2012年10月13日土曜日

Live While We're Young ワン・ダイレクション (One Direction)

ツイッターのシステムや仕組みについては詳しくないので詳細はわからないのですが,先日起こった「事件」には当惑しました。
ツイッターでは,ホーム左側上部に「Who To Follow」とフォローする候補の一群が挙がってきます。通常は自分がフォローしている人物のフォローする人が登場します。私の場合6人しかフォローしていないため,そこに登場する人々の顔ぶれにさほどの変化はなく,同じ人々が繰り返し登場していたのですが,ある日そこに突然2人の「新人候補」が紛れ込んできました。一人はLiam Payne,そしてもう一人がHarry Stylesです。ご存じのように,私は10代の少女ではありません。一体何を思ってシステムはこの2人を候補に挙げてきたのか?アイドルグループ1D(ワン・ダイレクション)に興味がると思われたんでしょうか?(本館で何度も取り上げているので)確かにある意味そうですが,そういう風な興味じゃないですから。ええもう本当にっ。
I don't know much about the algorithmic system, or how it works on Twitter but what happened the other day to my account puzzled me a bit.
On the upper-left side of the HOME screen of Twitter comes "Who To Follow", a group of people it recommends for you to follow.  People followed by whom you follow usually appear there.  In my case, following only 6 people, those who appear there as candidates do not change very often.  One day, however, two people who'd never come up there did.  One of them was Liam Payne and the other was Harry Styles.  As you know, I'm not a teenage girl.  What made the system think so?  Does it think I'm interested in them?  Well, maybe (because I've posted some of their songs to my blog) but NEVER that way.  Yes, I say NEVER!
Live While We're Young  (One Direction)
Hey girl I'm waiting on ya, I'm waiting on ya
Come on and let me sneak you out
And have a celebration, a celebration
The music up, the windows down

Yeah, we'll be doing what we do
Just pretending that we're cool and we know it too
Yeah, we'll keep doing what we do
Just pretending that we're cool, so tonight

Let's go crazy, crazy, crazy till we see the sun
I know we only met, but let's pretend it's love
And never, never, never stop for anyone
Tonight let's get some, and live while we're young
(Whoa) And live while we're young

Tonight let's get some, and live while we're young

Hey girl it's now or never, it's now or never
Don't over think just let it go
And if we get together, yeah get together
Don't let the pictures leave your phone, oh

Yeah, we'll be doing what we do
Just pretending that we're cool, so tonight

Let's go crazy, crazy, crazy till we see the sun
I know we only met, but let's pretend it's love
And never, never, never stop for anyone
Tonight let's get some, and live while we're young
(Whoa) Wanna live while we're young

Tonight let's get some, and live while we're young

And girl, you and I, we're about to make some memories tonight
I wanna live while we're young
We wanna live while we're young

Let's go crazy, crazy, crazy till we see the sun
I know we only met, but let's pretend it's love
And never, never, never stop for anyone
Tonight let's get some, and live while we're young

Crazy, crazy, crazy till we see the sun
I know we only met, but let's pretend it's love
And never, never, never stop for anyone
Tonight let's get some, and live while we're young

Young
Wanna live while we're young
Tonight let's get some, and live while we're young

ねえ,ずっと待ってたんだよ 来てくれるのを
さあ,そこからこっそり抜け出しておいで
これからお祝いするんだから
音楽もかかってるし,窓から降りておいでよ

今しかできないことをしよう
クールなフリするだけでいい
若くなきゃできないことをしよう
自分はクールだと思ってればいい だから今夜は

夜が明けるまでバカ騒ぎしよう
わかってるよ 会ったばかりだって だけど好きになったってことにしよう
誰から何て言われても止めたりしないで
今夜は羽目をはずして楽しもう だってまだ若いんだから
今こそここで楽しまなきゃ

今夜は羽目をはずして楽しもう だってまだ若いんだから

ねえ,こんなことできるのも今のうち,今やっとかなきゃもうできないよ
考えすぎちゃダメなんだ 流れに任せていればいい
もし付き合うことになったら
ケイタイの写真は消しちゃダメだよ

今しかできないことをしよう
クールなフリするだけでいい だから今夜は

夜が明けるまでバカ騒ぎしよう
わかってるよ 会ったばかりだって だけど好きになったってことにしよう
誰から何て言われても止めたりしないで
今夜は羽目をはずして楽しもう だってまだ若いんだから
今こそここで楽しまなきゃ

今夜は羽目をはずして楽しもう だってまだ若いんだから

ねえ,今夜は何か記念になることをしよう
楽しもう だってまだ若いんだから
今こそここで楽しまなきゃ

夜が明けるまでバカ騒ぎしよう
わかってるよ 会ったばかりだって だけど好きになったってことにしよう
何て言われても止めたりしないで
今夜は羽目をはずして楽しもう だってまだ若いんだから
今こそここで楽しまなきゃ

夜が明けるまでバカ騒ぎしよう
わかってるよ 会ったばかりだって だけど好きになったってことにしよう
何て言われても止めたりしないで
今夜は羽目をはずして楽しもう だってまだ若いんだから
今こそここで楽しまなきゃ

若いうちしかできないことを
今夜は羽目をはずして楽しもう だってまだ若いんだから
今こそここで楽しまなきゃ

(補足)

前回の投稿がEd Sheeranの作ったMomentsで,その切ない内容に柄にもなく感動したのですが,また今回はいきなり趣向が変わったというか。これはその・・・米国向けというか米国市場を意識したものなんでしょうか?

