2017年8月23日水曜日

Sun Comes Up ルディメンタル (Rudimental ft. James Arthur)

大半の人がバカバカしいと思うかもしれませんが,長きにわたり「地球こそが宇宙の中心にある」と高い教育を受けた者を含むほとんどすべての人間が信じていました。ガリレオ・ガリレイはその逆の説を提唱したとして迫害を受けましたが,この考え方は間違っているにもかかわらず実に強力で,我々は現在でも日常的に「太陽が出てくれば」と使っています。
Now it sounds quite silly to most of us but almost all people including the highly educated believed it was Earth that sits in the center of the universe for a long time.  Galileo Galilei was prosecuted by promoting his idea of otherwise.  The idea is so strong that even today we use a phrase like "sun comes up" in our daily lives.
Sun Comes Up  (Rudimental ft. James Arthur)

[Verse 1]
I wonder, maybe they'd never find me
I've been waitin' such a long, long, long time to feel it
Swallowed by the waters around me
Though I took so many wrong, wrong, wrong turns to see it, woah

[Pre-Chorus]
But I dance through the blisters at night
And I laughed 'til I cried and cried and
I ran 'til my feet couldn't run no more (no more, no more)
And I sat 'til my lungs were burnin'
'Til I know I'm alive, alive, yeah
I'll sit 'til I can't hear words no more

[Chorus]
Suddenly the sun comes up
And I feel my love floodin' back again, yeah
Until the sun goes up
And I feel my love comin' up again
Suddenly the sun comes up
And the dark is gone
We made it to the dawn
And I don't miss you anymore
When the sun comes up
I can feel my love comin' back again

[Verse 2]
It wasn't easy tryin' to run with these handcuffs
I had to sleep through such a cold, cold, cold night to see it
Green flashes hit me right where I'm standing
Sunlight cut into your bones, bones, bones, started to heal it

[Pre-Chorus]
But I dance through the blisters at night
And I laughed 'til I cried and cried and
I ran 'til my feet couldn't run no more (no more, no more)
And I sat 'til my lungs were burnin'
'Til I know I'm alive, alive, yeah
I'll sit 'til I can't hear words no more

[Chorus]
Suddenly the sun comes up
And I feel my love floodin' back again, yeah
Until the sun goes up
And I feel my love comin' up again
Suddenly the sun comes up
And the dark is gone
We made it to the dawn
And I don't miss you anymore
When the sun comes up
I can feel my love comin' back again

[Bridge]
Give a little light
To get a little love back
Give a little light
To get a little love back
Give a little light
To get a little love back
Won't you give it
Give a little love back
Give a little light
To get a little love back
Won't you give it
Turn your light on me
Give a little light
To get a little love back
Give a little, to get a little love
Give a little light
To get a little love back
To get a little love back

[Pre-Chorus]
Dance through the blisters at night
I laughed 'til I cried and cried and
I ran 'til my feet couldn't run no more (no more, no more)
And I sat 'til my lungs were burnin'
I'm alive, alive
I can't hear words no more

[Chorus]
Suddenly the sun comes up
And I feel my love
Sun comes up again, my love
Until the sun comes up
And I feel my love comin' up again
I can feel my love, I can feel my love

[Outro]
Sun comes up
I can feel my love comin' back again

[Verse 1]
あいつらにゃ絶対そんなのわからないよな
やっとそれがわかったよ,今までさんざん待たされて
こうやってどっぷりと水の中に浸かってる
だけどそれがわかるまで,イヤになるほどヘマをした

[Pre-Chorus]
夜はマメが出来たって構わず踊り続けたし *
泣いて涙も枯れるほど,さんざん笑いこけたんだ
それ以上一歩も進めないくらい,ずっと走り続けたし
苦しくて息が出来なくなるくらい,そこでじっとしていたよ
自分が生きてるんだって,それが実感できるまで
ずっと静かにしているよ,話なんて何一つ聞こえなくなるくらい

