2017年3月17日金曜日

Feelings モリス・アルバート (Morris Albert)

歌詞の中に(And feelings like I've never have you again in my heart)」という下りあるのに気づいてなんとなく落ち着かない気持ちになりました。というのも,教科書では「現在完了はhas/have + 過去分詞」と教えられており,したがってここは「I've never had」になるべきだからです。
I felt a bit uncomfortable when I found a line "And feelings like I've never have you again in my heart" in the lyrics.  Every English text teaches us that present perfect tense comprises has/have and past participle.  So it should be "I've never had" instead.
Feelings  (Morris Albert)

[Verse 1]
Feelings, nothing more than feelings
Trying to forget my feelings of love
Teardrops rolling down on my face
Trying to forget my feelings of love

[Hook]
Feelings, for all my life I'll feel it
I wish I've never met you, girl; you'll never come again

[Chorus]
Feelings, wo, wo, wo, feelings
Wo, wo, wo, feel you again in my arms

[Verse 2]
Feelings, feelings like I've never lost you
And feelings like I've never have you again in my heart

[Hook]

[Verse 2]

[Chorus]
[Repeat and fade]
*
[Verse 1]
この感じ,ただそれだけが残ってる
諦め切れないこの気持ち,それをどうにか忘れたい
頬を涙が伝って落ちる
どうにか忘れてしまおうと一生懸命やってると

[Hook]
この気持ちはいつまでも消えないで残ってる
できるなら出会いわずにいたかった:もう戻ってこないなら

[Chorus]
この感じ
お前のことをもう一度抱いてるような気がするよ

[Verse 2]
本当は別れたこともマボロシで
また好きになったのも,やっぱりマボロシだったんだって,そんな気がしてるんだ

[Hook]

[Verse 2]

[Chorus]

(余談)

このMorris Albertというアーティスト,本名はMorris Albert Kaisermanといい,ブラジル出身です。またこの曲が当初ポルトガル語のボレロとして発表されたことなどを考え合わせると,リードで述べた落ち着かなさの原因に思い当るような気もします。

それはともかく,この曲は,1975年にはRIAAのゴールド・ディスクを獲得,翌1976年のグラミー賞Song of The Yearにノミネートされながら,その後にまさかの盗作疑惑が持ち上がり,最終的に裁判に負けてしまいました。

そこで,原告側の主張する1956年に発表されたフランスの「Pour Toi」という曲を聞いてみたのですが,・・・これでは負けるのもやむなしと思える内容でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