2011年12月13日火曜日

Make You Feel My Love ボブ・ディラン/アデル/エド・シーラン(Bob Dylan/Adele/Ed Sheeran)

説明は不要でしょう。実はこの曲のことは知っていたのですが、作曲がBob Dylanとは知りませんでした。Garth Brooks、Bryan Ferry、Billy Joelといった面々がカヴァーしています。Bob Dylanと聞いて頭に浮かぶのは、反逆だの、反体制だの、反戦だのといった単語で、こんな美しいラヴソングを書いているとは思いませんでした。
ここでは,本家の他にもカヴァーを2つ取り上げました。一つはAdeleのものでもう一つはEd Sheeranのものです。どちらも素晴らしい。後者のヴィデオでは 1:45-48と2:47の辺りに中断による間が出来てしまっていますが、それでも十分楽しめます。
No explanation would be necessary.  Honestly, I knew the song but didn't know Bob Dylan wrote it.  Artists including Garth Brooks, Bryan Ferry and Billy Joel have covered it.  The name Bob Dylan reminds me of words like rebel, anti-establishment and anti-war but not of a beautiful love song.
Here I picked up two covers as well as the original:  One by Adele and the other by Ed Sheeran.  Both are great covers.  Sorry for the break around 1:45-48 and 2:47 in the latter video but still you can appreciate the song.  
Make You Feel My Love (Bob Dylan)
(Adele cover)
(Ed Sheeran cover)

When the rain is blowing in your face,
And the whole world is on your case,
I could offer you a warm embrace
To make you feel my love.

When the evening shatters (shadows) and the stars appear,*
And there is no one there to dry your tears,
I could hold you for a million years
To make you feel my love.

I know you haven't made your mind up yet,
But I would never do you wrong.
I've known it from the moment that we met,
No doubt in my mind where you belong.

I'd go hungry; I'd go black and blue,
I'd go crawling down the avenue.
No, there's nothing that I wouldn't do
To make you feel my love.

The storms are raging on the rolling sea
And on the highway of regret.
Though winds of change are blowing wild and free,
You ain't seen nothing like me yet.

I could make you happy, make your dreams come true.
Nothing that I wouldn't do.
Go to the ends of the Earth for you,
To make you feel my love
To make you feel my love

激しい雨が容赦なく打ちつけるような辛い時
背負ってるもので身動きが取れないような苦しい時は
ぎゅっと抱きしめてその温もりで
一人じゃないって教えてあげる

辛くて(夜になって)空に星が見える頃になっても
涙を拭ってくれる人が見つからない時は
いつまでもずっと抱きしめて
ついてるよって教えてあげる

まだ迷ってるってことはわかってる
だけど決して泣かせたりしない
出会った時に確信したんだ
2人は結ばれる運命だって

食べるものがなくなっても、打ちのめされても
立ち上がって歩けなくなっても構わない
どんなことでも耐えてみせる
それで気持ちが伝わるのなら

人生には辛い時もある
後悔する時だってある
変わらないものなんてほとんどないけど
こんな経験は初めてだよね

幸せにして夢をかなえてあげる
そのためならなんでもするよ
地の果てまで行ってもいい
ただこの気持ちをわかってほしい
愛してる
それだけを伝えたいよ

(追記)*When the evening shadows and the stars appearの箇所ですが,こう歌っているAdeleに対し,本家Bob Dylanはshattersと歌っているようです。後者の方がより挫折感の表れた表現であるように思います。そこで和訳では,Adeleのshadowsに基づいた訳はカッコ()に入れました。ベタ打ちになっている方が本家のshattersに基づいた和訳です。

(追記その2)

蛇足かもしれませんが,英語歌詞に登場するI'd go black and blueという箇所は,おそらく(be) black and blue(全身あざだらけ)という表現の変形であると思われるため,その文脈で和訳しています。

21 件のコメント:

  1. この訳はナイーブすぎるのでは。ディランの心情はもっと屈折していると思います。自分の心情が伝わらないもどかしさが表れている曲ではないでしょうか。

    返信削除
  2. コメントありがとうございます。大切になさっている曲なのですね。お心に沿えず申し訳ありません。実はYouTubeで検索をかけても,なかなか本家がヒットせず,そちらを聴かずにAdeleとEd Sheeranのカヴァーのみを聴いて和訳しておりました。ために仰るように青過ぎるかもしれません。早速本家の方も聴き,ヴィデオも追加いたしましたが,ただ悲しいかな今の私では,その「もどかしさ」をまだ感じ取れません。今後も精進を重ね,いつかその「もどかしさ」を反映させた和訳ができればと思っております。示唆に溢れた貴重なご意見ありがとうございました。また何かございましたら,是非お知らせください。お待ちしております。

    返信削除
  3. Ed Sheeran、連日聞いて、とどめをさされてます。 この曲、そもそも、原文の“to make you feel my love”っていう言い方がいいなあと思う。(作詞はBob Dylan ですよね)my loveが当然の前提としてあって、そして、たとえば、”I’ll do anything for you.”とか言うより、もっと相手本位に思っているようで優しさを感じます。Ed Sheeranの詩のもつ優しさに通ずるところがあるのではないでしょうか。彼がカバーするのも納得のような気がします。 訳文はEd Sheeranの語りで聞こえてきます。これも優しいですね。自分に言われていると錯覚してうれしくなります。Bob Dylanの語りを採用していたら、年齢も違うので原文の捉え方も変わってくるかもしれないし、言葉遣いなんかも変わってきそうです。でも、Ed Sheeranの語りでよかったです。今は、彼のvoiceで聞きたいから。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。やはりoak様もEdの犠牲者に・・・。個人的にはこの訳文は,歌詞に5回登場するTo make you feel my loveをすべて異なる表現にできたところがポイントだと思っております。また,これと同様のものとしてはJames MorrisonのYou Make It Realがございます。この曲は各連の終わりがほぼYou make it real for meで終わるのですが,それぞれに別の訳文を当てております。そちらも併せてご覧ください。