[Chorus]
太陽が急に姿を現すと
もう一度やってみようって気持ちになれる
太陽が空を昇っていくうちは
またあの気持ちが蘇る
太陽の光が急に溢れ出し
暗闇が消えていく
もう夜は明けたんだ
もうお前がいなくても,俺は一人で大丈夫
太陽が出てくれば
生きる力が湧いてくる

[Verse 2]
あんな風に手錠をはめて,走ろうたって無理だって
やっとそれがわかったよ,あんな風にひとりぼっちで,イヤになるほど夜を過ごして
だけどこうして立ってたら,夜明けすぐに現れる,緑の光が見えてきた
体の奥のところまで,その光が染みてきて,傷ついたお前の心を癒してくれる

[Pre-Chorus]
夜はマメが出来たって構わず踊り続けたし
泣いて涙も枯れるほど,さんざん笑いこけたんだ
それ以上一歩も進めないくらい,ずっと走り続けたし
苦しくて息が出来なくなるくらい,そこでじっとしていたよ
自分が生きてるんだって,それが実感できるまで
ずっと静かにしているよ,話なんて何一つ聞こえなくなるくらい

[Chorus]
太陽が急に姿を現すと
もう一度やってみようって気持ちになれる
太陽が空を昇っていくうちは
またあの気持ちが蘇る
太陽の光が急に溢れ出し
暗闇が消えていく
もう夜は明けたんだ
もうお前がいなくても,俺は一人で大丈夫
太陽が出てくれば
生きる力が湧いてくる

[Bridge]
ほんの少しで構わないから,俺に「光」を見せてくれ
そうすればまた少しだけ,あの気持ちが蘇るから
ちょっとした希望があれば
またあの気持ちになれるから
ほんの少しで構わないから
俺に「光」を見せてくれ
頼むよ,うんと言ってくれ
ほんの少しだけ,また優しくしてくれよ
俺に「光」を見せてくれ
そうすればまた少しだけ,あの気持ちが蘇るから
頼むよ,うんと言ってくれ
俺に光を向けてくれ

ほんの少しだけ,また優しくしてくれよ
俺に「光」を見せてくれ
そうすればまた少しだけ,あの気持ちが蘇るから
頼むよ,うんと言ってくれ
俺に光を向けてくれ
ほんの少しで構わないから,俺に「光」を見せてくれ
そうすればまた少しだけ,あの気持ちが蘇るから
ちょっとした希望があれば
またあの気持ちになれるから

[Pre-Chorus]
夜はマメが出来たって構わず踊り続けたし *
泣いて涙も枯れるほど,さんざん笑いこけたんだ
それ以上一歩も進めないくらい,ずっと走り続けたし
苦しくて息が出来なくなるくらい,そこでじっとしていたよ
自分が生きてるんだって,それが実感できるまで
ずっと静かにしているよ,話なんて何一つ聞こえなくなるくらい

[Chorus]
太陽が急に姿を現すと
もう一度やってみようって気持ちになれる
また朝がやってきたんだ
太陽が空を昇っていくうちは
またあの気持ちが蘇る
生きる力が湧いてくる

[Outro]
太陽が出てくれば
生きる力が湧いてくる

(補足)

*blisters・・・日焼けやヤケドによる「水ぶくれ」や靴擦れなどによる「マメ」を指す言葉です。pre-chorusでは「blister - at night」「laugh - cry」「sit - run」「sat - my lungs were burnin'」というように,互いに矛盾する表現を組み合わせています。

(余談)

元々は破局ソングとして作られたそうですが,最終的には「困難に負けずに戦い続ける」という内容の曲としてリリースされているようです。仮に日本でこの曲が大ヒットしたら「日はまた昇る」といった邦題が付くんでしょうか?

それはともかく「日はまた昇る」と書いた時,脳裏に浮かんだのがかのヘミングウェイの長編小説ではなく,西田敏行と渡辺健主演の映画の方(「陽はまた昇る」)だったことは秘密です・・・ああVHS。

0 件のコメント:

コメントを投稿