2016年4月19日火曜日

Jesus of Surburbia グリーン・デイ (Green Day)

Wikipediaの「ロック・ミュージック (Rock music)」の項にはこう書かれてあります。「それ以前のポピュラー・ミュージックのスタイルとは異なり,ロックの歌詞では恋愛の他に様々なテーマを扱ってきた。例えば,セックス,「体制」への反逆,社会問題そしてライフ・スタリイルなどである。」まさにこの曲のスタイルがそうだと思います。
On the entry of "Rock music" Wikipedia describes the genre as "Unlike many earlier styles of popular music, rock lyrics have dealt with a wide range of themes in addition to romantic love: including sex, rebellion against "The Establishment", social concerns and life styles."  I think that's exactly the style this song takes.
Jesus of Surburbia  (Green Day)
[Part 1: Jesus of Suburbia]

I'm the son of rage and love
The Jesus of Suburbia
From the bible of "none of the above"
On a steady diet of
Soda pop and Ritalin
No one ever died for my sins in hell
As far as I can tell
At least the ones I got away with

And there's nothing wrong with me
This is how I'm supposed to be
In a land of make belief
That don't believe in me

Get my television fix
Sitting on my crucifix
The living room or my private womb
While the mom's and brad's are away
To fall in love and fall in debt
To alcohol and cigarettes and Mary Jane
To keep me insane
And doing someone else's cocaine

And there's nothing wrong with me
This is how I'm supposed to be
In a land of make believe
That don't believe in me

[Part 2: City Of The Damned]

At the center of the Earth
In the parking lot
Of the 7-11 where I was taught
The motto was just a lie
It says "home is where your heart is"
But what a shame
Cause everyone's heart doesn't beat the same
It's beating out of time

City of the dead
At the end of another lost highway
Signs misleading to nowhere
City of the damned
Lost children with dirty faces today
No one really seems to care

I read the graffiti
In the bathroom stall
Like the holy scriptures of the shopping mall
And so it seemed to confess
It didn't say much
But it only confirmed that
The center of the earth
Is the end of the world
And I could really care less

City of the dead
At the end of another lost highway
Signs misleading to nowhere
City of the damned
Lost children with dirty faces today
No one really seems to care

[Part 3: I Don't Care]

I don't care if you don't
I don't care if you don't
I don't care if you don't care
[X4]

I don't care

Everyone is so full of shit
Born and raised by hypocrites
Hearts recycled but never saved
From the cradle to the grave
We are the kids of war and peace
From Anaheim to the middle east
We are the stories and disciples
Of the Jesus of suburbia
Land of make believe
And that don't believe in me
Land of make believe
And I don't believe
And I don't care!
I don't care! [x4]

[Part 4: Dearly Beloved]

Dearly beloved are you listening?
I can't remember a word that you were saying
Are we demented or am I disturbed?
The space that's in between insane and insecure
Oh, therapy, can you please fill the void?
Am I retarded or am I just overjoyed
Nobody's perfect and I stand accused
For lack of a better word, and that's my best excuse

[Part 5: Tales Of Another Broken Home]

To live and not to breathe
Is to die in tragedy
To run, to run away
To find what you believe
And I leave behind
This hurricane of fucking lies

I lost my faith to this
This town that don't exist
So I run
I run away
To the light of masochist
And I leave behind
This hurricane of fucking lies
And I walked this line
A million and one fucking times
But not this time

I don't feel any shame
I won't apologize

When there ain't nowhere you can go
Running away from pain
When you've been victimized
Tales from another broken home

You're leaving...
You're leaving...
You're leaving...
Ah you're leaving home...

(第一部:片田舎のジーザス)

怒りと愛から生まれた子ども
片田舎に住んでいる
そんなヤツがこの俺だ
信じてるものだって
質問の選択肢に出てくるような
よくあるメジャーなヤツじゃなく
「このなかのどれでもない」って
ヤツが俺の「宗教」だ
食べるもんも気を使ってて
炭酸飲料と
向精神薬のリタリンの
他には一切口にしないぜ
俺の「罪」を代わりに背負って
死んだヤツはひとりもいない
俺の知る限りじゃな
やっちゃいけないことだって
あの頃無視してやっていたけど
そういう「罪」の責任を
誰も取っちゃくれなかったぜ

