2015年2月8日日曜日

Chandelier シーア (Sia)

Seinabo SeyのHard Timesにコメントを下さった方曰く,この曲については見解が割れているそうです。果たしてこの曲を「パーティ万歳」的なものと考えるべきなのか?個人的にはそう考えたことは一度もありません。確かに表面上は主人公はパーティとアルコール三昧のお気楽な生活を満喫していますが,実は心の中ではそういう生活がイヤでたまらないのではないかと思います。現実を忘れたくてそうでないフリをしてるだけです。
The person who commented on Hard Times (Seinabo Sey) mentioned this song saying people have a different idea on it.  Should it be taken as a party anthem?  Well, I've never taken it that way.  It's true the protagonist is enjoying a carefree life filled with party and alcohol on the surface but I think she actually hates it very much underneath.  She's just pretending she loves it to forget the reality.
Chandelier  (Sia)
[Verse 1]
Party girls don't get hurt
Can’t feel anything, when will I learn
I push it down, push it down
I'm the one "for a good time call"
Phone’s blowin' up, ringin' my doorbell
I feel the love, feel the love

[Pre-Chorus]
1 2 3, 1 2 3, drink
1 2 3, 1 2 3, drink
1 2 3, 1 2 3, drink
Throw 'em back till I lose count

[Chorus]
I'm gonna swing from the chandelier
From the chandelier
I'm gonna live like tomorrow doesn't exist
Like it doesn't exist
I'm gonna fly like a bird through the night
Feel my tears as they dry, I -
I'm gonna swing from the chandelier
From the chandelier

[Post-Chorus]
But I'm holding on for dear life
Won't look down, won't open my eyes
Keep my glass full until morning light
Cause I'm just holding on for tonight
Help me, I'm holding on for dear life
Won't look down, won't open my eyes
Keep my glass full until morning light
Cause I'm just holding on for tonight
On for tonight

[Verse 2]
Sun is up, I'm a mess
Gotta get out now, gotta run from this
Here comes the shame, here comes the shame

[Pre-Chorus + Chorus + Post-Chorus]

[Outro]
On for tonight
Cause I'm just holding on for tonight
Oh, I'm just holding on for tonight
On for tonight, on for tonight
Cause I'm just holding on for tonight
Cause I'm just holding on for tonight
Oh, I'm just holding on for tonight
On for tonight, on for tonight

[Verse 1]
パーティで
生きてるような子だったら
滅多なことじゃ傷つかない
何がなんだかわからない
そろそろ大人にならなくちゃ
止めなきゃダメって思うけど
それもすぐに忘れちゃう
「遊びたい時に電話する」
アタシはそういう相手なの
突然電話が鳴りだして
相手が部屋まで迎えに来ると
求められてるんだって
そんな風に思えるの

[Pre-Chorus]
1 2 3ってカウントに
合わせてお酒を飲んでくの
その場の雰囲気で
次から次へとグラスを空けて
一気飲みして酔っ払い
一体どれだけ飲んだかも
もうわからなくなっちゃうの

[Chorus]
シャンデリアからシャンデリアへ
飛び移って行くように
パーティをはしごする
明日と言う日はやって来ない
今日が人生最後の日
そんな風に生きてくの
一晩中
鳥になって飛び続けるの
そうすれば
たとえ涙がこぼれても
そのうち乾いてしまうから
シャンデリアからシャンデリアへ
跳び移って行くように
パーティをはしごする

[Post-Chorus]
けど今は
こうして必死に踏ん張ってる
暗い顔も見せたくないし
大人になんかなりたくない
夜が明けて
朝の光が見えるまで
夜通し飲み続けるの
せめて今晩は
このまま持ちこたえたい
ねえお願い,なんとかしてよ
こうして必死に踏ん張ってるの
暗い顔も見せたくないし
大人になんかなりたくない
夜が明けて
朝の光が見えるまで
夜通し飲み続けるの
せめて今夜のうちは
このままでいたいんだ
せめて今夜一晩くらい

