2018年8月13日月曜日

Aquarius (Let the Sunshine In) ザ・フィフス・ディメンション (The Fifth Dimension)

当時こういう曲はかなり一般的だったのでしょうか?この曲は全く別の2曲を真ん中でつなげているように聞こえますが,そうだったのかもしれません。この曲を取り上げたことを思い出したからです。この曲は3つの全く別の曲を組み合わせ,全く新しい曲に作り替えています。
Was a song like this fairly common in those days?  It sounds like as if they spliced two completely different songs together in the middle to make one.  Could be.  I remember picking up this.  It combined three different songs to integrate into a whole new song.
Aquarius (Let the Sunshine In)  (The Fifth Dimension)

{Intro}

When the moon is in the Seventh House
And Jupiter aligns with Mars
Then peace will guide the planets
And love will steer the stars

This is the dawning of the age of Aquarius
The age of Aquarius
Aquarius
Aquarius

Harmony and understanding
Sympathy and trust abounding
No more falsehoods or derisions
Golden living dreams of visions
Mystic crystal revelation
And the mind's true liberation
Aquarius
Aquarius

When the moon is in the Seventh House
And Jupiter aligns with Mars
Then peace will guide the planets
And love will steer the stars

This is the dawning of the age of Aquarius
The age of Aquarius
Aquarius
Aquarius
Aquarius
Aquarius

{Bridge}

Let the sunshine
Let the sunshine in
The sunshine in

Let the sunshine
Let the sunshine in
The sunshine in

Let the sunshine (oh let it shine!)
Let the sunshine in (come on)
The sunshine in

Let the sunshine
Let the sunshine in
The sunshine in

(Oh everyone sing along
Come on!)
Now everybody just sing along
And let the sunshine on in
Open up your heart
And let it shine on you

{Intro}
七番目の座に月が来て
木星と火星とが一直線に並んだら
きっと平和が訪れて惑星を導いて
愛が星を動かしていく

これがその幕開けだ
これからは水瓶座の時代になる

争わないでわかり合う
思いやりと信頼がそこら中に満ち溢れ
ウソだとかあざけりだとか,そんなものもなくなって
夢に見ていたことが素晴らしい現実になってくる
曇りひとつないくらい秘密の悟りが開けてくるし
心の底から自由になれる
水瓶座の時代が来れば
水瓶座の時代になれば

七番目の座に月が来て
木星と火星とが一直線に並んだら
きっと平和が訪れて惑星を導いて
愛が星を動かしていく

これがその幕開けだ
これからは水瓶座の時代になる

{Bridge}
明るく輝く太陽の
陽の光を取り込もう
希望の光を取り込もう

明るく輝く太陽の
陽の光を取り込もう
希望の光を取り込もう

明るく輝く太陽の(輝かせよう)
陽の光を取り込もう(さあ)
希望の光を取り込もう

明るく輝く太陽の
陽の光を取り込もう
希望の光を取り込もう

(みんなで一緒に歌ってくれよ)
(ほらみんな!)
さあほらみんなでやってくれ,とにかく一緒に歌うんだ
それで輝く太陽の陽の光を取り込もう
自分の気持ちを打ち明けて
明るい気分になればいい

(余談)

この曲は元々ひとつの曲ではなく,ミュージカルの名作「Hair」で歌われている2つの曲を組み合わせて作られたもので,後半部分に至っては原曲の「The Flesh Failures」の最後の部分に過ぎないようです。

それはともかく,これだけコーラスで「Aquarius」と連呼しているのですから,コマーシャル・ソングとしてこれほどピッタリな曲もないはずなのに,この曲が件の商品のコマーシャルに使われたことはないように思われます。

それとも私が知らないだけで,実際にはあったのでしょうか?・・・謎です。

0 件のコメント:

コメントを投稿