歌詞の内容はこの際どうでもいいような感じです。一言で言えば「若いっていいよなーっ!イエーイ」ってことでしょうね。いやそりゃ覚えがないわけじゃないですよ。自分にも。ああ,こういうバカな時期があったなあと深く反省して,思わず頭を垂れてしまいますが,絵にかいたような「品行方正」さが売り物だった1Dとしてはどうなんでしょうか。

だったら取り上げなきゃいいようなものなのですが,彼らにはヴュー数の面で色々とお世話になってますし,なにしろ彼らのWhat Makes You Beautifulは本館のトップ10入りしてます。またこの曲遠からず米国のビルボード・チャートにも登場すると思われるフシがあって,そういう意味でも取り上げてみました。

ところで,この曲では,今までは比較的扱いが軽かったというかあまり目だっていなかった,Zayne Malikがいわゆる「センター」を張っています。「総選挙」でもあったんですかね?

7 件のコメント:

  1. 補足を読んで初めてMomentsという曲を聴きました。こんな曲調の歌が1Dにもあったんですね。こちらの曲は王道な感じがします。
    ちなみにワンダイレクションというのはブリティッシュイングリッシュです。日本は母国表記に沿っているのだと思います。アメリカではやっぱりワンディレクションといわれています。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。ご指摘いただき,早速オンラインのOxford Advanced Learner's Dictionaryを引いてみたところ,英米ともどちらの発音も掲載されておりました。したがって,Britishであるためだけとも言いきれないような気がいたします。ひょっとすると業界にお詳しい方ならご存じなのかもしれませんね。

      削除
  2. 昔は、中年の男性が、誰もかも同じに見えたものです。Matrixのagentのように、皆スーツで個性が感じられなくて。しかし、最近、中年の男性については個性が見える。その一方で、若い男の子(女の子もですが)が5人くらいで一遍に出てこられると、みんな同じに見えるようになってしまいました。残念なことです。でも、これを機会に彼らを知る覚悟で臨みたいと思います。女の子達と話ができるくらいに。その点、昨日の投稿の曲は、名前付でパートに分かれていてよかったです。 「ねえ,こんなことできるのも今のうち,今やっとかなきゃもうできないよ」のところ、「今やっとかなきゃもうできない」のは、何も若い時だけでなくて、生きている限り常にそうだと彼らに言っておきたい。そして、「考えすぎちゃダメなんだ 流れに任せていればいい」とは案外best policyかもしれません。心しておきたいと思います。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。本館で彼らのWhat Makes You Beautifulを取り上げたのがほぼ1年前。当時はまだミュージック・ヴィデオもなく,リリック・ヴィデオのみの状態で,そこらのボーイズ・バンドと思っていた彼らが1年後にこうなるとは予想もしておりませんでした。己の不明を恥じるばかりです。
      ただ,彼らについては,本館でMV付でいくつも曲を取り上げているため,比較的早い段階で名前と顔が一致いたしました。彼らの名前ならフルスペルで綴れる自信がございます。
      ただその分日本のポップ界にはまったく疎いため,AKBのメンバーはおろか,エグザイルのメンバーが何人いるのかさえわからない私です。
      さて,お話しの「考えすぎちゃダメなんだ 流れに任せていればいい」ですが,実は何を隠そう,私の人生自体がすべからく(流れに任せた)「見切り発車」です。しかも,これまでに紆余曲折があったとはいえ,今もこうしていられるところを見ると,oak様の仰るように,案外至言であるのかもしれません。
      ところで,これとほぼ同じメッセージをJames MorrisonのOne Lifeも伝えているのですが,こちらの時は大変感動しておきながら,この曲では「ついていけん」と感じてしまった私はすでに何かを失ってしまっているのかもしれません。

      削除
  3. すげぇ ありがたいっす w 最近ワンダイレクションのこの曲にはまってて 歌詞がわからないって思ってたんすよ 調べたら わかりやすくw これからもこーいうの頼みます!!( ̄▽ ̄)

    返信削除
    返信
    1. 大変申し訳ないのですが,このページ右上でお知らせしているように,匿名の方にはお返事を差し上げられなくなりました。どのようなものでも結構ですので是非お名前をお知らせください。

      削除
  4. 歌詞、頑張って覚えます!

    返信削除