[Verse 2]
すっかり夜が明けて
ひどい状態で目が覚めた
このままじゃいられない
どうにかここから抜け出さなくちゃ
そしてまた自己嫌悪
本当にイヤになる

[Pre-Chorus + Chorus + Post-Chorus]

[Outro]
だからせめて今夜のうちは
このままでいさせてよ
だって必死に頑張ってるの
このままダメになりたくないよ
せめて今日一晩くらい

(余談)

コーラス(サビ)を聞いた瞬間に引き込まれました。歌唱力があるというのはこういうことなのかと目を開かれた感じです。

というのも,彼女の独特の歌い方のせいなのか,歌詞を見るまで実際にSiaが何と歌っているかほとんどわからなかったにもかかわらず,僅かに聴き取れた「I feel the love, feel the love」の箇所だけで,主人公が(実際には愛されているわけではないと知りながら)自分にそうだと言い聞かせているということが伝わってきたからです。

ライヴの映像などを見ると,Siaの歌は「口からCD音源以上」というJessie Jのそれとは少し違うところに位置していると思われますが,アーティストとして「何か」を伝える力に関して言えば,彼女にはJessie Jに勝るとも劣らないものがあるような気がします。

13 件のコメント:

  1. 先日David Soの曲でTwitterでリプいただきありがとうございました!
    師匠のSugarの対訳もうれしかったのですが、(師匠、アカデミー賞でパフォーマンスですね!)
    TitaniumとShe Wolfを聞いてから心酔しているSiaのこの曲に
    対訳を頂いたことがうれしくてうれしくて!なのでこちらに書き込みを。
    Siaの声ほんと好きです。歌の世界に引き込む力がありますよね。
    vestigeさんのおっしゃる通り、この曲の主人公は、こんな生活を望んではおらず、
    またこんな生活がいつまでも続くはずがないと思っていると思います。
    Siaの心からの叫びのような歌声を聴いていると、そう思わされます。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。Siaのアクセントは独特なので,曲を聞いただけでは「純国産」の私には何を歌っているのかわからないことも多いのですが,それでも聴き手の頭を両手で掴んで力づくでそちらに顔を向けさせるほどの「歌の力」が彼女にはあると思います。間違いなく,出会えたことを感謝したいアーティストの一人です。

      削除
  2. 私もこの曲は「自分が嫌で堪らないけど、他にどう生きていけばいいのか分からない」という印象を受けました。彼女の声はLana Del Reyとはまた違う、拭いきれない陰のようなものがある気がします。
    それにしてもこのPVは凄いですね!何も考えずにクリックしたら、曲のパワーと狂気じみた少女のダンスに鳥肌が立ってしまいました。Youtubeでは「これは児童ポルノではないか」というコメントがいくつか挙がっていたのですが、体の出来上がった成人女性が踊ると、曲とマッチしすぎて生々しくなりすぎちゃうんじゃないかな…と思います。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。私もこのミュージック・ヴィデオに圧倒された一人ですが,見た瞬間からおそらくそういう批判が出るであろうことは予想がつきました。ただ普通に考えれば,制作者の意図がそこにないことは明らかなので,それは過剰反応というものではないかと思っております。
      無論,ある対象物をどのように見るかは観察者次第なので,制作者の意図がどこにあろうとも,全く問題なしとは言い切れませんが,仮にそうであるとすれば,そもそも個々の観察者の受け取り方まで管理すること自体が不可能でありましょう。

      削除
  3. リクエスト募集のお知らせを見た時にはもう他の方がリクエストされていたので、採用されるようにと祈っていました。
    ありがとうございます。
    初めてこの曲を聴いた時、もちろんSiaの歌の上手いことは知っていたのですが、驚きました。特にサビの部分など、まさにvestigeさんの仰るような「目を開かれた感じ」になりました。ヴィデオの素晴らしさにもものすごく驚かされました。
    グラミー賞ではSam Smithがほとんど受賞していましたが、個人的にはこの曲が2014年最優秀レコード賞・最優秀レコード賞です。(もちろんStay With Meも名曲だと思います。)

