2017年7月1日土曜日

Holding Back the Years シンプリー・レッド (Simply Red)

歌詞の中で主人公は自分の両親を「父さんあるいはオヤジ」ではなく「父親 (pater)」,そして「母さんあるいはママ」ではなく「母親 (mater)」と呼んでいますが,これは助けが欲しい時に側にいて支えてくれなかった両親に対する主人公の心理的な距離を表しているそうです。
In the lyrics, the narrator refers his parents as 'pater' and 'mater' not as 'father or dad' and 'mother or mom'. People say that represents the narrator's emotional distance from his parents who were not there when he needed their help and support.
Holding Back the Years  (Simply Red)

[Verse 1]
Holding back the years
Thinking of the fear I've had so long
When somebody hears
Listen to the fear that's gone
Strangled by the wishes of pater
Hoping for the arms of mater
Get to me the sooner or later

[Chorus]
I'll keep holding on
I'll keep holding on

[Verse 2]
Holding back the years
Chance for me to escape from all I've known
Holding back the tears
Cause nothing here has grown
I've wasted all my tears
Wasted all those years
And nothing had the chance to be good
Nothing ever could yeah

[Chorus]
I'll keep holding on
I'll keep holding on
I'll keep holding on
I'll keep holding on
So tight

[Bridge]
I've wasted all my tears
Wasted all of those years
And nothing had the chance to be good
Cause nothing ever could, oh, yeah

[Chorus]
I'll keep holding on
I'll keep holding on
I'll keep holding on
I'll keep holding on
Holding, holding, holding

[Outro]
That's all I have today
It's all I have to say

[Verse 1]
あの頃の思い出をずっと押さえつけてきた
本当に長いこと,心は不安でいっぱいで,そのことばかり考えてたよ
話を聞いてくれるなら,相手は誰でも構わない
やっと消えてなくなった不安の話を聞いてくれ
父親の期待でがんじがらめになって
母親に優しく抱いてもらいたかった
いつかは何かが起こるってそんな風に思ってた

[Chorus]
だけどそれでも諦めないで
これからも生きてくよ

[Verse 2]
あの頃の思い出をずっと押さえつけてきた
ずっと自分が生きてきたそんな世界を抜け出したくて
涙をこらえて頑張った
ここで何をやったってみんなやるだけ無駄だったから
泣いたって何の役にも立たなかったし
あの頃はただ生きてるだけだった
あのまま良くなることなんて,これっぽっちもなかったよ
本当に何一つ

[Chorus]
だけどそれでも諦めないで
これからも生きてくよ
負けないで
心を強く持ったまま


[Bridge]
泣いたって何の役にも立たなかったし
あの頃はただ生きてるだけだった
あのまま良くなることなんて,これっぽっちもなかったよ
本当に何一つ

[Chorus]
だけどそれでも諦めないで
これからも生きてくよ
負けないで

[Outro]
今のとこそれくらいしかできないし
それくらいしか言えないよ

(余談)

Simply RedのMick Hucknallは,3歳の時に母親が家を出たため父親に育てられたそうで,この曲はそのことを元に書かれたと言われていますが,そのことと上のミュージック・ヴィデオを併せて考えると,この曲は「過去との決別」といったものがテーマのような気がします。

0 件のコメント:

コメントを投稿