2011年11月20日日曜日

Because of You ケリー・クラークソン(Kelly Clarkson)

タイトルを見たときは覚えやすいけれどあまり内容はないよくある王道のラヴソングだと思いました。しかしヴィデオを見て歌詞を読んで衝撃を受けました。想像だにしない内容の歌、子どもから親に向けた「決別」でした。親への愛情は感じられません。歌詞の主人公は成長したけれど他人になかなか心を許せません。曲は子どもの立場から歌われていますが子どものいる人ならすぐに理解できる内容です。(ただ恋人への虐待を繰り返す彼との関係を歌ったものだと主張する人も)。
歌っているケリー・クラークソンはアメリカでは非常に有名な人なので、大抵の人はゴシップ欄でクラークソンの名前を見たら彼女のことを思い出すでしょう。しかしクラークソンと聞いて私が思い出すのは彼女ではなく、BBCの自動車番組「トップギア(TOP GEAR)」のジェレミー・クラークソン(Jeremy Clarkson)の方。私だけですかね?
When I saw the song title, I thought it's one of those mainstream love songs, catchy but not so profound.  After watching the video and read the lyrics, however, I was blown away.  It was the last thing I had expected.  This is a letter of divorce from a child to his/her parent(s).  Not "I love you, mom and dad" kind of thing.  The first person in the lyrics is a child who has grown up and found it hard to love and trust others.  Although the story is told by the child, people with a child would easily relate to it.  (Some people think this is not a song between a child and parent(s) but a girl and her abusing boyfriend.)  
I know the singer Kelly Clarkson is very popular and well known in the US.  People would think of her when they find the name "Clarkson" in a gossip section.  When I see or hear "Clarkson" there, however, the first word coming out of my mouth would be "Jeremy?".  (Jeremy Clarkson is one of the hosts of BBC's car show "TOP GEAR").  Am I the only one?
Because of You  (Kelly Clarkson)
I will not make
The same mistakes that you did
I will not let myself
Cause my heart so much misery
I will not break
The way you did, you fell so hard
I've learned the hard way
To never let it get that far


Because of you
I never stray too far from the sidewalk
Because of you
I learned to play on the safe side so I don't get hurt
Because of you
I find it hard to trust not only me, but everyone around me
Because of you
I am afraid


I lose my way
And it's not too long before you point it out
I cannot cry
Because I know that's weakness in your eyes
I'm forced to fake
A smile, a laugh everyday of my life
My heart can't possibly break
When it wasn't even whole to start with


Because of you
I never stray too far from the sidewalk
Because of you
I learned to play on the safe side so I don't get hurt
Because of you
I find it hard to trust not only me, but everyone around me
Because of you I am afraid


I watched you die
I heard you cry every night in your sleep
I was so young
You should have known
Better than to lean on me
You never thought of anyone else
You just saw your pain
And now I cry in the middle of the night
For the same damn thing


Because of you
I never stray too far from the sidewalk
Because of you
I learned to play on the safe side so I don't get hurt
Because of you
I try my hardest just to forget everything
Because of you
I don't know how to let anyone else in
Because of you
I'm ashamed of my life
Because it's empty
Because of you
I am afraid


Because of you
Because of you


絶対しない
同じ間違いは
自分を抑えてみせる
そうしないと自分がみじめになるから
あんな風に負けたりしないし
弱音も吐かない
辛い経験だったけど
あれよりはマシな自分がいる

あなたのせいで
決められた道を離れられずに冒険できない
あなたのせいで
何をするにも傷つかないよう用心してる
あなたのせいで
自分も周りも信じられない
そして信じられるものがないから
いつも不安に怯えてる

どうしていいかわからない
じきにあなたも気づくはず
私がどうしても泣けないってことに
泣くなんて弱い人間のすること
だから必死でつくろって
毎日を無理に笑顔で過ごしてる
弱音なんかは絶対吐けなかった
まだまだほんの子どもだったのに

あなたのせいで
決められた道を離れられずに冒険できない
あなたのせいで
何をするにも傷つかないよう用心してる
あなたのせいで
自分も周りも信じられない
そして信じられるものがないから
いつも不安に怯えてる

