2012年3月5日月曜日

I Will Follow You Into The Dark デス・キャブ・フォー・キューティ(Death Cab for Cutie)

現代の生活では音楽を耳する機会が少なくないので,なかには気に入って覚えてしまったものの,アーティスト名や曲名は知らないままという曲もあります。この曲はそういうもののひとつ。読者の方がWhat Sarah Saidを教えてくださる以前から,同じアルバムのこの曲だけは知っていたのですが,それはDCFCのオリジナルではなくカヴァーでした。通常ならオリジナルを尊重するところですが,今回はカヴァーも捨てがたい。 そこでカヴァー(2番目のヴィデオ)も付けました。Kurt Hugo Schneiderがピアノを弾いているのですが,それが大変に美しい。とにかくご覧になれば納得いただけると思います。
We all hear a lot of music these days.  Some of them stuck into our ear and become our favorites but we don't always know the titles or who sings/plays them.  This song is one of them.  Before one of my followers recommend me What Sarah Said, another track from the same album, I had known this song by a cover.  Usually, I appreciate the original far more than a cover but not this time.  A piano rendition performed by Kurt Hugo Schneider in the second video is breathtakingly beautiful.  Please watch the second video as well, I'm sure you wouldn't be disappointed.        
I Will Follow You into The Dark  (Death Cab for Cutie)
(Kurt Hugo Schneider cover)
Love of mine
Someday you will die
But I'll be close behind
I'll follow you into the dark
No blinding light or tunnels to gates of white
Just our hands clasped so tight
Waiting for the hint of the spark

If heaven and hell decide that they both are satisfied
Illuminate the no's on their vacancy signs
If there's no one beside you when your soul embarks
Then I'll follow you into the dark

In catholic school, as vicious as Roman rule
I got my knuckles bruised by a lady in black
And I held my tongue as she told me "Son fear is the heart of love"
So I never went back

If heaven and hell decide that they both are satisfied
Illuminate the no's on their vacancy signs
If there's no one beside you when your soul embarks
Then I'll follow you into the dark

You and me
Have seen everything to see
From Bangkok to Calgary
And the soles of your shoes
Are all worn down, the time for sleep is now
But it's nothing to cry about 'cause we'll hold each other soon
In the blackest of rooms

If heaven and hell decide that they both are satisfied
Illuminate the no's on their vacancy signs
If there's no one beside you when your soul embarks
Then I'll follow you into the dark
And I'll follow you into the dark.

言っておきたいんだ
いつか君もこの世を去る
だけどその時は一人じゃない すぐ後ろを歩いてる
この世界の先には暗闇しかないけど
それでも君について行くよ
人が言うような眩しい光も見えないし,トンネルの先に純白に輝く門があるわけでもない
だけど一緒に手をしっかりとつないで
ほんのわずかな光が見えるまでそこで待とう

天国と地獄が人間でいっぱいになったら,もうそこに入る余地はない
両方に「満室」の表示が出て,次に行く場所はなくなるけど
君の魂がこの世から旅立つ時,一人ぼっちだったら
一緒にその暗闇のなかまでついていくよ

カトリックの学校は,ローマ帝国みたいに厳しかった
黒い衣を着たシスターに,青あざができるまで拳を叩かれたよ
そして「神に対する恐れこそが愛なのです」とシスターが言った時,遂に悟った
そのまま学校を辞めて,信仰も捨てたんだ

天国と地獄が人間でいっぱいになったら,もうそこに入る余地はない
両方に「満室」の表示が出て,次に行く場所はなくなるけど
君の魂がこの世から旅立つ時,一人ぼっちだったら
一緒にその暗闇のなかまでついていくよ

2人で旅して
見るべきものはみんな見たよね
バンコクからカルガリーまであらゆるところに行ったから
君の靴底もずいぶん擦り減った
疲れたよね? だからもうお休み
でも泣くことないよ すぐにまた会えるんだから
この世界の先にある暗闇の中で

天国と地獄が人間でいっぱいになったら,もうそこに入る余地はない
両方に「満室」の表示が出て,次に行く場所はなくなるけど
君の魂がこの世から船出する時,一人ぼっちだったら
一緒にその暗闇のなかまでついていく
怖がらなくていい そばにいるから

2 件のコメント:

  1. 私この歌大好きです!
    でも本当に解釈が難しくて、自分で聞いてるときは
    2番目のAメロからよく分からなかったんですが、
    読んでて、すごく素敵な和訳やなぁと思いました。

    ベンなら日本語でも口調が優しそうですよね。
    自然な和訳に感動してしまいました。

    返信削除
    返信
    1. コメント並びに過分なお褒めのお言葉ありがとうございます。私も素晴らしい曲だと思います。これ以外にもDeath Cab for Cutieの曲は,Codes and Keys, You Are A Tourist, What Sarah Saidなどを取り上げておりますので,お時間があればご覧ください。またtwitterの方でも余談(バカ話)を展開しております。アカウントをお持ちでしたら是非お越しください。お待ちしております。さてこのサイト,匿名様が多数おいでです。どのようなお名前でも結構ですので名乗っていただけると助かります。よろしくお願いいたします。

      削除