2018年7月21日土曜日

Whatever It takes イマジン・ドラゴンズ (Imagine Dragons)

「体の中をアドレナリンが駆け巡るのが好きなんだ (I love the adrenaline in my veins)」という主人公ですが,その気持ちはよくわかります。もう随分ご無沙汰ですがあの「感じ」だけはまだ覚えています。怖れているものから逃げるのではなく,達成したい何かに向かって走っているあの感じが大好きです。
"I love the adrenaline in my veins", the narrator says.  So do I.  I still remember the feel, which has been lost for such a long time.  I love to feel myself running not from something I'm afraid of but toward something I wanna to achieve.
Whatever It Takes  (Imagine Dragons)

[Verse 1]
Falling too fast to prepare for this
Tripping in the world could be dangerous
Everybody circling is vulturous
Negative, nepotist
Everybody waiting for the fall of man
Everybody praying for the end of times
Everybody hoping they could be the one
I was born to run, I was born for this

[Pre-Chorus]
Whip, whip
Run me like a race horse
Pull me like a ripcord
Break me down and build me up
I wanna be the slip, slip
Word upon your lip, lip
Letter that you rip, rip
Break me down and build me up

[Chorus]
Whatever it takes
'Cause I love the adrenaline in my veins
I do whatever it takes
'Cause I love how it feels when I break the chains
Whatever it takes

[Post-Chorus]
Yeah, take me to the top
I'm ready for whatever it takes
'Cause I love the adrenaline in my veins
I do what it takes

[Verse 2]
Always had a fear of being typical
Looking at my body feeling miserable
Always hanging on to the visual
I wanna be invisible
Looking at my years like a martyrdom
Everybody needs to be a part of 'em
Never be enough, I'm the prodigal son
I was born to run, I was born for this

[Pre-Chorus]
Whip, whip
Run me like a race horse
Pull me like a ripcord
Break me down and build me up
I wanna be the slip, slip
Word upon your lip, lip
Letter that you rip, rip
Break me down and build me up

[Chorus]
Whatever it takes
'Cause I love the adrenaline in my veins
I do whatever it takes
'Cause I love how it feels when I break the chains
Whatever it takes

[Post-Chorus]
Yeah, take me to the top
I'm ready for whatever it takes
'Cause I love the adrenaline in my veins
I do what it takes

[Bridge]
Hypocritical, egotistical
Don't wanna be the parenthetical, hypothetical
Working hard on something that I'm proud of, out of the box
An epoxy to the world and the vision we've lost
I'm an apostrophe
I'm just a symbol to remind you that there's more to see
I'm just a product of the system; a catastrophe
And yet a masterpiece, and yet I'm half-diseased
And when I am deceased
At least I'll go down to the grave and die happily
And leave the body and the soul to be a part of thee
I do what it takes

[Chorus]
Whatever it takes
'Cause I love the adrenaline in my veins
I do whatever it takes
'Cause I love how it feels when I break the chains
Whatever it takes

[Post-Chorus]
Yeah, take me to the top
I'm ready for whatever it takes
'Cause I love the adrenaline in my veins
I do what it takes

[Verse 1]
あっという間にこうなって何も準備が出来てない
この世の中で躓くと命取りってこともある
遠くからこっちのことを眺めてるのはハゲタカみたいなヤツばかり
コネがなくちゃ潰される
どいつもこいつも一人残らず
他人の不幸が見たくって
終わりは近いと騒いでる
特別な存在になりたいと思ってるけど
俺は自分で突っ走る,これが俺の運命だから

[Pre-Chorus]
ビシっと競馬の鞭入れて
俺を突っ走らせてみろ
パラシュートの紐引いて
ヘコませたけりゃそうしろよ,俺はそれをバネにして,また強くなってやる
そんなつもりは全然なくて,ただの言い間違いだけど
つい話題になっちゃうような,そういうヤツになってやる
手紙をちぎって引き裂くように
ヘコませたけりゃそうしろよ,俺はそれをバネにして,また強くなってやる

