway Girl

[Verse 2]
You know she beat me at darts and then she beat me at pool
And then she kissed me like there was nobody else in the room
As last orders were called was when she stood on the stool
After dancing the céili singing to trad tunes
I never heard Carrickfergus ever sung so sweet
Acapella in the bar using her feet for a beat
Oh, I could have that voice playing on repeat for a week
And in this packed out room swear she was singing to me

[Chorus]
You know, she played the fiddle in an Irish band
But she fell in love with an English man
Kissed her on the neck and then I took her by the hand
Said, "Baby, I just want to dance"
My pretty little Galway Girl
My, my, my, my, my, my, my Galway Girl
My, my, my, my, my, my, my Galway Girl
My, my, my, my, my, my, my Galway Girl

[Verse 3]
And now we've outstayed our welcome and it's closing time
I was holding her hand, her hand was holding mine
Our coats both smell of smoke, whisky and wine
As we fill up our lungs with the cold air of the night
I walked her home then she took me inside
To finish some Doritos and another bottle of wine
I swear I'm gonna put you in a song that I write
About a Galway Girl and a perfect night

[Chorus]
She played the fiddle in an Irish band
But she fell in love with an English man
Kissed her on the neck and then I took her by the hand
Said, "Baby, I just want to dance"
My pretty little Galway Girl
My, my, my, my, my, my, my Galway Girl
My, my, my, my, my, my, my Galway Girl
My, my, my, my, my, my, my Galway Girl

[Chorus]
あいつときたらヴァイオリンを,アイリッシュ・バンドで弾いていたのに
イギリス人に惚れたんだ
首のところにキスをして,手を引いてこう言った
「ベイビイ,ダンスがしたいんだ」って

[Verse 1]
バーをすぐ出たとこにある,グラフトン通り(*Grafton street)であいつに会った
アニキがギターを弾いてる横で,ひとつのタバコを一緒に吸った
ゲール語で入れてある腕のタトゥに目に留めて**,俺に意味を聞いてきた
だからこう答えたよ「友達の曲なんだ,どっかでパーっとやらないか?」って
チェイサーはジェイムソン(Jameson),時々ジャック・ダニエル(Jack Daniel)で
テーブルにはギネス(Arthur Guiness)を置いて
その横にジョン・パワーズ(John Powers)が控えてた
それからしばらく話して,もう一杯飲んだ後
バーのジューク・ボックスでヴァン・モリソン(Van Morrison)の曲をかけ
席を立ってダンスした

[Chorus]
あのなあいつはヴァイオリンを,アイリッシュ・バンドで弾いてたくせに
イギリス人に惚れたんだ
首のところにキスをして,手を引いてこう言った
「ベイビイ,ダンスがしたいんだ」って
ギャルウェイ(Galway)のかわいい子と踊りたいけど
お前ならピッタリだって

[Verse 2]
あいつには勝てないよ,ダーツでもビリヤードでも
その後あいつにキスされた,周りに誰もいないみたいに
ラスト・オーダーの声が聞こえて,そろそろ店が閉まる頃
椅子の上にあいつが立った
昔の地元の曲を歌って,カイリーって地元のダンスを踊った後で
「Carrickfergus」ってアイルランドのフォークソングが
こんなにいいと思ったことは今まで一度もなかったよ
自分の足でリズムを取ってアカペラで歌ってた
あの声だったら繰り返し一週間でも聞いてられるよ
客で一杯だったけど,絶対あいつは俺に向かって,あの歌を歌ってた

[Chorus]
あのなあいつはヴァイオリンを,アイリッシュ・バンドで弾いてたくせに
イギリス人に惚れたんだ
首のところにキスをして,手を引いてこう言った
「ベイビイ,ダンスがしたいんだ」って
ギャルウェイ(Galway)のかわいい子と踊りたいけど
お前ならピッタリだって

[Verse 3]
ちょっと長居しすぎたかもな,そろそろ店も閉まる頃
あいつとは手を繋いでた
お互いのコートには,タバコの匂いとウィスキーとワインの匂いが染みついた
外に出て,夜の冷たい空気を吸って
歩いて家まで送ってったら,寄ってけって言われたよ
食べかけのドリトスとワインが残ってるからって
約束するよ,曲にするって
ギャルウェイで会った子と,一緒に過ごしたステキな夜を

[Chorus]
あのなあいつはヴァイオリンを,アイリッシュ・バンドで弾いてたくせに
イギリス人に惚れたんだ
首のところにキスをして,手を引いてこう言った
「ベイビイ,ダンスがしたいんだ」って
ギャルウェイ(Galway)のかわいい子と踊りたいけど
お前ならピッタリだって

(補足)

* Grafton street:アイルランドのダブリンにある通りの名前で,路上ライヴなどのストリート・パフォーマンスが盛んに行われているようです。

** Foy VanceのGuiding Lightの一節「When I need to get home, you're my guiding light(自分の姿を見失っても,君がいればまた思い出せる,家路を照らす街灯のように,本当の自分に戻らせてくれる)」がオリジナルのゲール語(Nuair is gá dom fháil bhaile, is tú mo réalt eolais)で入っているそうです。

(余談)

この曲を書いたのがあのThinking Out Loudのヴィデオ撮影の後なのかどうかは不明ですが,仮に後だとすると,あの練習がかなり役に立っていると思われます。


4 件のコメント:

  1. J-POPかは判りかねますが、随分前にボーカロイドブームが隆盛した頃に文字表現での音楽動画をひっきりなしに見ていた事を思い出しました。二次創作という限られた制作手段が生んだ賜物ですね。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。オリジナルを元に全く別のものを作り出すという意味で言えば,EDMのremixも「二次創作」と言えるのかもしれません。そして仮にそうだとすれば,そのremixをさらにmixするといったいわば「三次創作」的な曲が近い将来チャートに登場してもおかしくないような気もいたします。

      削除
  2. この曲のMVにシアーシャ・ローナンが。
    彼女そういえばアイルランド人でした。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。よく言われることですが「神は細部に宿る」とか。その辺りまでおろそかにしないその姿勢が曲のクウォリティにも影響しているのかもしれません。

      削除