      削除
  4. あまりにも訳が飛躍しすぎで、きれいごとの歌になっている気がします。

    返信削除
  5. とてもきれいな訳で私は好きです。。。美しいです。

    返信削除
  6. 途中、訳がピンとこない箇所もありますが、すっきりとまとまり素晴らしいですね。
    この歌は特に英語で見聞きしたほうが心に入る曲ですね。
    私はAdele coverしか聞いたことがないですが、Bob Dylanが歌うこの曲を聴いてみたいです。 

    返信削除
  7. こんにちは。
    こちらの訳をときどき拝見して、個人的に日本語の使われ方や、選ばれる曲が私の好みとすごくマッチしていて嬉しいです。
    この曲はアメリカのgleeというドラマで知りました。そのドラマの主人公役だったコリー・モンテースが亡くなった時に追悼エピソードが作られて、その時に公私ともにコリーの恋人だったLeaが歌っていました。Bob Dylan作詞だったのですね。とてもきれいで好きだったので、詳しく知れてよかったです。
    ありがとうございます。

    返信削除
    返信
    1. コメント並びに温かいお言葉ありがとうございます。私はこの曲をEd Sheeranのカヴァーで知ったのですが,大変美しい曲で,聴いてすぐにこちらで取り上げようと思ったことを記憶しております。いずれにせよ拙訳がお役に立ててなによりです。

      削除
  8. 翻訳の仕事をしていたことがありますが、とても素晴らしい、センスのある和訳だと思います。この曲は誰が歌うかによって微妙に二ュアンスがかわってくるのではないかと思います。上のバージョンは、AdeleやgleeのLeaが歌うイメージに近いのかなと感じました。特に恋人を突然失ったLeaのことを想像しながら上の和訳を拝見すると涙があふれてしまいました。

    返信削除
  9. アメリカンアイドルで、M・Kというビアンの女性が歌い、とても心に響きました。
    色んな和訳がありますが、どれも彼女と合わず、この和訳がぴったりで、見つけることができてとても嬉しいです。
    女性が歌うのと、男性が歌うのと違ってくるだろうし、又その人のキャラクターにも寄りますよね。
    とても深い歌だと思いますし。

    返信削除
  10. こんばんは♪twitterでたまにコメントさせてもらってるつばさです(^^)
    私も今日アメリカンアイドルでMKが歌ってるのを聴いてここに飛んできてしまいました!
    やっぱり主さんの訳大好きです(*´`)

    返信削除
    返信
    1. コメント並びに温かいお言葉ありがとうございます。つばさ様もお元気そうでなによりです。それにしても,今日一日で既にお二人の方がこの曲にコメントをくださっています。アメリカン・アイドルに限らず,オーディション番組の最大の目的は,優れた才能を見つけ出すことですが,その過程で世の名曲に新たな光が当たることも少なくないような気がいたします。

      削除
  11. こちらのサイトの和訳は、私の思い描いていた気持ちと繋がるところがあり、時々お邪魔して参考にさせて頂いております。"Make You Feel My Love"は、以前から知っていましたが、Bob DylanでもAdeleでもEd Sheeranでもなく、私はBoy Georgeを聴いて...もう...たまりません。彼のしゃがれた声でこの曲を歌うのを聴くと、涙が取り留めもなく流れてきて、平常心で最後まで聴く事が出来ません。そして、この和訳を拝見すると、更に感情が湧き上がってきて、胸が熱くなります。この和訳、私は大好きです。

    返信削除
  12. こちらのサイトの和訳は、私の思い描いていた気持ちと繋がるところがあり、時々お邪魔して参考にさせて頂いております。"Make You Feel My Love"は、以前から知っていましたが、Bob DylanでもAdeleでもEd Sheeranでもなく、私はBoy Georgeを聴いて...もう...たまりません。彼のしゃがれた声でこの曲を歌うのを聴くと、涙が取り留めもなく流れてきて、平常心で最後まで聴く事が出来ません。そして、この和訳を拝見すると、更に感情が湧き上がってきて、胸が熱くなります。この和訳、私は大好きです。

    返信削除
    返信
    1. コメント並びに温かいお言葉ありがとうございます。私はBoy GeorgeがカヴァーしたLana Del ReyのVideo Gamesを聴き,歌唱力とはこういうものなのかと圧倒されました。人生を感じさせる素晴らしいカヴァーなので機会があれば是非。

      削除
  13. 英語好きな学生です。いつもあなたの訳を拝見させていただいて、このような捉え方もあるのかと感心させていただいています。これからの新曲にも期待しています!!
    P.S._このサイトのせいで例の彼女にやられました。

    返信削除
    返信
    1. コメント並びに温かいお言葉ありがとうございます。コメントが何故かスパムフォルダに格納されていたため,お返事が遅れたことをお詫びいたします。ところでお話しの「例の彼女」というのはあの「凄腕の刺客(モニカ)」のことでしょうか?

      削除
  14.  「Make You Feel My Love」は具体的にどのような歌なのですか。説明していただけると嬉しいです。

    返信削除
  15. おいおい、ディラン以外で、対訳つけるほどの歌ってあるにょ?

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。個人的には勿論「ある」と思っておりますし,そのようにお考えの方は少なくないと思います。

      削除