この俺に
悪いとこなんかひとつもないぜ
周りから言わせれば
それが俺ってヤツだから
「ニセモノ」ばかりのこの場所じゃ
こういうヤツは用無しなんだ

まるでクスリをやるように
テレビの世界に逃げている
自分にとっての十字架の
上に腰をかけたまま
リビングや
自分だけしか入れない
そういう場所で過ごしては
親たちの目を盗んでは
恋だとか借金地獄に落ちたりしてる
酒やタバコやハッパとか
そういうものに溺れていると
ずっとおかしくなるもんだから
他人のクスリをやるんだよ

そうはいってもこの俺に
悪いとこなんかひとつもないぜ
周りから言わせれば
それが俺ってヤツだから
「ニセモノ」ばかりのこの場所じゃ
こういうヤツは用無しなんだ

(第2部:地獄に落ちたヤツらの町)
この世界の中心は
あの駐車場だった
コンビニの店先で
俺は教えられたんだ
キャッチコピーなんてのは
嘘っぱちなんだって
「ホッとするそんな場所が家族です」とか
そんな風に抜かしてるけど
残念ながら人の心は
ひとりひとりバラバラで
同じようには出来てない

死んだような人間ばかり
暮らしてるそんな町
あちこちで見かける長いハイウェイの
外れにポツンとある町で
標識がでたらめで
どこへも辿りつけない場所だ
地獄に落ちたヤツらの町で
そこにいるガキどもは
暗い秘密を抱えてるけど
そんなの誰も気にしない

俺には便所の落書きも
聖書も大して違わねえ
ショッピング・モールにある
ありがたい言葉と同じだよ
まるで罪を告白してる
そんな風に思えたぜ
そこには別に大したことが
書いてあるわけじゃない
だけどそいつを読んでると
やっぱりなって思うんだ
この世の中の中心は
世も末の場所だって
まあどうでもいいけどな

死んだような人間ばかり
暮らしてるそんな町
あちこちで見かける長いハイウェイの
外れにポツンとある町で
標識がでたらめで
どこへも辿りつけない場所だ
地獄に落ちたヤツらの町で
そこにいるガキどもは
暗い秘密を抱えてるけど
そんなの誰も気にしない

(第3部 どうでもいい)
お前らが
俺のことを無視しても
俺はそんなの平気だぜ
[X4]

そんなのどうでもいいことだ

どいつもこいつもくだらねえ
親も周囲も偽善者だらけ
魂の救済なんて
そんなものはありゃしねえ
リサイクルと同じで
この世に生まれて死ぬまでの
プロセスを繰り返すだけ
戦争と平和が生んだ子どもだぜ
アナハイムでも中東でも
俺たちも
経験してることなんだ
片田舎のジーザスが
経験していることなんて
「ニセモノ」ばかりのこの場所じゃ
こういうヤツは用無しなんだ
「ニセモノ」ばかりのこんな場所
俺は信用できないし
どうなっても構わない
もうどうでもいいんだよ!

(第4部 お集りのみなさん)
お前らみんな聞いてるか?
あの時お前の言っていたことが
どうやっても思い出せない
俺らみんなパーなのか?
それとも俺がおかしいだけか?
「まともじゃない」と「こころもとない」
その間の隙間だよ
ああセラピーな
そうすりゃ隙間が埋まんのか?
俺の頭が悪いのか?
そうじゃなくて俺はただ
舞い上がっているだけなのか?
完璧な人間なんていないのに
俺はこうして責められてんだ
この他に上手い言葉が見つからねえよ
だから俺に言わせれば
これが精一杯だ

(第5部 よくある複雑な家庭事情)
生きてたって息ができなきゃ
悲惨な死に方するのと同じ
だからここから逃げ出して
自分が信じていけるもの
そいつをこれから探すんだ
だからここに捨ててくぜ
くだらねえウソなんて

こんなのに
もう愛想が尽きたんだ
こんな町,この世にないのと変わらないから
だから俺は逃げるんだ
逃げてここから抜け出して
自分を笑い飛ばすんだ
ひとつ残らず捨ててくぜ
くだらねえウソなんて
こんなこと
今まで数え切れないくらい
俺もやってきたけれど
今度だけは本気だぜ

恥ずかしいなんて思ってないし
謝るつもりも全然ないぜ

行くあてもないままで
苦しみから逃げ出して
ずっと苦しめられてきた
そこらでよく聞く複雑な
家庭事情っていうヤツだ

だからこれから出すんだよ
お前の生まれたところから

(余談)

名曲なので取り上げたものの,余りの長さに途中で挫折しそうになりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