2011年9月27日火曜日

This is War サーティ・セカンズ・トゥ・マーズ(30 Seconds To Mars)

90年代までにプログレは絶滅したと思っていましたがその認識を改めねばならぬようです。Wikipediaによるとこのバンドはハードロック及びプログレメタルとか。歌詞が難解であるのがプログレの基準であるならば十分合格でしょうか。抽象的でどうとでも取れる歌詞なので、和訳するのに苦労しました。偽善者に対する戦争でしょうか?政治的あるいは宗教的指導者に対する戦争なのでしょうか?ただ曲はなかなかです。PVを見ると彼らの意図するところが多少わかるような気がします。余談ですがリードヴォーカルのジャレッド・レト(Jared Leto)はハリウッド俳優。PVでの彼の演技をご覧ください。
First of all, let me apologize to you all who believe in progressive rock.  I thought it has been banned and extinct completely since '90.  Yes, dead and gone.  Now I admit I was wrong.  According to Wikipedia, their musical genre is hard rock and/or progressive metal.  If the obscurity of lyric is the criteria for progressive rock, this band 30 Seconds To Mars is definitely entitled to it.  The lyric is so abstract that any interpretation is possible.  I myself don't know what the word "war" exactly refers to in this lyric.  War against hypocrites, political or religious leaders?  Still I love this song. I guess the video linked below shows their interpretation of this song so that it can give us some clues.  The lead singer Jared Leto is a Hollywood actor.  He portrays the main character in the video.
This Is War  (30 Seconds To Mars)
A warning to the people, the good and the evil
This is war
To the soldier, the civilian, the martyr, the victim
This is war
It's the moment of truth and the moment to lie
The moment to live and the moment to die
The moment to fight, the moment to fight
To fight, to fight, to fihght
To the right, to the left
To the edge of the earth
It's a brave new world, it's a brave new world
To fight, to fight, to fihght
To the right, to the left
To the edge of the earth
It's a brave new world, it's a brave new world
A warning to the prophet, the liar, the honest 
This is war
Oh, to the leader, the pariah, the victor, messiah
This is war
It's the moment of truth and the moment to lie
The moment to live and the moment to die
The moment to fight, the moment to fight
To fight, to fight, to fight
To the right, to the left
We will fight to the death
To the edge of the earth
It's a brave new world from the last to the first
To the right, to the left
We will fight to the death
To the edge of the earth
It's a brave new world, it's a brave new world
It's a brave new world
I do believe in the light
Raise your hands up to the sky
The fight is done, the war is won
Lift your hands toward the sun
Toward the sun
(It's the moment of truth and the moment to lie)
(The moment to live and the moment to die)
Toward the sun
(It's the moment of truth and the moment to lie)
(The moment to live and the moment to die)
Toward the sun
(The moment to fight, the moment to fight)
(To fight, to fight, to fight)
The war is won
To the right, to the left
We will fight to the death
To the edge of the earth
It's a brave new world, it's a brave new world
It's a brave new world
A brave new world
The war is won
The war is won
A brave new world


全ての人類に告ぐ
これは戦争だ
兵士、市民、殉教者、犠牲者達に告ぐ
今は戦争だ
真実が明らかになる運命の瞬間には往々にして嘘もまかりとおる
生死を分ける瞬間は
戦いの時だ
戦え、戦え、戦え
右を見ても左を見ても
はるかに離れた地の果てまで
全く新しい世界が広がっている
預言者、虚言者、偽りなき者に告ぐ
これは戦争だ
指導者、落伍者、勝者、救世主に告ぐ
今が戦争だ
真実が明らかになる運命の瞬間には往々にして嘘もまかりとおる
生死を分ける瞬間は
戦いの時だ
戦え、戦え、戦え
どこへ行こうとも
命懸けで戦ってやる
地の果てまで
見たこともないような新しい世界が広がっている
どこへ行こうとも
命懸けで戦ってやる
地の果てまで
見たこともないような新しい世界が広がっている
予想もしなかった世界がそこにある
希望は必ずある
空高く両手を上げろ
戦いは終った 我々の勝利だ
両手を上げろ
両手を太陽の方に伸ばすんだ
(真実が明らかになる瞬間には嘘もまかり通る)
(生死を分ける瞬間だ)
空に向かって
(真実が明らかになる瞬間には嘘もまかり通る)
(生死を分ける瞬間だ)
太陽に向かって両手を上げろ
(戦う時だ、今が戦いの時なんだ)
(戦え、戦え、戦え)
我々は勝ったんだ
どこへ行っても
命懸けで戦ってやる
地の果てまで

見たこともないような新しい世界が広がっている
予想もしなかった世界がそこにある
素晴らしい世界だ
戦いに勝った
戦いに勝ったんだ
見たこともないような素晴らしい新世界がここにある

(補足)

歌詞に登場する「A brave new world」という言葉は,おそらくAldous Huxleyが1931年に発表した小説「Brave New World(素晴らしき新世界)」を元にしていると考えられるため,訳文では「素晴らしい世界だ」としてあります。

2 件のコメント:

  1. この歌大好きなのですが、和訳が分からなくてずっと気になっていました。今回それを見れて本当に良かったです。

    これは戦争だ、そういう意味ならばもっと悲しいものを想像していましたが、なんといい曲なんだろう。すごくいい感動が沸き上がりました。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。仰る通り私も大変に素晴らしい曲で,ミュージック・ヴィデオと合わせてご覧いただくと,より一層曲のメッセージが掴みやすくなるかと存じます。30 Seconds To Marsの曲はこれ以外にもKings and Queensも取り上げておりますのでそちらも併せてご覧ください。また,この曲がお好きであれば,Angels and AirwavesのHeavenも個人的にはお勧めなのでよろしければ是非。
      さて,このサイト(本館:ブログ)のコメント欄には,匿名様が多数おいでになります。どのようなお名前でも結構ですので,お差し支えなければ,名乗っていただけると助かります。また別館(twitter)でも余談を展開しております。お時間があればそちらへもおいでください。お待ちしております。

      削除