    TTO

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。この曲については,私もTTO様と全く同じ気持ちです。ところで,このミュージック・ヴィデオは少女が肌色のレオタードを着ているところが問題になっているようですが,私はこれはバービーのような着せ替え人形をイメージしているのだと思っています。洋服を着せていない状態の人形で,外見はどんなに華やかにしていても心の中は孤独であることを表現しているのではないでしょうか。

      削除
  4. vestige様、早速リクエストに答えてくださってありがとうございます。
    お礼が遅くなって申し訳ありません。
    私は最初、英語の曲とは判りませんでした。
    リスニング力のなさにショックを受けましたが、vestige様でも彼女の発音は癖があると仰っていたので、ちょっとだけ安心しました。

    Siaの曲の中ではこの曲が一番好きですね。
    これからもよろしくお願いします。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。値札様がリクエストしてくださったお蔭でこの曲を取り上げることができました。お礼を申し上げます。Jessie Jのファンでいらっしゃることは,彼女の曲にコメントをくださることと,なによりそのお名前から明らかですが,Siaのこの曲までお好きとうかがっては最早他人とは思われません。彼女の来日が一日も早く実現するよう共に祈りましょう。

      削除
    2. siaは大多数の人の目に自分の顔が記憶される事を嫌うようになってしまったのでライヴツアーもしないと聞きます
      ですので来日でのライヴは期待できないかもしれません

      削除
  5. 取り上げていただいてありがとうございます。
    シャンデリアからスイングというのが意味不明でしたが、この訳はしっくりきますね。
    別の訳(暗喩)をしている方もいますが、どう思われますか?
    http://nangokuhimono.blog.fc2.com/blog-entry-87.html

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。お知らせくださったリンクは拝見しておりませんが,歌詞の解釈は聴き手自身のものなのでそのように解釈なさる方がおいでになってもよいのではないかと思っております。

      削除
  6. この曲を聴いて声と音のキレイさに引き込まれたものの歌詞が分からず……他のサイトの和訳を見たがピンと来ず。。でしたがこの和訳でやっとスッキリしました!ありがとうございます。

    返信削除
  7. 実に良い訳ですね
    siaはソングライティング能力が非常に高い才能のある素晴らしいアーティストではありますが
    音楽プロデューサーとしての世界的な名声・評価の高さとは裏腹に
    一個人のアーティストとしての評価は音楽プロデューサーの評価と比較しても高いものとは言えませんでした
    siaはビヨンセ、リアーナ、ブリトニー、アギレラなどの世界的に有名なディーバや
    他多数の有名アーティストに作った楽曲を提供する事で世界的な評価を不動の物にしてきました
    人気アーティストにフューチャリングしてsiaが一緒に歌いヒットした曲も多数あります
    が、そういった側面での世界的な認められ方はsiaとしても悔しい部分があったのではないかと思うのです
    プロデューサーとしてよりアーティストとしてより良い評価をされたかったんじゃないかな、と
    アーティストとしての評価も段々と世界的なものになっていたその最中
    siaはバセドウ病を患い表舞台からも姿を消しました
    治療の過程で変形した顔を見せる事には今でも抵抗が非常に強いようです
    大分良くはなっているようですが・・・
    この曲「シャンデリア」も当初はビヨンセ、リアーナに楽曲を提供する予定だったようですが自らが歌う事に決めたようです

    「シャンデリア」とは「リアーナやビヨンセなどのスーパースター」を表し
    自己表現を他社に委ね次々と楽曲提供をする(飛び移る)siaの苦悩を表しているとの
    下記サイトさんの解釈を読みストンと納得出来ました
    http://v-olta.com/voltas-music/sia-album-chandelier.html

    返信削除