2016年10月24日月曜日

What A Fool Believes ザ・ドゥービー・ブラザーズ (The Doobie Brothers)

この曲はご存知でしょう?1979年の発表以来,今までにテレビやラジオで数えきれないほどかかっている曲なので,曲はよく知っているのですが,歌詞の内容についてはわかっていませんでした。主人公は,実際には付き合っていなかったにもかかわらず,今でも相手を取り戻すチャンスがあると信じている男性です。
You know this song, don't you?  It's been played numerous times on TV and radio since it's released in 1979.  That made the song sound so familiar to me but I don't know what it's talking about.  The narrator is a guy who believes he still has a chance to take back his love even the relationship between them actually never existed.
What A Fool Believes  (The Doobie Brothers)
He came from somewhere back in her long ago
The sentimental fool don't see
Tryin' hard to recreate
What had yet to be created once in her life

She musters a smile for his nostalgic tale
Never coming near what he wanted to say
Only to realize
It never really was
She had a place in his life
He never made her think twice
As he rises to her apology
Anybody else would surely know
He's watching her go

But what a fool believes ... he sees
No wise man has the power to reason away
What seems ... to be
Is always better than nothing
And nothing at all keeps sending him ...

Somewhere back in her long ago
Where he can still believe there's a place in her life
Someday, somewhere, she will return

She had a place in his life
He never made her think twice
As he rises to her apology
Anybody else would surely know
He's watching her go

But what a fool believes ... he sees
No wise man has the power to reason away
What seems ... to be
Is always better than nothing
There's nothing at all

But what a fool believes he sees ...
No wise man has the power to reason away
What seems ... to be
Is always better than nothing

あの子にとって所詮あいつは,随分前にどこかで会った,それだけのヤツなのに
感激しやすいあのバカは,そこのところがわからないから
あの頃みたいにもう一度って,そんなことを考えて,あれこれやってみてるけど
向うから言わせれば,そもそもそんなことなんて,一度もなかったはずなんだ

昔話をする間,あの子は愛想笑いして,あいつの話を聞いていたけど
向うが何を伝えたいのか,それがちっともわからないまま
結局最後に気が付いた
そんな話はデタラメでみんなあいつの妄想だって

確かに知り合いだったけど
それだけの関係で,相手にされてたわけじゃない
「ごめんなさい」ってあの子が言って,それであいつは立ち上がるけど
その先の展開なんて,誰にだってわかってる
そのまま相手がいなくなるんだ

それなのに,そこがバカにはわからなくって,現実が見えてない
誰がどんなに言ったって,あいつにはわからない
現実に思えるものは
いつだって希望的観測で
たとえ何をやってみたって,そんなの絶対に無理なんだ・・・

はるか昔のあの頃に,もう一回舞い戻り
あの子にとって特別な人だったはずだから
いつかどこかで相手はきっと戻ってくると信じるなんて

確かに知り合いだったけど
それだけの関係で,相手にされてたわけじゃない
「ごめんなさい」ってあの子が言って,それであいつは立ち上がるけど
その先の展開なんて,誰にだってわかってる
そのまま相手がいなくなるんだ

それなのに,そこがバカにはわからなくって,現実が見えてない
誰がどんなに言ったって,あいつにはわからない
現実に思えるものは
いつだってただ夢を見てるだけ
実際には何もないって

それなのに,そこがバカにはわからなくって,現実が見えてない
誰がどんなに言ったって,あいつにはわからない
現実に思えるものは
いつだってただ夢を見てるだけ
実際には何もないって

(余談)

この主人公,傍から見れば明らかにバカなのですが,裏を返せばこういう人間がいるからこそ,スナックやキャバクラといったいわゆる「水商売」が成り立っているとも考えられます。彼の地にスナックやキャバクラがあるかどうかはともかくとして,そういう意味で言えば,この主人公は(この場合はアメリカ)経済に大いに貢献しているのではないでしょうか?

0 件のコメント:

コメントを投稿