2013年8月24日土曜日

Circus ブリトニー・スピアーズ (Britney Spears)

9月に彼女の新しいシングルが発売されるらしいのですが,そのタイトルがAll The Eyes On Meで,お気づきのように,この曲のコーラス(サビ)の部分と全く同じです。
この曲の歌詞については,これは彼女の人生を題材にしたものだと言われています。歌詞に登場する「相手を楽しませる人」は彼女自身を,そして「楽しませてもらう人」がパパラッチを表していて,サーカスという名の彼女の人生を動かしているのは彼女Britney Spearsだと言っているのだとか。確かにそうかもしれません。ただそのサーカス,過去にはひどい状態だったことが何度かあったような気がします。是非とも彼女にはもう一度「アタシの思い通りに」して欲しいですね。
She's going to release her new single in September and the title is "All The Eyes On Me".  As you see, that's identical with the first line of the chorus.
As for the lyrics,  people say it's about her life.  "The ones that entertain" represents herself and "the ones that observe" does paparazzi, saying she's the one who controls the circus or her life.  Maybe.  To me, however, her circus seems to have been too messy sometimes.  I strongly hope she's going to "call the shots" again.
Circus  (Britney Spears)
[VERSE 1]
There's only two types of people in the world
The ones that entertain, and the ones that observe
Well baby I'm a put-on-a-show kinda girl
Don't like the backseat, gotta be first (oh, oh)
I'm like the ringleader
I call the shots (call the shots)
I'm like a firecracker
I make it hot (make it hot)
When I put on a show

[Bridge:]
I feel the adrenaline moving through my veins (hah, hah, hah)
Spotlight on me and I'm ready to break (hah, hah, hah)
I'm like a performer, the dance floor is my stage (hah, hah, hah)
Better be ready, hope that ya feel the same (hah, hah, hah)

[Chorus:]
All the eyes on me in the center of the ring
Just like a circus (ah, ah, ahaha-hah)
When I crack that whip, everybody gonna trip
Just like a circus (ah, ah, ahaha-hah)
Don't stand there watching me, follow me
Show me what you can do
Everybody let go, we can make a dance floor
Just like a circus (ah, ah, ahaha-hah, ha, ha, ha, ha, ho, ho, ho)

[VERSE 2]
There's only two types of guys out there,
Ones that can hang with me, and ones that are scared
So baby I hope that you came prepared
I run a tight ship, so beware
I'm like a ring leader, I call the shots.
I'm like a fire cracker,
I make it hot when I put on a show.

[Bridge]

[Chorus]

Let's go..(ah, ah, ahaha-hah)
Let me see what you can do..(ah, ah, ahaha-hah)
I'm running this.
Yeah, like what..?

[Bridge]

[Chorus:]
All the eyes on me in the center of the ring
Just like a circus (ah, ah, ahaha-hah)
When I crack that whip, everybody gonna trip
Just like a circus (ah, ah, ahaha-hah)
Don't stand there watching me, follow me
Show me what you can do
Everybody let go, we can make a dance floor
Just like a circus (ah, ah, ahaha-hah)
All the eyes on me in the center of the ring
Just like a circus (ah, ah, ahaha-hah)
When I crack that whip, everybody gonna trip
Just like a circus (ah, ah, ahaha-hah)
Don't stand there watching me, follow me
Show me what you can do
Everybody let go, we can make a dance floor
Just like a circus (ah, ah, ahaha-hah, ha, ha, ha, ha, ho, ho, ho)

[VERSE 1]
世の中には2つのタイプの人がいる
相手を楽しませる人と
楽しませてもらう人
それでねベイビイ,このアタシは
楽しませるのが好きな子なの
だから後ろの席でなんて許さない
最前列に来てくれなきゃ
裏の実力者みたいに
アタシの思い通りにするんだから
爆竹みたいに火がつくとはじけるの
見てるだけで熱くなる
そんなショウにしてあげる

[Bridge:]
この体の中を
アドレナリンが駆け巡ってる
スポットライトを体に浴びて
今すぐにでもブレイクできる
お芝居をするみたいに
ダンス・フロアを舞台にするの
覚悟してね 
そのつもりだといいんだけど

[Chorus:]
人だかりの中心にいて
周りがみんなこっちを見てる
まるでサーカスみたい
ムチを手にして鳴らしただけで
みんなが歩き出す
サーカスみたい
そこで突っ立って見てないで
一緒にいらっしゃい
一体何ができるのか
ちゃんと教えてくれなくちゃ
みんなで一緒になって
ダンス・フロアをサーカスにするの

[VERSE 2]
男の人には2種類だけ
こんなアタシと付き合える人と
怖じ気づいてダメな人
ベイビイ,ちゃんと覚悟して来たのよね?
手綱は緩めないから気を付けて
裏の実力者みたいに
アタシの好きなようにするんだから
爆竹みたいに火がつくとはじけるの
見てるだけで熱くなる
そんなショウにしてあげる

[Bridge]
この体の中を
アドレナリンが駆け巡ってる
スポットライトを体に浴びて
今すぐにでもブレイクできる
お芝居をするみたいに
ダンス・フロアを舞台にするの
覚悟してね 
そのつもりだといいんだけど

[Chorus]
さあ
一体何が出来るのか教えてちょうだい
アタシはこうしてるの
そうよ,どんなことができるの?

[Bridge]
この体の中を
アドレナリンが駆け巡ってる
スポットライトを体に浴びて
今すぐにでもブレイクできる
お芝居をするみたいに
ダンス・フロアを舞台にするの
覚悟してね 
そのつもりだといいんだけど

[Chorus:]
人だかりの中心にいて
周りがみんなこっちを見てる
まるでサーカスみたい
ムチを手にして鳴らしただけで
みんなが歩き出す
サーカスみたい
そこで突っ立って見てないで
一緒にいらっしゃい
一体何ができるのか
ちゃんと教えてくれなくちゃ
みんなで一緒になって
ダンス・フロアをサーカスにするの(2回繰り返し)

(余談)

先日彼女のOooLa Laという曲のミュージック・ヴィデオを見たのですが,その芸風の変化に当惑しました。

アニメ映画の挿入歌なので仕方ないのかもしれませんが,なんというかよく言えば落ち着いている,有体に言ってしまえば「お母ちゃん」という感じだったからです。

実際に彼女にはお子さんも2人いるわけですし,見方によっては微笑ましいのですが,絶頂期の彼女を知っているだけに,あの「寸止めの危うさ」みたいなものが完全に消えてしまっていたのが多少ショックでした。

ただそれも「楽しませてもらう」側の勝手な気持ちですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