2016年3月20日日曜日

Long Black Veil レフティ・フリーゼル (Lefty Frizzell)

広い意味で言えば,この曲を聞いてあのEminemのStanを思い出しました。音楽的には正反対とも言えるこの2曲ですが,歌詞あるいは歌詞の構造と言う点から言えば,ある一点が共通しています:内容が時系列に語られるという点です。
In a broader sense, I can say this song reminded me of Stan by Eminem.  Musically they're almost poles apart of course, but lyrically, or from the view of lyrical structure, they share one thing: Chronological narrative.
Long Black Veil  (Lefty Frizzell)
Ten years ago, on a cold dark night
There was someone killed 'neath the town hall light
There were few at the scene, but they all agreed
That the slayer who ran looked a lot like me

The judge said, "Son what is your alibi?
If you were somewhere else then you won't have to die"
I spoke not a word though it meant my life
For I had been in the arms of my best friend's wife

She walks these hills in a long black veil
She visits my grave when the night winds wail
Nobody knows, nobody sees
Nobody knows but me

The scaffold is high, and eternity nears
She stood in the crowd and shed not a tear
But sometimes at night when the cold wind mourns
In a long black veil she cries over my bones

She walks these hills in a long black veil
She visits my grave when the night winds wail
Nobody knows, nobody sees
Nobody knows but me, nobody knows but me, nobody knows but me

あれはちょうど10年前
寒くて暗い夜だった
市役所の灯りの下で
人が一人殺された
現場には
少ないながらも人がいて
口を揃えてこう言った
逃げて行く犯人は
俺にそっくりだったって

裁判官はこう言った
「アリバイがあるならそいつを言ってみろ
どこか他所にいたのなら
死ななくて済むんだぞ」って
命がかかっていることくらい
ちゃんとわかっていたけれど
何一つ喋らなかった
その時に親友の
奥さんと会っていたから

長くて黒いヴェール姿で
あいつはいくつも丘を越え
歩いてここへやって来る
ヒューヒューと泣いてるような
風の音がする夜は
あいつが墓にやって来るけど
そんなの誰も知らないし
そんな姿も見ていない
知っているのは俺だけだ

処刑台が目の前に
そびえ立つのを見ていると
すぐに終わりが来るのがわかる
見物人の人混みに
あいつは紛れこんだまま
涙のひとつも流さなかった
だけど時折夜になり
冷たい風が吹きすさぶ日は
長くて黒いヴェール姿で
俺の体を思い出し
あいつが泣いてくれるんだ

長くて黒いヴェール姿で
あいつはいくつも丘を越え
歩いてここへやって来る
ヒューヒューと泣いてるような
風の音がする夜は
あいつが墓にやって来るけど
そんなの誰も知らないし
そんな姿も見ていない
知っているのは俺だけだ

(余談)

リード文では有名なEminemのStanを例に出しましたが,歌詞の構成で一番近いのはStingのI Hung My Headや先日取り上げたJamie LawsonのWasn't Expecting Thatかもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