確かに親も辛かった
毎晩苦しむ姿も見たし
うなされて泣く声も聞こえた
でもまだ私は子どもだったの
だから私に寄りかからずに
自分で克服してほしかった
なのにそんなことにはお構いなしで
自分の辛さばかりを気にしてた
今は私が同じ理由で
夜中にうなされ泣いている

あなたのせいで
決められた道を離れられずに冒険できない
あなたのせいで
何をするにも傷つかないよう用心してる

いやな思い出しかなかったから
必死に過去を忘れようとした
ああいう風に育てられたから
他人に心を許せない
自分の人生すらも恥ずかしい
だってそこには何もないから
あなたのせいで
いつも不安がつきまとう

だけど負けない
あなたのおかげで大人になったから

6 件のコメント:

  1. 訳が、一つの立脚点に縛られ過ぎて、意味が違うとも言えます、この人なりの悟りや理解、成長の現が詞の中に現れているを、全く無視した誤訳です。

    とてもヒドイ訳しかただと思いました。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。このサイトを始めたそもそもの目的が「特定の立場(すなわち1つの立脚点から)一貫性のある訳文を作る」ということなので,仰るようなご批判は当然かと存じます。
      特定の立場をとるということは,すなわち他の立場を放棄するということであり,それだけ「誤訳」の誹りを受ける可能性も増して参りますが,逆にそれによって歌詞の意味内容がそこから立ち上がってくると考え,その危険を冒してでも敢えてそうしております。
      ただ一応申し上げておきますが,この解釈は私個人のものではございません。海外の歌詞について語り合うサイトで多くの支持を集めていた,おそらくネイティヴの方の解釈です。
      それを「誤訳」とまで仰るからには,匿名様にはそれだけの根拠がおありなのでしょう。私もこちらをご覧になる他の皆様のために,拙訳を少しでも良いものにしたいと常日頃から考えております。どの箇所がどのように違っているのかを具体的にご指摘くださればと存じます。
      さて,このサイト(本館:ブログ)のコメント欄には,匿名様が多数おいでになります。どのようなお名前でも結構ですので,お差し支えなければ,名乗っていただけると助かります。また別館(twitter)でも余談を展開しておりますので,「誤訳」の具体的なご指摘はそちらでお伝えくださっても結構です。お待ちしております。

      削除
    2. 上の匿名の方とは関係ない人間ですが、私の解釈を書かせてもらいます。
      自分自身ケリークラークソンが好きで、彼女のバックグラウンド(両親が離婚し、その後母親が自殺したこと)も少しは知っているため、そういった前提が有っての解釈になりますが、ちょっと意訳がキツすぎるかなと。「絶縁」というよりは「決別」に近いと思います。

      サビで"because of you"が4回でてきますが、前半部分は

      >捨てられるんじゃないかと心配で
      >いつも家の方ばかり気にしてた
      >親に八つ当たりされてけがしないよう
      >遊ぶ時も場所を選んだ

      という子供の頃の話というよりは、vestigeさんが最後に

      >あなたのおかげで大人になったから

      と訳されているように、また一番初めに

      >絶対しない
      >同じ間違いは

      とあるように、あなたのおかげで私は賢くなれた、という感じだと思っています。(アギレラのFighterみたいな感じですかね)
      だから、

      >いつも家の方ばかり気にしてた

      ここまで意訳しないでも直訳になってしまいますが
      「道を踏み外さずにやってこられた」
      という意味で十分だと思います。
      そして、後半2回のbecause of you では逆に
      「でもあなたのせいで誰も信じられない」
      という風に対比している感じがします。
      だからあまり意訳せずに、(タイトルがbecause of youなのだし)
      そのまま「あなたのおかげで」とか「あなたのせいで」と訳した方がしっくりくるかなと思います。

      PVの中で、子供が父親に手書きの何かを見せたり鞄を持ってついていこうとしたりする描写があるように、私はやはり「親への愛情は全くない」という歌ではないと思います。本当に愛情が無いなら、どうして親に突き放されて傷ついたり、誰も信じられなくなったりするでしょうか?どんな親でも子供にとっては大事な人だから愛情は「あった」。成長してケリーは親を何とも思ってないのかもしれませんが、大事な人に傷つけられたけど、だからこそ今こうやって立っていられる、「あなたを理解できたからあなたと決別できる」という歌詞だと思っています。


