2018年1月25日木曜日

Green Green Grass of Home トム・ジョーンズ (Tom Jones)

この曲今までに何度も耳になさっていると思いますが,歌詞の内容をご存じでしょうか?
心地よいメロディーを聞いていると,主人公が故郷に帰って昔を懐かしむ楽しい曲に思えますがそういう曲ではありません。
I know you've heard this song so many times before but do you know what the song's about?  Listening to a comfortable melody, you may think it's a happy song in which the narrator comes home to reminisce their good old days.  That's not the song's all about.
Green Green Grass of Home  (Tom Jones)

The old home town looks the same
As I step down from the train
And there to meet me is my Mama and Papa
Down the road I look and there runs Mary
Hair of gold and lips like cherries
It's good to touch the green, green grass of home
Yes, they'll all come to meet me
Arms reaching, smiling sweetly
It's good to touch the green, green, grass of home
The old house is still standing
Tho' the paint is cracked and dry
And there's that old oak tree that I used to play on

Down the lane I walk with my sweet Mary
Hair of gold and lips like cherries
It's good to touch the green, green grass of home
Yes, they'll all come to meet me
Arms reaching, smiling sweetly
It's good to touch the green, green grass of home

[Spoken:]
Then I awake and look around me
At the four grey walls that surround me
And I realize, yes, I was only dreaming
For there's a guard and there's a sad old padre -
Arm in arm we'll walk at daybreak
Again I touch the green, green grass of home

Yes, they'll all come to see me in the shade
Of that old oak tree
As they lay me neath the green, green grass of home

懐かしい故郷は,昔とちっとも変ってなくて
電車から降りながら,俺はそう考える
ママとオヤジが迎えに来てて
道の向うを眺めていると,メアリーが走ってそこへやって来る
あいつの髪は金髪で,唇はまるでさくらんぼ
青々とした故郷の,草むらに手をやって,幸せを噛みしめる
そうだみんなが会いに来て
あっちからこっちから,腕がいくつも伸びてきて,優しい笑顔を浮かべてる
青々とした故郷の,草むらに手をやって,幸せを噛みしめる
自分の住んでた懐かしいあの家もまだ建っている
さすがにペンキにヒビが入ってカラカラに乾いてるけど
昔よく遊んでた,懐かしい樫の木がまだ残ってる

大好きなメアリーと一緒に通りを歩いてく
あいつの髪は金髪で,唇はまるでさくらんぼ
青々とした故郷の,草むらに手をやって,幸せを噛みしめる
そうだみんなが会いに来て
あっちからこっちから,腕がいくつも伸びてきて,優しい笑顔を浮かべてる
青々とした故郷の,草むらに手をやって,幸せを噛みしめる

[Spoken:]
目が覚めて,それで周りを見回した
灰色の壁にぐるりと囲まれてたよ
それで気がついたんだ,ただの夢だったって
看守と悲しい顔をしたいつもの神父がそこにいたから
腕を組み,夜明けの道を歩いてく
もう一度,青々とした故郷の,草むらを手で触れる

みんなが会いに来てくれる
あの樫の木陰まで
青々とした故郷の,草むらのその下に,俺が眠ってるんだから

(余談)

主人公は死刑囚で,刑の執行日の朝に懐かしい人々が登場する昔の夢を見た・・・ハッピーとは対極にある曲と言えましょう。

1 件のコメント:

  1. 少なくとも、夢を見ていた時は幸せだった。目が覚めて、周りを見回した時だって、夢のようなものでしょ?

    返信削除