2012年4月3日火曜日

21 Guns グリーン・デイ(Green Day)

正直なところ,今までやったなかでも1・2を争う和訳しにくい歌詞でした。完成まで3か月。確かにGet To Youには4か月かかりましたが,あの曲の場合,決して内容を理解できていなかったわけではありません。曲の持つメッセージは伝わったのですが,それを自然な日本語に訳すのに時間がかかりました。しかしながらこの曲の場合は違います。最初耳にした時,すぐに気に入ったものの,一体何について歌っているのかサッパリ。歌詞が抽象的でどのような解釈でも可能な上,決まった筋書を示す手がかりもほとんどないためです。歌詞についての解釈を述べ合うサイトでも,300人以上の人がこの曲にコメントを残しています。ネイティヴにとってもこの曲の歌詞は非常にあいまいらしく,未だにコレといった決定的な解釈は出ていないようです。
I admit these are one of the toughest lyrics I've ever translated into Japanese.  It took more than 3 months to finish it.  True it took me 4 months to complete 'Get To You' but I wasn't at a loss then.  I knew the message it carried and was just trying to put it into natural sounding Japanese.  This case, however, I was at a loss when I heard it for the first time.  I love the tune but hardly understand the story behind it.  It's open to any interpretation and therefore leaves very few clues to a specific interpretation.  On a website where people discuss the meaning of song lyrics, more than 300 people post their comments about it.  Even to native English speakers, the lyrics seem to be ambiguous enough to allow for various interpretations.  No one seems to have nailed it.
21 Guns  (Green Day)
Do you know what's worth fighting for?
When it's not worth dying for?
Does it take your breath away
And you feel yourself suffocating?

Does the pain weigh out the pride?
And you look for a place to hide?
Did someone break your heart inside?
You're in ruins

One, 21 guns
Lay down your arms, give up the fight
One, 21 guns
Throw up your arms into the sky, you and I

When you're at the end of the road
And you lost all sense of control
And your thoughts have taken their toll
When your mind breaks the spirit of your soul

Your faith walks on broken glass
And the hangover doesn't pass
Nothing's ever built to last
You're in ruins

One, 21 guns
Lay down your arms, give up the fight
One, 21 guns
Throw up your arms into the sky, you and I

Did you try to live on your own
When you burned down the house and home?
Did you stand too close to the fire
Like a liar looking for forgiveness from a stone?

When it's time to live and let die
And you can't get another try
Something inside this heart has died
You're in ruins

One, 21 guns
Lay down your arms, give up the fight
One, 21 guns
Throw up your arms into the sky

One, 21 guns
Lay down your arms, give up the fight
One, 21 guns
Throw up your arms into the sky, you and I

そんなこと無駄だとわかってるのに
あえてそうするのは,それが自分にとって意味のあることだから?
逆に,そうしなきゃ動揺したり
辛くてたまらなくなったりするから?

プライドを捨てなきゃならないほど苦しくて
だからその姿を誰にも見られたくないの?
誰かに酷く心を傷つけられたんだね
打ちのめされて,もう見る影もないよ

だけどもうそんなのは終わりにしよう 
銃を空にして敵意のないところを見せるように
その頑なな心を開いてくれ
もう終わりにしよう 敵じゃないんだ 憎み合う必要なんかない
人の声に耳を傾けてくれ 
もう強がるのも意地を張るのも止めて,お互い素直になろう

人間は,ギリギリまで追いつめられると
自分で自分がわからなくなって,ブレーキが利かなくなる 
考えれば考えるほど,苦しくなるんだ
理屈で考えようとすると,気持ちがどうしようもなく落ち込んでいく

信じてたものが信じられなくなり
いやな思い出が何度も蘇ってくる
何をやっても,結果が出せず
そのせいで,今は見るも無残な姿になってる

だけどもうそんなのは終わりにしよう 
銃を空にして敵意のないところを見せるように
その頑なな心を開いてくれ
もう終わりにしよう 敵じゃないんだ 憎み合う必要なんかない
人の声に耳を傾けてくれ 
もう強がるのも意地を張るのも止めて,お互い素直になろう

自分を崖っぷちまで追い込んでるけど
人の助けは当てにせず,自分だけでどうにかするつもり?
自分で自分が許せなくて
敢えて苦しい道を選んだの?

もうそろそろ自分のことを考えて,過去は忘れなきゃいけないのに
どうしても怖くて,そこから動けない 一歩を踏み出すことができないんだ
心のどこかに穴が開いたようで
昔の自分に戻れない

だけどもうそんなのは終わりにしよう 
銃を空にして敵意のないところを見せるように
その頑なな心を開いてくれ
もう終わりにしよう 敵じゃないんだ 憎み合う必要なんかない
人の声に耳を傾けてくれ 
もう強がるのも意地を張るのも止めて,お互い素直になろう

だけどもうそんなのは終わりにしよう 
銃を空にして敵意のないところを見せるように
その頑なな心を開いてくれ
もう終わりにしよう 敵じゃないんだ 憎み合う必要なんかない
人の声に耳を傾けてくれ 
もう強がるのも意地を張るのも止めて,お互い素直になろう


18 件のコメント:

