2012年1月23日月曜日

Iridescent リンキン・パーク(Linkin Park)

Linkin Parkの曲には,歌詞が具体的ではないため,様々解釈が成り立つことがよくあります。これも例外ではありません。核戦争後の世界を歌ったものであるという人,いやいや,恋人との破局,離婚,親しい人の死などの「別れ」を歌ったものであるという人と様々です。この曲が映画「トランスフォーマー3」(Transformers: Dark Of The Moon)のサウンドトラックに入っていることを考えれば,前者の核戦争後の世界説に説得力があるような気がしますが,そうするとサビの部分の「今度こそ,その悲しみや怒りにきちんと向き合って,(それを)ひとつずつ乗り越えるんだ」の箇所がしっくりきません。ここでは後者の解釈を採用しています。
As is often the case with Linkin Park's songs can be interpreted so many ways.  This one is not an exception.  Some say it's about the aftermath of a nuclear war and others about a devastating event occurring in our lives, such as breakup, divorce or death of the loved one.  Considering the fact that this is featured on a film "Transformers: Dark Of The Moon", the former would be more plausible but then "Remember all the sadness and frustration.  And let it go. Let it go"doesn't make sense.  I would take the latter.
Iridescent  (Linkin Park)
You were standing in the wake of devastation
And you were waiting on the edge of the unknown
And with the cataclysm raining down
Insides crying "Save me now"
You were there, impossibly alone

Do you feel cold and lost in desperation?
You build up hope, but failure’s all you’ve known
Remember all the sadness and frustration
And let it go. Let it go

And in a burst of light that blinded every angel
As if the sky had blown the heavens into stars
You felt the gravity of tempered grace
Falling into empty space
No one there to catch you in their arms

Do you feel cold and lost in desperation?
You build up hope, but failure’s all you’ve known
Remember all the sadness and frustration
And let it go. Let it go

Do you feel cold and lost in desperation?
You build up hope, but failure’s all you’ve known
Remember all the sadness and frustration
And let it go. Let it go

Let it go
Let it go
Let it go
Let it go

Do you feel cold and lost in desperation?
You build up hope, but failure’s all you’ve known
Remember all the sadness and frustration
And let it go. Let it go

何も出来ず,君はそこに立ち尽くしていた もうじき大変なことが起きるというその時に
実際にどうなるのか全くわからないまま,そこでずっと待ち続けてた
世界が180℃変わるようなことが突然起こった時,
心の中では誰かにそこから連れ出してもらいたかったけど,
実際には逃げられなかった 自分しかいなかったから

絶望のどん底に突き落とされたら,寒気や喪失感を覚えるだろう?
今まで,望みをかけても,結局最後は裏切られてばかりだったけど,
今度こそ,その悲しみや怒りにきちんと向き合って
ひとつずつ乗り越えるんだ

その瞬間は,天使の目もくらむほど,ものすごい量の光が次々と溢れ出て来た
まるで天国が吹っ飛んで,星になったみたいだ
どうにか必死に取り乱さないようにしてたけど,
奈落の底へ落ちていくような気がした
受け止めてくれる人もいないのに

絶望のどん底に突き落とされたら,寒気や喪失感を覚えるだろう?
今まで,望みをかけても,結局最後は裏切られてばかりだったけど,
今度こそ,その悲しみや怒りにきちんと向き合って
ひとつずつ乗り越えるんだ

絶望のどん底に突き落とされたら,寒気や喪失感を覚えるだろう?
今まで,望みをかけても,結局最後は裏切られてばかりだったけど,
今度こそ,その悲しみや怒りにきちんと向き合って
ひとつずつ乗り越えるんだ

乗り越えて
忘れるんだ
そのまま
終わらせるんだ

絶望のどん底に突き落とされたら,寒気や喪失感を覚えるだろう?
今まで,望みをかけても,結局最後は裏切られてばかりだったけど,
今度こそ,その悲しみや怒りにきちんと向き合って
ひとつずつ乗り越えるんだ

2 件のコメント:

  1. 少なくとも某tubeの罠音楽日本公式動画の対訳で「Let it go⇒あきらめろ」と繰り返していたのが違和感満載で調べた結果ここに辿り着いてよっぽど納得できる対訳くんでした。

    あきらめろ、あきらめろ…と連呼するような歌には到底思えなかったので。

    返信削除
    返信
    1. コメント並びに温かいお言葉ありがとうございます。let it goの訳語として間違っているわけではないと思いますが,確かに仰る通りあきらめることを勧める曲ではないような気もいたします。

      削除