      特にこの曲は私が好きな歌で、そして上の方がせっかく問題提起をされているのに返信が無いようでしたので出しゃばった真似ですがコメントさせて頂きました。「こういう解釈もあるよな」程度で流してもらって構わないような戯言です。何百もの歌を訳されていて(そして私はいつも本当にお世話になっています!)、一曲一曲の解釈まで深く掘り下げていくのは大変だろうとお察ししますが、これからも是非頑張ってください。

      削除
    3. 詳細かつ丁寧なコメントありがとうございます。ざっと拝見したところ,ご指摘の点は①いつも家の方ばかり気にしてた,②後半2回のbecause of you の2点かと存じますので,その点についてご説明申し上げます。

      その前にまず,前の方もlaius様も「絶縁状」にひっかかっておいでのようですので,その点はlaius様の仰るように「決別」に変更いたします。私は存じませんでしたが,確かに彼女のお母様が亡くなっているとすれば,絶縁状では強すぎると思います。

      さて,ここからが本題です。まず①の点について申し上げます。この曲和訳したのが去年なので,今回また改めて原文を見てみました。あくまでもここに挙げた歌詞が正しいと仮定してのことですが,この部分,確かに私の訳文「捨てられるんじゃないかと心配で,いつも家の方ばかり気にしてた」では不十分な気がいたします。理由は,原文が現在形である点です。拙訳では過去形・もしくは現在完了形にとれますが,それを原文から読み取ることはできません。

      そこで現在形であることを念頭に敢えて訳しなおすとすれば,(直訳ですが)「あなたのせいで舗道からどうしても遠くまで行けない」という意味になるかと思います。この文脈であれば,冒険できないといった意味かと存じますがいかがでしょうか。

      この点について,laius様は「道を踏み外さずにやってこられた」と仰っておいでですが,であるとするならば,原文は過去形,または現在完了形であるべきでしょう。また,この連の他の部分がすべて親への不満を述べている箇所だと思われるので,急に感謝するのも唐突に思えます。

      そして,この4回のBecause of youの箇所が,主人公の現在の心境であるとするならば,当然のことながら,次の「親に八つ当たりされてけがしないよう,遊ぶ時も場所を選んだ」ではなく,「なにをするにも傷つかないよう用心してる」となるべきですし,確かにその方が訳文として完成度が上がるように思いますので,この点についてはそのように修正したいと存じます。

      次に後半2回のBecause of youですが,ご指摘の点は最後の2回と考えて話を進めます。laius様のお考えに従うとこの部分の選択肢は4つ:
      ①「あなたのせいで,あなたのせいで」
      ②「あなたのせいで,あなたのおかげで」
      ③「あなたのおかげで,あなたのせいで」
      ④「あなたのおかげで,あなたのおかげで」となります。

      ①の場合,主人公なりに悟り成長したという点が見えにくくなる
      ②の場合,直前の部分と「あなたのおかげで」がつながりにくい
      ③の場合,直前の部分と「あなたのおかげで」がつながりにくい
      ④の場合,やはり直前の部分とつながりにくい(恨み言を述べた後で突然感謝しているためです)

      したがって,この部分をうまくつなげるためには,一度否定してから(=こんなに辛い目にあってるけれど)感謝することが必要だと思うのですがいかがでしょうか?

      それはともかく,詳細かつ丁寧なご指摘ありがとうございました。おかげで訳文がよりよいものになったと思います。一応今回はこの趣旨で修正をかけたいと存じますが,また何がございましたら,是非またこのコメント欄でご意見をお聞かせくださいますようお願い申し上げます。

      削除
  2. 感激しました。
    この意訳は素晴らしいです。
    これからも応援しています。

    返信削除
    返信
    1. コメント並びに温かいお言葉ありがとうございます。o amy様に喜んでいただけたのも,偏に訳文について,詳細かつ丁寧にご指摘くださった上のlaius様がおいでになったからだと思っております。
      さて,別館(twitter)でも余談を展開しております。まだおいでになっていなければ,お時間があればそちらへも。お待ちしております。

      削除