2016年7月18日月曜日

Superstar カーペンターズ (Carpenters)

一語違いで大違いという場合があります。さほど難解ではない曲なので,最初にこの曲を聞いた時から,私の頭の中では次のようなストーリーが出来上がっていました:主人公はアメリカの田舎町にあるバーだかレストランだかで働くウェイトレス。彼女はそこに出演していた相手と出会い恋に落ちる。その後LAだかNYだかといった都会にスターを夢見て出て行った相手を,何年も彼の言葉だけを信じて待ち続ける主人公・・・。とまあこんな風に考えていたのですが,厳密に言うとそれは間違いでした。
Sometimes just one word makes a difference.  When I first heard this song which was not very hard to understand, I thought like this: The narrator was a waitress in a bar or restaurant in a small town in the U.S.  She met the second person, a guy who came to perform there and fell in love with him.  Later he left for a big city such as L.A. or New York hoping to stand out in the music industry.  Over years, she's waiting for him believing in his words...That's what I thought but technically I was wrong.
Superstar  (Carpenters)
Long ago and oh so far away
I fell in love with you before the second show
Your guitar, it sounds so sweet and clear
But you're not really here
It's just the radio

[Chorus]
Don't you remember you told me you loved me baby
You said you'd be coming back this way again baby
Baby, baby, baby, baby, oh, baby, I love you I really do
Loneliness is a such a sad affair
And I can hardly wait to be with you again

What to say to make you come again
Come back to me again
And play your sad guitar

[Chorus x2]

あれから随分時間が経って
今はこんなに離れてるけど
あの当時,次のステージの始まる前に
あの人と恋に落ちたの
切なくて透き通ったギターの音が
今も聞こえてくるけれど
あの人はもうここにはいない
ラジオからただ聞こえてきてるだけ

[Chorus]
忘れちゃったの?ねえベイビイ
お前のことが好きだってそう言ってくれたよね?
きっと戻って来るからなってそう言ってくれたでしょ?
ねえベイビイわかってよ
アタシの気持ちは本物よ
ひとりぼっちで生きてくなんて
ちょっと悲し過ぎるから
どうしてももう一度2人で一緒に暮らしたい

一体何を言ってあげたら
またここに戻ってくるの?
ねえお願いここに来て
あの切ないギターの音を
もう一度聴かせてよ

(余談)

聞くところによると,これは元々は,Delaney & Bonnieというデュオが書いた「Groupie (Superstar)」曲だったそうで,カヴァーするに当たり「And I can hardly wait to sleep with you again」という箇所を,イメージにあわないからとRichard Carpenterが「And I can hardly wait to be with you again」に変えたのだとか。

タイトルといい,上記の歌詞といい,たった一語ですがその違いは無視できません。なぜなら,オリジナルの歌詞でオリジナルのタイトルだった場合,「あの人と恋に落ちたの (I fell in love with you before the second show)」の意味が大きく違ってくるからです。どこがどうとは申しませんが,夏休みの課題図書には到底なりえない,一言で言えば「寸暇を惜しんで」ということでしょうか。

そう言われてみれば,最初にこの曲を聞いた時,相手がなぜ「ヴォーカル」ではなく「ギタリスト」なのかが疑問でした。スターを目指して都会へ出て行く場合,通常ならばその人物が目指すのは,シンガー・ソングライターの場合を含めて「ヴォーカル」でしょう。そもそも場末のバーだかレストランだかに「ギタリスト」がひとりで出演するというのも考えにくい。また仮に相手がバンドの一員だったとして,そんな彼を取り上げて果たして「スーパー・スター」と呼ぶのか?

Karen Carpenterの歌声と切ないこの曲調にすっかり騙されてしまった私ですが,たった一語を変えただけで,オリジナルとは全く別の物語を作り上げてしまったRichard Carpneterの凄腕に驚かされました。

最後に付け加えておくと,この情報を全く知らなかったにもかかわらず,妹は開口一番「ストーカーじゃん」と一蹴しました。・・・ひょっとすると超能力者なのかもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