2017年9月30日土曜日

Without You アヴィーチー (Avicii ft. Sandro Cavazza)

論理的に言えば,タイトルの「Without You」は二通りに取ることができます。ひとつは「(相手が)いないと生きていけない」そしてもう一つは「(相手が)いなくて小鳥のように自由で幸せ」ですが,このタイトルの曲の大半はなぜか前者です。
その理由を考えるに,後者の曲であれば,主人公の関心が(別れた後の)新しい環境に移り,別れた相手のことをあまり思い出さなくなってしまっているため,タイトルもその新しい生活を表すものになっているからだと思います。
Logically, the title "Without You" can be taken both ways such as I can't live WITHOUT YOU and I'm happy and free as a bird WITHOUT YOU.  Most songs of this title belong to the former somehow.
I think in songs of the second category, the narrator would focus much on their new environment and talk about it not missing the second person very much.  In this case, the title would be something describing their new life.
Without You  (Avicii ft. Sandro Cavazza)
[Verse 1]
You said that we would always be
Without you I feel lost at sea
Through the darkness you'd hide with me
Like the wind we'd be wild and free

[Pre-Chorus]
You said you'd follow me anywhere
But your eyes tell me you won't be there

[Chorus]
I've gotta learn how to love without you
I've gotta carry my cross without you
Stuck in the middle and I'm just about to
Figure it out without you
And I'm done sitting home without you
Fuck, I'm going out without you
I'm gonna to tear this city down without you
I'm goin' Bonnie and Clyde without you

[Verse 2]
Now I'm running away, my dear
From myself and the truth I fear
My heart is beating I can't see clear
How I'm wishing that you were here

[Pre-Chorus]
You said you'd follow me anywhere
But your eyes tell me you won't be there

[Chorus]
I've gotta learn how to love without you
I've gotta carry my cross without you
Stuck in the middle and I'm just about to
Figure it out without you
And I'm done sitting home without you
Fuck, I'm going out without you
I'm gonna to tear this city down without you
I'm goin' Bonnie and Clyde without you

[Verse 1]
言ってくれたよな?お互いに大丈夫って
だけどお前がいないから,どうしていいかわからない
暗闇の中だって,お前なら俺と一緒に隠れてくれる
そしたら風になったみたいに,自由気ままにやってける

[Pre-Chorus]
言ってくれたよな?どこへだってついてくよって
だけど目を見ていると,そうじゃないってわかるんだ

[Chorus]
たとえお前がいなくても
相手のことを大切にできなくちゃいけないし
たったひとりで人生の重荷も背負なきゃダメなんだ
にっちもさっちもいかなくて,身動き取れなくなってることが,やっとわかりかけてきた
お前がいないからだって
家でひとりで何もせず,過ごすのなんてウンザリなんだ
チクショウ,出かける時だって,もうお前はいないんだ
お前がそこにいないんじゃこんな街に用はない
あのボニーとクライドがやったみたいに銀行のひとつも襲ってやりたくなるよ
だってお前がいないから

[Verse 2]
なあいいか,これから逃げ出すとこなんだ
自分っていう人間からも,本当だけど怖すぎて認められないことからも
心臓は動いてるけど,どうしてもハッキリとはわからない
ここにいて欲しいって,こんなに願っているなんて

[Pre-Chorus]
言ってくれたよな?どこへだってついてくよって
だけど目を見ていると,そうじゃないってわかるんだ

[Chorus]
たとえお前がいなくても
相手のことを大切にできなくちゃいけないし
たったひとりで人生の重荷も背負なきゃダメなんだ
にっちもさっちもいかなくて,身動き取れなくなってることが,やっとわかりかけてきた
お前がいないからだって
家でひとりで何もせず,過ごすのなんてウンザリなんだ
チクショウ,出かける時だって,もうお前はいないんだ
お前がそこにいないんじゃこんな街に用はない
あのボニーとクライドがやったみたいに銀行のひとつも襲ってやりたくなるよ
だってお前がいないから

(余談)

・・・ヤケを起こすのは止めましょう。

1 件のコメント:

  1. Aviciiが好きで、この曲もお気に入りの一つです。シンプルながらもAviciiらしさがある面白い歌詞ですよね!
    Gotyeの Somebody That I Used To Knowでこのサイトを知りましたが、今でも歌詞が気になったらよくこちらに来ています。
    vestigeさんの愛あるまえがきと、自然で人間味の溢れる和訳、思わず笑ってしまう余談が大好きです。
    I'm so glad to meet you ;) 応援しています!

    返信削除