2015年10月16日金曜日

The First Cut Is The Deepest P. P. アーノルド (P. P. Arnold / Sheryl Crow)

複数の選択肢の中から有名な曲のオリジナル版を選ぶネット上のクイズを通してこの曲を知りました。取り上げられていた曲のなかにはI Will Always Love YouやRespectといった知っているものもあったのですが大変は知らない曲でした。 この曲もその一つ。作曲はCat Stevensですが,シングルとしては,10代の頃にひどい結婚生活を経験したP. P. Arnoldが1967にリリースしたものがオリジナルです。
A multiple-choce online quiz about the original of some well-known songs brought me to this song.  I recognized some of them like I Will Always Love You and Respect but most of them were new to me.  This was one of them.  It's written by Cat Stevens and originally released as a single in 1967 by P. P. Arnold who once was in an abusive marriage in her teens.  
The First Cut Is The Deepest  (P. P. Arnold / Sheryl Crow)
I would have given you all of my heart
But there's someone who's torn it apart
And she's taken just all that I had
But if you want I'll try to love again
Baby I'll try to love again but I know

The first cut is the deepest
Baby I know the first cut is the deepest
But when it come to being lucky she's cursed
When it come to loving me she's the worst

I still want you by my side
Just to help me dry the tears that I've cried
And I'm sure going to give you a try
And if you want I'll try to love again
Baby I'll try to love again but I know

The first cut is the deepest
Baby I know the first cut is the deepest
But when it come to being lucky she's cursed
When it come to loving me she's the worst

I still want you by my side
Just to help me dry the tears that I've cried
But I'm sure gonna give you a try
'Cause if you want I'll try to love again
Baby I'll try to love again but I know

Wooh
The first cut is the deepest
Baby I know the first cut is the deepest
When it come to being lucky she's cursed
When it come to loving me she's the worst

本当は
本気で好きになりたいよ
だけど昔ある人に
すごく傷つけらた上
なにもかも
持って行かれたことがある
だけどもし
そうしてって言うのなら
本当に好きになれるよう
もう一度やってみる
人を好きになれるよう
頑張ってみるけれど
それでもやっぱりわかってる

最初の傷は深かったって
ベイビイ,ちゃんとわかってる
最初があまりに酷過ぎただけ
だけどあいつもあんなんじゃ
幸せになんて掴めない
付き合ってる時だって
ひどい扱いされてたよ

だけど今度は違うんだ
それでもそばにいて欲しい
そして流した涙の跡も
乾くようにして欲しい
だから今度はやってみる
そう言ってくれるなら
本気で好きになれるよう
もう一度やってみる
人を好きになれるよう
頑張ってみるけれど
それでもやっぱりわかってる

最初の傷は深かったって
ベイビイ,ちゃんとわかってる
最初があまりに酷過ぎただけ
だけどあいつもあんなんじゃ
幸せなんて掴めない
付き合ってる時だって
ひどい扱いされてたよ

だけど今度は違うんだ
それでもそばにいて欲しい
そして流した涙の跡が
乾くようにして欲しい
だから今度はやってみる
そう言ってくれるなら
本気で好きになれるよう
もう一度やってみる
人を好きになれるよう
頑張ってみるけれど
それでもやっぱりわかってる

最初の傷は深かったって
ベイビイ,ちゃんとわかってる
最初があまりに酷過ぎただけ
だけどあいつもあんなんじゃ
幸せになんて掴めない
付き合ってる時だって
ひどい扱いされてたよ

(余談)

元々Cat Stevensが作った曲なので歌詞に登場する「あいつ」はsheになっているのですが,Sheryl Crowの歌を聞いていると,その部分がheになっています。そのため,ここではジェンダーを(なるべく)意識させない訳文にしました。

それはともかく,この主人公が今回幸せになれたかどうかは偏にそのキャラにかかっているような気がします。「the first cut is the deepest」と言っているところから,この主人公は次(今回)「the second cut is not as deep as the first one」と考えているのでしょう。

無論通常はそうでしょうし,またそうであってもらいたいとは思いますが,主人公が「薄井幸代」だとより深みに嵌っていき「the second cut is far deeper than the first one」になっていくような気がします。

0 件のコメント:

コメントを投稿