[Chorus]
何があってもやってやる
体の中をアドレナリンが駆け巡るのが好きなんだ
何があってもヘコたれないぜ
鎖を切って自由になった,あの感じがたまらないから
何があってもやってやる

[Post-Chorus]
天辺まで連れてってくれ
もう今は何があっても負けないぜ
体の中をアドレナリンが駆け巡るのが好きなんだ
何があってもヘコたれないぜ

[Verse 2]
「よくいるヤツ」になっちゃうことが,とにかくいつも怖くって
自分の姿を眺めるたびに,最悪の気分になった
いつだって見た目ってのに拘って
姿を消してしまいたいって,そんな風に思ってる
あの頃は辛かったけど,信じるものを守るためには仕方ないって思ってる
この程度の経験は,誰にだってあるもんだ
俺なんて身の程を弁えてない,放蕩息子と同じだけど
俺は自分で突っ走る,これが俺の運命だから

[Pre-Chorus]
ビシっと競馬の鞭入れて
俺を突っ走らせてみろ
パラシュートの紐引いて
ヘコませたけりゃそうしろよ,俺はそれをバネにして,また強くなってやる
そんなつもりは全然なくて,ただの言い間違いだけど
つい話題になっちゃうような,そういうヤツになってやる
手紙をちぎって引き裂くように
ヘコませたけりゃそうしろよ,俺はそれをバネにして,また強くなってやる

[Chorus]
何があってもやってやる
体の中をアドレナリンが駆け巡るのが好きなんだ
何があってもヘコたれないぜ
鎖を切って自由になった,あの感じがたまらないから
何があってもやってやる

[Post-Chorus]
天辺まで連れてってくれ
もう今は何があっても負けないぜ
体の中をアドレナリンが駆け巡るのが好きなんだ
何があってもヘコたれないぜ

[Bridge]
偽善者で自己中で
「タラレバ」の話とか,但し書きのカッコの中に,出てくるヤツになるのはイヤだ
これだって胸を張れるものを目指して一生懸命頑張っている,常識じゃありえない
エポキシ樹脂で固めるように,ヴィジョンの消えた世の中に,そのヴィジョンを見せてやるのが,この俺の役目だし
アポストロフィー(省略記号)と同じで,そこに何かが隠れてるって思い出させるヤツなんだ
俺なんて,ただの記号と同じだけど,それでも見てると世の中にゃ,まだまだ知らないことがあるってそんな風に思えるはずだ
システムが生み出したそれだけのヤツだから,そのままじゃお先真っ暗
だけどそこから抜け出して,それ以上の特別な人間になれたんだ,そりゃ完全とは言えないし,欠点だって残ってるけど
それでも自分が死ぬ時に思い残すことはない,気持ち良くこの世を去って
残ったみんなの心の中で,そのままずっと生きていられる
何があってもヘコたれないぜ

[Chorus]
何があってもやってやる
体の中をアドレナリンが駆け巡るのが好きなんだ
何があってもヘコたれないぜ
鎖を切って自由になった,あの感じがたまらないから
何があってもやってやる

[Post-Chorus]
天辺まで連れてってくれ
もう今は何があっても負けないぜ
体の中をアドレナリンが駆け巡るのが好きなんだ
何があってもヘコたれないぜ

(余談)

「I wanna be the slip, slip」の下りですが,元々は「つい話題になっちゃうような,そういうヤツに俺はなりたい」でした。

ただこうすると,主人公が「慾ハナク,決シテ瞋ラズ,イツモシヅカニワラッテヰル」人間になってしまい「やったるで!」的な曲のメッセージと合わないような気がするので最終的に「つい話題になっちゃうような,そういうヤツになってやる」としました。




・・・だって人間だもの  みつを(意味不明)

0 件のコメント:

コメントを投稿