  1. 私もGreen Dayは好きなアーティストですが、確かにこの21Gunsはよくわからない内容ですね。どうとでも取れるというか。21発の礼砲とあるし、戦争に関わる曲なのかなんなのか・・・前に一度、和訳された歌詞を読んだのですが、あまりよく理解できませんでした。今でもきちんと理解できていません。それでも彼らの音楽は、すっと聴けて、とても好きですね。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。21Gunについては,戦艦が礼砲を撃つことにより砲身を空にして敵意のない事を示す行為であるというコメントが海外の掲示板にあり,その説を採用しました。(戦没者への追悼を表す礼砲は21発ではないそうです。)その掲示板では,何らかの困難な状況下にあり,そこから立ち直る過程で,他人を寄せ付けず頑なな態度を取っているYOUに,主人公がもっと素直になれと語りかけているという意見が多かったかと存じます。非常に抽象的な歌詞ですが,Foo FightersのThe Pretenderと同様,こういう曲こそがいわゆるロックバンドの真骨頂なのかもしれません。

      削除
  2. 今頃、コメントします。何度も繰り返しlyricを読んでみました。どう解釈してもいいのなら、私、このlyricすごく好きです。
    思いっきり個人的な思い込みでの解釈でいいのなら、まるで自分に歌い(問い)かけられてるみた。泣いちゃいました。
    柔らかくて澄んだvocalで、あんな風に排他的に歌われるとなおさらです。
    Thanks Oyoge-Taiyakukun!

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。最近あまりおいでにならないので,お忙しいのではと案じておりました。お元気そうで安堵いたしました。数年前の曲である上,抽象的な歌詞で大変苦労したのですが,このような温かいお言葉をいただくとその苦労も吹き飛びます。ありがとうございます。このサイトが多少なりともお役に立てたようで何よりです。今後も何かありましたら,是非またいつでもおいでください。お待ちしております。

      削除
  3. 21guns とは、アメリカ大統領が就任した際にならす銃21発からきているようです。そして、私が思うに、この歌は、自分の中の気持ちに対する歌というより、アメリカの社会、つまり戦争への反対を呼びかける歌だと思います。グリーンデイは社会批判の曲も多いですからね。

    返信削除
    返信
    1. コメント並びに詳細な情報ありがとうございます。GDの社会批判については,以前他の方からも同じようなお話を伺ったことがございますので,仰る通りだと思います。
      それゆえ,今後私の英語力が向上した折には,その解釈で訳文を改訂する可能性もございますが,現時点ではまだそれだけの実力がついておりません。どうか今しばらくこのままお待ちくださるようお願い申し上げます。
      さて,別館(twitter)でも余談を展開しております。お時間があればそちらへもおいでください。お待ちしております。

      削除
  4. グリーン・デイは、とてもメッセージ性の強いバンドで、アメリカ社会や戦争への批判など非常に深い歌詞が多かったりする上、コンセプトアルバムだったりすることが多いので、一曲だけを訳すってのは凄い難しい曲ですよね

    返信削除
    返信
    1. 大変申し訳ないのですが,このページ右上でお知らせしているように,匿名の方にはお返事を差し上げられなくなりました。どのようなものでも結構ですので是非お名前をお知らせください。

      削除
  5. 初めまして、LINKINPARKの和訳がとっても好きでよく見させていただいてます。

    この曲はとても好きな曲だったのですが内容がわからなくてやっとここで納得できる和訳を見つけることが出来ました。
    また、自分自身ただいま色々あって追いつめられてきていて、この和訳を見て心が救われた気がします。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。今まで訳したなかでも確実に上位にはいるほど難解な曲でした。歌詞を読んでいるとなんとなく理解できるような気がするものの,実際に和訳しようとすると文脈がつながらず,大変苦労したのを覚えています。お辛い時に拙訳が少しでもお役に立てたなら幸いです。

      削除
  6. 国旗または国家元首に対して、敬意を示す礼砲というのがありまして、それが21発撃たれるという決まりなのですが、この歌に関係がありませんか?反戦歌ですし、ナショナリズムから来る惨劇、それが戦争という物だと彼らは認識しているのではないでしょうか。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。個人的に歌詞の解釈はその曲をお聴きになった方のものだと考えております。この21 Gunsは,本当に様々な解釈が可能になる曲ですが,そのようにお感じになったのであれば,それがパセリ様にとって唯一無二の解釈でありましょう。

      削除
  7. 様々な私の好きなアーティストの曲を訳してくださってありがとうございます
    これからも様々な曲を訳してください
    あと、申し訳ないのですがここの和訳を利用して
    動画を作ろうと思います、よろしいでしょうか?

    返信削除
  8. すいません、注意を良く読んでいませんでした2投させていただきます
    様々な私の好きなアーティストの曲を訳してくださってありがとうございます
    これからも様々な曲を訳してください
    あと、申し訳ないのですがここの和訳を利用して
    動画を作ろうと思います、よろしいでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。引用にもリンクにも特に制限は設けておりませんので,その旨明示してくださるのであれば,どうかご自由になさってください。

      削除
  9. 暇人ハック2015年2月19日 23:35

    初めまして。最近このこの曲を聴き直して感動し、邦訳を探していたところこちらに辿り付きました。発表当初聴いた際の感想では、いわゆる反戦歌、社会的メッセージの強い内容だと感じましたが、vestigeさんが訳されたような個人的な内容として捉えても、非常に奥深い歌詞と思います。素敵な歌詞をありがとうございました。

    返信削除
    返信
    1. コメント並びに温かいお言葉ありがとうございます。和訳が大変難しく,未だにこれでよかったのかどうか確信が持てませんが,素晴らしい曲であることだけは間違いないと思います。

      削除
  10. この曲は戦没各国の元首クラスの要人を迎える時、祝う時に空に放つ礼砲(空砲)の数です。 また、弔砲としても使われ、アメリカでは大統領の葬儀の際に、1分おきに21発の弔砲を撃つことになっています。 この歌は、礼砲というより、後者の弔砲の意味で使われています。

    返信削除