2014年8月12日火曜日

Chocolate ザ・1975 (The 1975)

Songfacts.comによれば,この曲はBBC Radio 1のA List Voteで1位に選ばれたのだとか。僅差の次点がBastillesのPompeiiで,その次がFall Out BoyのMy Songs Know What You Did In The Dark (Light Em Up)だったそうですが,この2曲は私も好きな曲なので,この曲も取り上げるべきでしょう。
最初タイトルの「チョコレート」は実際のチョコレートを表していると考え,訳が分からなくなって困ったのですが,後でそれがある種の大麻樹脂であることがわかりました。こういう曲を理解しようとすると,時によっては,善良な市民であることが邪魔になったりするわけですね。
According to Songfacts.com, this (song) won BBC Radio 1's A List Vote and closely followed by Bastilles's "Pompeii" at #2 and Fall Out Boy's "My Songs Know What You Did In The Dark (Light Em Up)" at #3."   These two songs are my favorites.  So I think I should post this.
At first I thought the song title, 'Chocolate' literally meant real one and was very confused.  Later I learned it's a slang for a certain type of hash.  Being an good citizen isn't always good, especially in understanding songs like this.
Chocolate  (The 1975)
Call it a split cause you know that you will
You bite your friends like like chocolate
You say, we go where nobody knows
Got guns hidden under our petticoats
No we're never gunna' quit it
No we're never gunna' quit it, no

Now we run run away from the boys in the blue
And my car smells like chocolate
Hey now think about what to do
Think about what to say, I think about how to think
Pause it, play it, pause it play it, pause it

[Chorus]
Oh we go where nobody knows
With guns hidden under our petticoats
No we're never gunna' quit it
No we're never gunna' quit it, no
Yeah we're dressed in black from head to toe
We've got guns hidden under our petticoats
No we're never gunna' quit it. no we're never gunna' quit it no

Now you're never gunna' quit it
Now you're never gunna' quit it
Now you're never gunna' quit it
If you don't stop smoking it
That's what she said
She said we're dressed in black, head to toe
With guns hidden under our petticoats
No we're never gunna' quit it
No we're never gunna' quit it, no

[Verse 2]
Hey now we're building up speed as we're approaching the hill
Oh my hair smells like chocolate
Hey now you say you're gunna' quit it
But you're never gunna' quit it
Go get it, go get it
Got get it, go get it, go!
And play it cool

[Chorus]

[Bridge]
Well I think we better go, seriously better go
Said the feds are here you know
Seriously better go
Oh oh, well I think we better go
Said the feds are here you know
Said Rebecca better know
Seriously better go

[Chorus]

[Bridge]

ケンカ別れだな
お前にだってわかってるだろ?
じきにそうなるってことは
まるでチョコでも齧るみたいに
友達にだって「噛みつく」んだよ
お前はこう言うんだろ?
人目につかない
そんな場所へ行ってるって
おとなしい外見の
裏には武器を隠してる
だけど止めるつもりはさらさらないね
絶対止めたりするもんか

それで今はこうやって
制服を着たヤツらから
必死になって逃げている
車はチョコの匂いがするから
おいこら,これからどうすりゃいいのか
そこのところを考えろ
何て言えばいいんだよ?
どうやって考えればいいんだろうって
そんなことを考えてる

[Chorus]

人目につかない
そんな場所へ行くんだよ
おとなしい外見の
裏には武器を隠してる
止めるつもりはさらさらないね
絶対止めたりするもんか
頭から足のつま先まで
黒ずくめの服を着て
おとなしい外見の
裏には武器を隠してる
止めるつもりはさらさらないね
絶対止めたりするもんか

それにそっちも諦めないだろ?
そんなつもりはさらさらないし
絶対諦めたりなんかしない
こっちがハッパを止めない限り
そうあいつに言われたよ
あいつは言ってたよ
俺達は
頭から足のつま先まで
黒ずくめの服を着て
おとなしい外見の
裏には武器を隠してるって
止めるつもりはさらさらないね
絶対止めたりするもんか

[Verse 2]
なあ,こうやって
あのだんだん丘が近くなると
スピードが上がってくる
髪からはハッパの匂いがしてきてる
今はそうやって
もう止めるとか言ってるけど
絶対そんなわけないね
このままガンガン突っ走って
おまけにクールに決めようぜ

[Chorus]

[Bridge]
なあ,そろそろ逃げようぜ
ホントに逃げた方がいいって
言っただろ,この辺を
サツのヤツらがうろついてるって
いやホント,もう逃げようぜ
ヤバイって
言っただろ,この辺を
サツのヤツらがうろついてるって
レベッカの言う通りだろ?
いやホント,もう逃げようぜ

[Chorus]

[Bridge]

(補足)

quit itという表現には「死ぬ」という意味もあるらしいのですが,その用法はアメリカのもので,このバンドはイギリス出身なので今回は採用しませんでした。

(余談)

The 1975のMatthew Healyによれば,この曲は小さな町でのミドルクラスの子どもと警察当局との関係を描いているらしい。歌詞の中には「guns under our petticoats」という箇所が登場しますが,この「ペティコート」という言葉は,ミドルクラス(中流階級)を象徴しており,この箇所全体でミドルクラスの子どもは,当局から銃(違法なもののメタファー)を隠し持っているのではないかという疑いを常にかけられているという意味なのだとか。

ところで,この歌詞の最初の連には,以下の箇所が登場するのですが,ここが大変気になります:

You say, we go where nobody knows
Got guns hidden under our petticoats
No we're never gunna' quit it
No we're never gunna' quit it, no

その理由は,これが間接話法なのか,直接話法なのかが明らかではないことです。一応訳文では,最後の2行では話者は主人公であるとしていますが,この連がひと続きの文 (one sentence) であると考えることもできます。

仮にそうであるとした場合,訳文はおそらく:

お前はこう言うんだろ?
いつも俺達は
人目につかないどこかに行って
おとなしいフリをしながら
裏では武器を隠してる
自分から
止めたりなんて絶対しないし
そんな殊勝なタマじゃないって

といったものになると思われますが,YOUやWEが指すのは誰なのか,歌詞の中でYOUは一貫して同じ人物を指しているのかなどの点がはっきりしないせいもあって,和訳するのに非常に苦労した歌詞でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