2017年8月22日火曜日

Friends In Low Places ガース・ブルックス (Garth Brooks)

AdeleのSomeone Like Youをご存じでしょうか?どちらの曲も主人公が置かれている状況はそれとほぼ同じですが,そちらの曲が切ない感じであるのに対して,この曲はほとんど笑えるような感じになっています。この違いは一体何なのか?曲を書いた人間(主人公)の性別の違いなのか,あるいは主人公の住む場所の文化の違いなのでしょうか?
Have you ever heard Adele's Someone Like You?  The situation the narrator of both songs are in right now is almost the same.  While the Adele one sounds quite bittersweet, this one does almost funny.  What makes these two so different then?  Could it be the gender of the writer (or narrator) or the culture of the region they live?
Friends In Low Places  (Garth Brooks)

[Verse 1]
Blame it all on my roots, I showed up in boots
And ruined your black tie affair
The last one to know, the last one to show
I was the last one you thought you'd see there
And I saw the surprise, and the fear in his eyes
When I took his glass of champagne
And I toasted you, said, "Honey, we may be through
But you'll never hear me complain"

[Chorus]
'Cause I've got friends in low places
Where the whiskey drowns and the beer chases
My blues away
And I'll be okay
I'm not big on social graces
Think I'll slip on down to the Oasis
Oh, I've got friends
In low places

[Verse 2]
Well, I guess I was wrong, I just don't belong
But then, I've been there before
Everything's alright, I'll just say goodnight
And I'll show myself to the door
Hey, I didn't mean, to cause a big scene
Just give me an hour and then
Well I'll be as high as that ivory tower
That you're livin' in

[Chorus]
'Cause I've got friends in low places
Where the whiskey drowns and the beer chases
My blues away
And I'll be okay
I'm not big on social graces
Think I'll slip on down to the Oasis
Oh, I've got friends
In low places

[Chorus:Garth Brooks + Crowd][x2]
I've got friends in low places
Where the whiskey drowns and the beer chases
My blues away
And I'll be okay
I'm not big on social graces
Think I'll slip on down to the Oasis
Oh, I've got friends
In low places

[Verse 3]
I guess I was wrong
I just don't belong
But then, I've been there before
And everything is alright
I'll just say goodnight
And I'll show myself to the door
I didn't mean to cause a big scene
Just wait 'til I finish this glass
Then sweet little lady
I'll head back to the bar
And you can kiss my ass

[Chorus]
'Cause I've got friends in low places
Where the whiskey drowns and the beer chases
My blues away
And I'll be okay
I'm not big on social graces
Think I'll slip on down to the Oasis
Oh, I've got friends
In low places

[Verse 1]
すまねえな,なにしろ育ちが悪いから,ブーツ姿で現れて
フォーマルくらい着なきゃならねえ,お前の晴れの舞台ってヤツを
台無しにしちゃったしぜ
さっきまで知らなかったもんだから,登場するのが遅れたぜ
こんなとこまで絶対に,来るわけないって思ってただろ?
ヤツだって意表を突かれてビビってた
自分が持ってたシャンパンを,俺に横取りされたから
けど俺はグラスを上げて乾杯したぜ
「なあいいか,今まで色々あったけど
俺は全然恨んでねえぞ」そんな風に言いながら

[Chorus]
仲間は負け犬ばっかりだけど
そいつらとウイスキーとかビールとか,そういうもんをがぶ飲みすりゃあ
ヤなことだって忘れられるし
きっと元気が出てくるぜ
お堅い礼儀作法とか,そういうもんには縁がないから
どうせバーってオアシスに流れてくことになる
だって俺の仲間ときたら
負け犬ばっかりなんだから *

[Verse 2]
勘違いしちゃったか,ここじゃ浮いてるみたいだな
俺も昔はそうだったんだ
マズイことはひとつもねえよ,「お休み」って言いたいだけだ
さっさとドアから出て行くぜ
大騒ぎになっちゃったけど,悪気があったわけじゃない
1時間ほどしたら
エリートだけで固めてるそちらのお高い皆さんと
同じくらいハイになれるぜ

[Chorus]
仲間は負け犬ばっかりだけど
そいつらとウイスキーとかビールとか,そういうもんをがぶ飲みすりゃあ
ヤなことも忘れられるし
きっと元気が出てくるぜ
お堅い礼儀作法とか,そういうもんには縁がないから
どうせバーってオアシスに流れてくことになる
だって俺の仲間ときたら
負け犬ばっかりなんだから

[Chorus:Garth Brooks + Crowd][x2]
仲間は負け犬ばっかりだけど
そいつらとウイスキーとかビールとか,そういうもんをがぶ飲みすりゃあ
ヤなことも忘れられるし
きっと元気が出てくるぜ
お堅い礼儀作法とか,そういうもんには縁がないから
どうせバーってオアシスに流れてくことになる
だって俺の仲間ときたら
負け犬ばっかりなんだから

[Verse 3]
勘違いしちゃったか,ここじゃ浮いてるみたいだな
俺も昔はそうだったんだ
マズイことはひとつもねえよ,「お休み」って言いたいだけd声をかけたら
さっさとドアから出て行くぜ
大騒ぎになっちゃったけど,悪気があったわけじゃない
これを飲んでしまうまで,もうちょっとだけ待ってくれ
そうすりゃ心配することないぜ
元いたバーに戻るから
ここから追い出しゃいいだけだ

[Chorus]
仲間は負け犬ばっかりだけど
そいつらとウイスキーとかビールとか,そういうもんをがぶ飲みすりゃあ
ヤなことも忘れられるし
きっと元気が出てくるぜ
お堅い礼儀作法とか,そういうもんには縁がないから
どうせバーってオアシスに流れてくことになる
だって俺の仲間ときたら
負け犬ばっかりなんだから

(補足)

*  I've got friends in low places・・・「 friends in high places(有力者の知り合い)」という表現を踏まえたもので,この他にも歌詞に「black tie」「campaign」「ivory tower」などという表現があるところをみると,相手はいわゆる「玉の輿」に乗るのかもしれません。


(余談)

最初は主人公が相手の結婚式に乗りこんで来たのかと思いましたが,「『お休み』って言いたいだけだ」と言っているところをみるとどうやら違うようです。おそらく婚約パーティでしょうか?

それにしても,婚約パーティに未来の花嫁の元カレがブーツ姿で(おそらくシャツにジーンズでテンガロン・ハット辺りをかぶり)乗り込んで来たとすると,大騒動になるのも無理からぬところです。

したがって,この主人公はこの「奇襲」を周到に準備していたに違いなく,いかに「大騒ぎになっちゃったけど,悪気があったわけじゃない」と主張しようとも,彼自身を含め誰一人としてそれを信じている人間はいないと思われます。

0 件のコメント:

コメントを投稿