2013年4月4日木曜日

Call Your Girlfriend ロビン (Robyn)

我が師匠Adam Levineは The Man Who Never Liedの中で「Sometimes honesty is the worst policy」と歌っておりますが,まさしくその通り。この曲の主人公は,相手に対して,付き合ってる彼女に電話して本当の気持ちを言わせようとしています。
ところでこの曲,リリースはThe song was released in 2010なのですが,個人的によく見ているMetrolyricsのトップ100曲のなかに最近再登場しました。何か理由があってのことだと思いますが,現時点では正確なところはわかりません。 おそらくTV番組で使用されたのではないでしょうか。
あるいは,American IdolやThe Voice などのオーディション番組の出場者がこの曲をカヴァーしたのかもしれません。というのも,James Arthurのカヴァー(19位)と共にShontelleのImpossibleも24位にランクインしているからです。.
Adam Levine sings in The Man Who Never Lied, "Sometimes honesty is the worst policy" and it's so true.  The protagonist is trying to persuade the second person to tell exactly what he feels to his girlfriend.
The song was released in 2010 but suddenly showed up again in TOP 100 lyrics on Metrolyrics which I regularly visit.  There must be some reason but so far I don't know.  Maybe it's featured in a TV show or films.
Or it might be covered by a contestant in a talent show like American Idol or The Voice, considering Shontelle's 'Impossible' ranks 24th as well as James Arthur's cover (19th).
Call Your Girlfriend  (Robyn)
Call your girlfriend
It's time you had the talk
Give your reasons
Say it's not her fault
But you just found somebody new

Tell her not to get upset, second-guessing everything you said and done
And then when she gets upset tell her how you never mean to hurt no one
Then you tell her that the only way her heart will mend is when she learns to love again
And it won't make sense right now but you're still her friend
And then you let her down easy

Call your girlfriend
It's time you had the talk
Give your reasons
Say it's not her fault
But you just met somebody new

Don't you tell her how I give you something that you never even knew you missed
Don't you even try and explain how it's so different when we kiss
You tell her that the only way her heart will mend is when she learns to love again
And it won't make sense right now but you're still her friend
And then you let her down easy

Call your girlfriend
It's time you had the talk
Give your reasons
Say it's not her fault
But you just met somebody new
And now it's gonna be me and you

And you tell her that the only way her heart will mend is when she learns to love again
And it won't make sense right now but you're still her friend
And then you let her down easy

Call your girlfriend
It's time you had the talk
Give your reasons
Say it's not her fault

Call your girlfriend
It's time you had the talk
Give your reasons
Say it's not her fault
But you just met somebody new

彼女に電話して
そろそろちゃんと話さなきゃ
言いたいことはしっかり言ってね
別にお前のせいじゃない
ただ気になる子ができただけって

そしてこう言うの
そんなに取り乱すなよ 
こっちが言うことなすことを,あれこれ勘ぐるのも止めてくれって
それでも向こうがきかないで,手が付けられなくなった時は
誰も傷つけたくないんだって
そういう風に言ってやって,それからこう続けるの
今回の辛さを忘れるには,早く新しい人を見つけることだって
そして本題に入ればいい

彼女に電話して
そろそろちゃんと話さなきゃ
言いたいことはしっかり言ってね
別にお前のせいじゃない
ただ気になる子ができただけって

彼女には言っちゃダメよ アタシのせいでこうなったこと
あの子と付き合ってる間,夢にも思わなかったそんなことを
このアタシがしてあげただなんて
キスしても,前とは比べものにならないなんて
何があっても言っちゃダメ
あの子にはこう言うの 
今回の辛さを忘れるには,早く新しい人を見つけることだって
今はそう思えないかもしれないけど,まだ友達だからって言ってやるの
それから本題に入ればいい

彼女に電話して
そろそろちゃんと話さなきゃ
言いたいことはしっかり言ってね
別にお前のせいじゃない
ただ気になる子ができたから
今度はその子と付き合うって

それでその子に言ってやるの
今回の辛さを忘れるには,早く新しい人を見つけることだって
今はそう思えないもしれないけど,まだ友達だからって言ってやるの
それから本題に入ればいい

彼女に電話して
そろそろちゃんと話さなきゃ
言いたいことはしっかり言ってね
別にお前のせいじゃないって

彼女に電話して
そろそろちゃんと話さなきゃ
言いたいことはしっかり言ってね
別にお前のせいじゃない
ただ気になる子ができただけって

(補足)

この曲,Robyn本人が「新しい彼女」の視点から書いたと言っているようですし,おそらくそれが正解だとは思うのですが,考えてみると;

① 現彼女(フラれる方)
② 新彼女(そもそもこれがメインの立場)
③ 彼(今の彼女から新しい彼女に乗り換えようとしている)

のどの立場からの解釈でもほぼ可能です。

①の場合,自分の彼氏が浮気していると勘付いている現彼女が頭のなかで「アイツはきっとこんな風に言い訳をするんだ」と想像している場合であり,

③は,当の彼氏が来るべき「別れの瞬間」に備えて,いわばイメージトレーニングをしている状態です。

(余談)

・・・・で,面白そうだったので「イメ・トレ編」も作ってみました。

(イメージ・トレーニング編)

あいつに電話して
そろそろちゃんと話さなきゃ
こっちにも言い分はあるんだからな
あいつが悪いわけじゃないけど
気になる子ができたんだよ

で,こう言うんだ
そんなに取り乱すなよ 
ことあるごとにお前はいちいち勘ぐるけど,いい加減止めてくれよ
それでもあいつがきかないで,手が付けられなくなった時は
誰も傷つけたくないんだって言ってやらなきゃな
それでこう続けるんだ
早く別のヤツを見つけろよ そうすりゃ今回のことも平気になるって
それから本題に入ればいいよな

あいつに電話して
そろそろちゃんと話さなきゃ
こっちにも言い分はあるんだからな
あいつが悪いわけじゃないけど
気になる子ができたんだよ

絶対言うなよ その子のせいでこうなったなんて
あいつと付き合ってる間,夢にも思わなかったそんなことを
その子がしてくれたんだなんて
キスしても,前とは比べものにならないなんて
何があっても絶対言うなよ
代わりにあいつにはこう言うんだ 
早く別のヤツを見つけろよ そうすりゃ今回のことも平気になるって
何言ってんのとか思うだろうけど,まだ友達だからって言ってやって
それから本題に入ればいいよな

あいつに電話して
そろそろちゃんと話さなきゃ
こっちにも言い分はあるんだからな
あいつが悪いわけじゃないけど
気になる子ができたから
今度はそいつと付き合うってな

それであいつに言ってやるんだ
早く別のヤツを見つけろよ そうすりゃ今回のことも平気になるって
何言ってんのとか思うだろうけど,まだ友達だからって言ってやって
それから本題に入ればいいよな

あいつに電話して
そろそろちゃんと話さなきゃ
こっちにも言い分はあるんだからな
あいつが悪いわけじゃないけど

あいつに電話して
そろそろちゃんと話さなきゃ
こっちにも言い分はあるんだからな
あいつが悪いわけじゃないけど
気になる子ができたんだよ

・・・・・・怖い・・・。私はそう感じたのですが,海外の歌詞サイトにコメントを寄せた人のなかには,この新彼女は現彼女の気持ちがわかるいい人だと言う人もいます。ただ私にはとても「いい人」には思えません。この現彼女(主人公),なんとなく付き合ったが最後,身ぐるみはがされそうなそんな気がします。・・・考え過ぎでしょうか?

0 件のコメント:

コメントを投稿