2016年6月22日水曜日

Hound Dog エルヴィス・プレスリー (Elvis Presley)

タイトルのHound Dogには2つの意味があります。ひとつは文字通り「獲物を追い詰めてハンターを助ける犬(猟犬)」であり,もう一つは,「常に新しい恋人がいて,前の相手と終わる前に次の相手と付き合い始めるタイプの男性(女たらし)」を表しています。
The title "Hound Dog" refers two different things: One is literally a hound dog, "a type of dog that assists hunters by tracking or chasing prey."  The other is a womanizer, "a man who always seems to have a new girlfriend, and who has no hesitation about starting up a new relationship before he's ended the last one."
Hound Dog  (Elvis Presley)
[Verse 1]
You ain't nothing but a hound dog
Crying all the time
You ain't nothing but a hound dog
Crying all the time
Well, you ain't never caught a rabbit
And you ain't no friend of mine

[Verse 2]
When they said you was high classed
Well, that was just a lie
When they said you was high classed
Well, that was just a lie
You ain't never caught a rabbit
And you ain't no friend of mine

[Verse 2]
When they said you was high classed
Well, that was just a lie
When they said you was high classed
Well, that was just a lie
You ain't never caught a rabbit
And you ain't no friend of mine

[Verse 1]
You ain't nothing but a hound dog
Crying all the time
You ain't nothing but a hound dog
Crying all the time
Well, you ain't never caught a rabbit
And you ain't no friend of mine

[Verse 1]
別に大したヤツじゃない
所詮ただの猟犬で
年がら年中吠えてるだけの
その程度の野郎だろ?
狩りに使う犬と同じで
辺り構わず吠えているけど
そんなんじゃ
獲物のウサギは捕まらないぜ
お前なんか知らないね

[Verse 2]
いいとこの出だなんて
周りはそう言ったけど
そんなのただのウソだった
いいとこの出だなんて
やつらにはそう聞かされたけど
それもみんなウソだった
そんなんじゃ
獲物のウサギは捕まらないぜ
お前なんか知らないね

[Verse 2]
いいとこの出だなんて
周りはそう言ったけど
そんなのただのウソだった
いいとこの出だなんて
やつらにはそう聞かされたけど
それもみんなウソだった
そんなんじゃ
獲物のウサギは捕まらないぜ
お前なんか知らないね

[Verse 1]
別に大したヤツじゃない
所詮ただの猟犬で
年がら年中吠えてるだけの
その程度の野郎だろ?
狩りに使う犬と同じで
辺り構わず吠えているけど
そんなんじゃ
獲物のウサギは捕まらないぜ
お前なんか知らないね

(余談)

この曲,元々はBig Mama Thorntonの曲だったそうで,こちらは歌詞もそのオリジナルとはかなり異なります。具体的にどこがどのようにと異なるかと言うと,オリジナルは歌詞がTutti Frutti寄りと申しましょうか,R&B寄りと申しましょうか,要するにそういう内容になっています。

0 件のコメント:

コメントを投稿