2018年2月16日金曜日

Maybe アニー (Annie)

Harold Grayの4コマ漫画「孤児アニー(Little Orphan Annie)」を基にしたブロードウェイ・ミュージカルの一曲で,1977年の初演以来約6年間にわたって上演されました。楽しく明るい曲ですが,実際に孤児になるということはそれほと楽しいことではないでしょう。
This song is a track from a Broadway musical Annie which was based on Harold Gray's comic strip Little Orphan Annie.  The play has run for almost six years since it was produced in 1977.  The song sounds fun and happy.  In real life, however, I don't think being an orphan is that funny.   
Maybe  (Annie)

[ANNIE]
Maybe far away
Or maybe real nearby
He may be pouring her coffee
She may be straighting his tie!
Maybe in a house
All hidden by a hill
She's sitting playing piano,
He's sitting paying a bill!
Betcha they're young
Betcha they're smart
Bet they collect things
Like ashtrays, and art!
Betcha they're good --
(Why shouldn't they be?)
Their one mistake
Was giving up me!
So maybe now it's time,
And maybe when I wake
They'll be there calling me "Baby"...
Maybe.
Betcha he reads
Betcha she sews
Maybe she's made me
A closet of clothes!
Maybe they're strict
As straight as a line...
Don't really care
As long as they're mine!
So maybe now this prayer's
The last one of it's kind...
Won't you please come get your "Baby" 
[ANNIE AND ORPHANS]
Maybe

[ANNIE]
多分どこか遠いところで
ひょっとしたらすぐそばで
あの人があの子にコーヒー入れたげて
あの子はあの子であの人のネクタイを直してるかも
多分どっかの家の中
丘ですっかり隠れてるとこ
そういう家のピアノの前で,あの子が座ってピアノ弾いてる
その横であの人が,ツケのお金を払ってる
2人ともきっと若くって
2人とも頭がいいの
コレクションが好きなはず
灰皿だとか,アートとか!
2人とも絶対にいい人だけど
(そうじゃないわけないじゃない)
たった一つの大きなミスは
アタシを手放しちゃったこと!
だからきっとそろそろよ
目が覚めたらもしかして
2人ともすぐそばにいて, アタシのことを呼んでるのかも,「ベイビイ・・・」って
ひょっとすると・・・
あの人はきっと本が大好きで
あの子の特技はお裁縫
あの子はきっとアタシのために
クローゼットいっぱいのお洋服を作ってくれる
ひょっとしたら厳しくて
曲がったことを許さない直線みたいな人かもね
だけどそんなのどうでもいいの
パパとママになってくれたら
だからこうして祈るのも
これで最後のお願いにする
とにかく早くここに来て,アタシのことを「子ども」にしてよ

[ANNIE AND ORPHANS]
もしかすると・・・

(余談)

Maybeという言葉は色々な意味で取れそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