2016年12月25日日曜日

Honky Tonk Women ザ・ローリング・ストーンズ (The Rolling Stones)

曲がヒットする上で,ラジオでかかることは大変重要です。過激すぎる歌詞の内容のせいで放送禁止処分になってしまっては大打撃なので,アーティスト側としても,そうならないように細心の注意を払い,あまりにも露骨な歌詞は避けるようにするものです。
If you want your song to be successful commercially, you need to understand the importance of radio airplay.  Being banned by radio stations because of suggestive or provocative lyrics would be a huge blow to an artist.  So they take a great care not to make the lyrics too suggestive
Honky Tonk Women  (The Rolling Stones)

I met a gin-soaked barroom queen in Memphis
She tried to take me upstairs for a ride
She had to heave me right across her shoulder
Cause I just can't seem to drink it off my mind

It's the honky tonk women
Gimme, gimme, gimme the honky tonk blues

I laid a divorcee in New York City
I had to put up some kind of a fight
The lady then she covered me with roses
She blew my nose and then she blew my mind

It's the honky tonk women
Gimme, gimme, gimme the honky tonk blues

メンフィスのジンの匂いの染みついたそんな酒場で女に会った
どうにか2階に連れ込みたくて,向こうも必死に頑張ったけど
俺ときたら肩で担いで,あいつに支えてもらわなきゃ,どうにもならない状態だった
だってどんなに飲んだって,忘れるなんてムリだったから

安酒場の女たち
場末の酒場にピッタリの「歌声」を聞かせてくれよ

ニュー・ヨークでバツイチのヤツと一夜を共にした
多少は揉めたりしたけれど
その後は,バラの花に埋もれるような,最高の気分だったし
とにかく至れり尽くせりで本当にぶっ飛んだ

安酒場の女たち
場末の酒場にピッタリの「歌声」を聞かせてくれよ

(余談)

それにしても,ミック・ジャガーの身のこなしを見ていると,そのあまりの若々しさに「もしや磯野家のお身内なのでは?」と思ってしまいます。

0 件のコメント:

コメントを投稿