2012年4月24日火曜日

Lonely Boy ザ・ブラック・キーズ(The Black Keys)

近年,ミュージック・ヴィデオは豪華になり,それに伴って費用も非常にかかるようになっています。聞くところによると,Mariah CareyのHeartbreakerの撮影には合計で250万ドル(約2億円強)がかかったとか。ミュージック・ヴィデオの定義についてはあまり詳しくありませんが,もし「巨額の予算をかけた」という項目が必須条件なら,下のヴィデオは間違いなくvミュージック・ヴィデオのカテゴリには入りません。最初から最後まで,一人の男性が曲(Lonely Boy)に合わせて,延々と踊るだけのヴィデオですが,いい感じの「何か」を感じます。たまりません。
In these days, music videos are getting fancier and therefore a lot more expensive.  I heard the music video for "Heartbreaker (Mariah Carey)" cost more than 2.5 million dollars.  I don't know very much about the definition of a music video, if  a "big budget" is an essential part of it, this one below would be definitely fall out of it.  Throughout the entire video, from the beginning to the end, a man is just dancing to the music, "Lonely Boys" but it does give me a vibe.  Darn, I love it.
Lonely Boy  (The Black Keys)
Well I'm so above you
And it's plain to see
But I came to love you anyway
So you pulled my heart out
And I don't mind bleeding
Any old time you keep me waiting
Waiting, waiting

Oh, oh-oh I got a love that keeps me waiting
Oh, oh-oh I got a love that keeps me waiting
I'm a lonely boy
I'm a lonely boy
Oh, oh-oh I got a love that keeps me waiting

Well your mama kept you but your daddy left you
And I should've done you just the same
But I came to love you
Am I born to bleed?
Any old time you keep me waiting
Waiting, waiting

Oh, oh-oh I got a love that keeps me waiting
Oh, oh-oh I got a love that keeps me waiting
I'm a lonely boy
I'm a lonely boy
Oh, oh-oh I got a love that keeps me waiting

Hey!

Oh, oh-oh I got a love that keeps me waiting
Oh, oh-oh I got a love that keeps me waiting
I'm a lonely boy
I'm a lonely boy
Oh, oh-oh I got a love that keeps me waiting

こっちの方が立場は上ってことは
誰が見たってそうなのに
気が付いたら好きになっちゃってたんだよ
この気持ちに応えてくれるなら
心臓をえぐられて血を流しても構わない
それくらいの気持ちだから
ずっと我慢してきたけど
いい加減,焦らすにしてもほどがあんだろ?

なのにやっぱり嫌いになれなくて
振り向いてくれないかと待ち続けてる
相手にもされず
ひとりぼっちで報われないのに
諦めきれずにこのザマだ

オヤジに捨てられたんだったよな
こんなことなら,同じ目に遭わせてやりゃ良かったよ
なのに嫌いになれないんだもんな 情けない
もしかして足蹴にされんのが宿命なのか?
今までいつも待ってきたけど
いい加減,焦らすにしてもほどがあんだろ?

なのにやっぱり嫌いになれなくて
振り向いてくれないかと待ち続けてる
相手にもされず
ひとりぼっちで報われないのに
諦めきれずにこのザマだ

なのにやっぱり嫌いになれなくて
振り向いてくれないかと待ち続けてる
相手にもされず
ひとりぼっちで報われないのに
諦めきれずにこのザマだ

4 件のコメント:

  1. おお・・いまどきかなりシンプルなPVですね
    ただ歌うだけでも綺麗にとったりしてるのに・・・
    歌によってはPVの内容が少し目障りな場合がありますし(歌詞のみのを見ればいいだけですが)ありだと思います

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。全くもって仰る通り。このよく言えばシンプル、有体に言ってしまえば、やっつけにも見えるヴィデオでも、いやむしろこのヴィデオだからこそ、この曲の持つグルーヴ感というか妙に怪しい感じが実に良く出ていると思います。昨今のミュージック・ヴィデオは、ともするとミュージック<ヴィデオである場合も少なくありませんが、この曲は間違いなくミュージック>ヴィデオでしょう。ミュージック・ヴィデオにおける、大政奉還と申しましょうか、王政復古と申しましょうか、いや洋楽だけに、ここはルネサンスと申し上げるべきなのか、いずれにせよそういう力強い何かを感じるヴィデオでございました。

      削除
  2. これは、とても素通りできません。ほぼ1年も前の投稿で、よく見ると他のところにも何度も言及があるのに、なぜ今までここに辿り着かなかったのか。失われた日々が悔やまれます。もう完全に虜です。Black Keys の虜になったのか、この方の虜になったのか、自分でもよくわかりませんが・・・。視線があらぬ方向に泳ぐわりには、すごい演技力ですよね。音楽はあくまでクールなのに、うまくこの映像がなじむのが、また、すごく不思議です。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。今年のグラミー授賞式の中継でジョン・カビラがこのヴィデオを激賞しておりました。無論彼とは一面識もありませんが,その一件でなんだか彼が他人に思えなくなって参りました。
      それにしてもこの方のダンス,その方面の嗜みのない私にはただの素人のダンスに思えるのですが,その方面に造詣の深い方がご覧になればまた違った感想をお持ちになるのかもしれません。

      削除