2015年6月24日水曜日

Long Cool Woman (In A Black Dress) ザ・ホリーズ (The Hollies)

WikipediaによるとThe Holliesはイギリスのロック・グループとなっています。そのため「 なんでFBI?MI5でしょ?」と言うのが,この曲の冒頭を聞いた時に真っ先に浮かんだことでした。
(おそらく)FBIの覆面捜査官として秘密裏に行動している男性が主人公で,警察による手入れという非日常的な状況のなかで出会った「long cool woman」不思議な女性に恋をする内容です。
Wikipedia describes The Hollies as an English rock group.  So "Why FBI?  It should be MI5."  It's the first thing that came to my mind on hearing the opening of the song.
The song's about a guy (the narrator) who secretly works for FBI as an undercover (probably).  He fell in love with a mysterious 'long cool woman' wearing a black dress in an extraordinary situation such as a police raid on some den of vice.
Long Cool Woman (In A Black Dress)  (The Hollies)
Saturday night I was down town
Working for the F.B.I.
Sitting in a nest of bad men
Iskey bottles piling high
Boot legging boozer on the west side
Full of people who are doing wrong
Just about to call up the D.A. man
When I heard this woman singing a song.

A pair of forty fives made me open my eyes
My temperature started to rise
She was a long cool woman in a black dress
Just a five nine
Beautiful
Tall
With just one look I was a bad mess
Cause that long cool woman had it all.

Saw her heading to the table
Well a tall walking big black cat
When Charlie said "I hope that you're able
Boy"
Well
I'm telling you she knows where it's at
Well suddenly we heard a siren
And every body started to run
A jumping out of doors and tables
Well I heard somebody shooting a gun.

Well the D.A. was pumping my left hand
And a she a holding my right
And I told her don't get scared
Cause you're gonna be spared
I gotta be forgiven
If I want to spend my living with
A long cool woman in a black dress
Just a five nine
Beautiful
Tall
With just one look I was a bad mess
Cause that long cool woman had it all
Had it all
Had it all
Had it all.

土曜の夜はダウン・タウンで
FBIの仕事をしてた
悪いヤツらのたまり場で
そこらじゅう
酒のボトルが山積みだった
ヤミの酒を飲ませてくれる
ウェスト・サイドのモグリの酒場
そろそろこれから地方検事を
呼ぼうかってその時に
女が歌い出したんだ

45回転の
レコード2枚で目が覚めた
体が熱くなって来る
黒いドレスを身につけた
あいつはクールな女だぜ
背だって5フィート9インチ(175センチ)
美人な上に背が高い
一目見た瞬間に
もうどうしようもなくなった
だってなにしろあいつには
なにもかもが揃ってたから

こっちのテーブルへ
あいつが向かってくるのが見えた
背が高く体の大きな黒猫が
そのまま歩いてるみたいだ
Charlieに「うまくやれよ」と言われた時に
ウソじゃないぜあいつには
大事なとこがわかってるんだ
そうしたら
サイレンが鳴りだして
みんな慌てて逃げ出した
あちこちの
ドアから外に飛び出して
テーブルも蹴散らして
誰かが銃をぶっ放してる
そんな音も聞こえて来たぜ

まるでポンプを押すように
地方検事と左手で
派手に握手を交わしつつ
右手であいつを抱いていた
心配なんかすることないぞ
見逃してくれるから
そうあいつに教えてやった
当然俺だって
無罪放免になるはずだ
これからの人生を
一緒に過ごしてくんだから
黒いドレスを身につけた
あいつはクールないい女
背だって5フィート9インチ(175センチ)
美人な上に背が高い
一目見た瞬間に
もうどうしようもなくなった
だってなにしろあいつには
なにもかもが揃ってたから

(余談)

順風満帆な主人公ですが,通常の筋書ならばこの後:

①手入れの際に起こった事故(例えば発砲により被害者が出る)があり,その責任を追及される。

②黒いドレスの彼女が実は「組織」の敏腕スパイで,彼女から警察内部の情報を盗まれ,その責任を追及される。

③主人公では飽き足らなくなった黒いドレスの彼女が「組織」のボスと結託し,邪魔になった主人公を亡きものにしようとする。

④黒いドレスの彼女に贅沢をさせるため「組織」の金に手をつけた主人公が「組織」から追われることになる。

などという展開が待っているのが常です。

・・・先人曰く「君子危うきに近寄らず」。

0 件のコメント:

コメントを投稿