2015年3月30日月曜日

Lullaby ショーン・マリンズ (Shawn Mullins)

サビの部分は知っていたのですが曲名もアーティスト名もわかりませんでした。この曲は裕福な家に生まれ,人の羨むような贅沢な生活をしながらも,それが空しいと感じている女性が主人公です。海外のTVドラマ「ビバリーヒルズ青春白書(Beverly Hills 90210)」(通称ビバヒル)が特に好きというわけではないのですが,この曲はなんとなくそれを連想させます。
I knew the hook but didn't know either song title or the artist.  The song is about a girl who is from a wealthy family and leads a luxurious life most of us only could dream of but feels her life is empty.
Although I'm not a big fan of an American TV drama, Beverly Hills 90210 and don't know much about it, it's what the song somehow reminds me of.
Lullaby  (Shawn Mulling)
She grew up with the children of the stars
In the Hollywood Hills, in the Boulevard.
Her parents threw big parties. Everyone was there.
They hung out with folks like Dennis Hopper
And Bob Seager and Sonny and Cher.

And she feels safe now in this bar on Fairfax.
And from the stage I can tell that
She can't let go and she can't relax.
And just before she hangs her head to cry
I sing to her a lullabye.

I say, everything's gonna be alright
Rockabye, rockabye
Everything's gonna be alright
Rockabye, rockabye, rockabye

And she still lives with her mom outside the city
Down that street about a half a mile.
And all her friends tell her she's so pretty.
But she'd be whole lot prettier if she smiled once in a while, 'cause even her smile looks like a frown.
She's seen her share of devils in this angel town.

Everything's gonna be alright
Rockabye, rockabye
Everything's gonna be alright
Rockabye, rockabye, rockabye

I told her, "I ain't so sure about this place.
It's hard to play a gig in this town and keep a straight face.
And it seems like everybody's got a plan.
It's kinda like Nashville with a tan."

Everything's gonna be alright
Rockabye, rockabye
Everything's gonna be alright
Rockabye, rockabye

Everything's gonna be alright
Rockabye, rockabye
Everything's gonna be alright
Rockabye, rockabye, rockabye

Bye, bye
Bye, bye

色んなスターの子どもと一緒に
あいつは大きくなったんだ
ハリウッドの丘の上
あのハリウッド大通りが
あいつの育った場所だった
派手なパーティを
あいつの親が開いてて
そこに行くだけで
どんな有名人にも会えた
デニス・ホッパーとかボブ・シーガー
ソニー・アンド・シェールとか
そういうやつらと付き合ってた

ロサンゼルスの中心の
フェアファックスにあるこのバーで
あいつは一息ついてるけど
ステージからこうやって
姿を見ているとわかるんだ
まだ過去を引きずって
リラックスできないことが
だからあいつがうつむいて
涙をこぼしそうになったら
子守歌を
あいつに歌ってやるんだよ

大丈夫だ上手く行く
だからもう心配するな
何も心配することないぞ
だからもう安心しろよ

今もあいつは郊外で
ママと一緒に住んでいる
あの通りを半マイルほど
行ったところにある家だ
友達は
みんなあいつを褒めてくれる
すごくかわいいねって
だけど本当は
それよりずっとかわいいんだ
たまにあいつが笑ったら
だって笑顔の時だって
あいつは不機嫌そうだから
悪魔みたいにひどいやつにも
イヤというほど会ってきた
「天使の街」って名前のついた
ロサンゼルスっていう場所で

大丈夫だ上手く行く
だからもう心配するな
何も心配することないぞ
だからもう安心しろよ

あいつに言ったんだ
「どうもここは合わないかもな
この街じゃライヴするのも大変だし
真面目な顔もしてられない
みんなにプランがありそうで
まるで日焼けした
ナッシュビルみたいな場所だから」

大丈夫だ上手く行く
だからもう心配するな
何も心配することないぞ
だからもう安心しろよ

大丈夫だ上手く行く
だからもう心配するな
何も心配することないぞ
だからもう安心しろよ

じゃあな,バイバイ

(余談)

この曲のサビにはrokabyeという語が繰り返し登場します。

Everything's gonna be alright
Rockabye, rockabye
Everything's gonna be alright
Rockabye, rockabye, rockabye

このrokabyeという語,辞書で引くと「子守歌」と出ているのですが,まさか

大丈夫だ上手く行く
子守歌,子守歌
何も心配することないぞ
子守歌,子守歌,子守歌

とやってしまうとギャグにしかならないので

大丈夫だ上手く行く
だからもう心配するな
何も心配することないぞ
だからもう安心しろよ

となっています。

それはともかく,歌詞には知り合いとしてDennis HopperやBob Seager,Sonny and Cherなどの実名の他に,ビバリー・ヒルズで育った,Fairfax地区,通りの半マイル先,ロサンゼルス市の郊外など,母親と一緒に住んでいる(ということは両親は離婚した)など,主人公のモデルを特定する手がかりとなりそうなヒントが散りばめられているので,凄腕のプロファイラが見れば,一体誰のことを歌っているのか即座に見抜かれてしまいそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